○砺波市産業奨励賞実施要綱

平成21年9月24日

告示第130号

(目的)

第1条 この要綱は、砺波市において生産又は製造活動を行う農林漁業及び製造業(以下「産業」という。)の振興に資するため、砺波市産業奨励賞(以下「奨励賞」という。)を授与することについて必要な事項を定めるものとする。

(対象)

第2条 被表彰者は、砺波市内に在住し、砺波市内の産業に5年以上従事する概ね40歳の者であって、次の各号のいずれかに該当する者を対象とする。

(1) 砺波市の産業の振興のために優れた取り組みを行っている者

(2) 砺波市の産業の振興に創意工夫をこらした活動を行っている者

(3) 砺波市の産業の振興に寄与する取り組みを先駆的に行っている者

(4) 経営者又は指導者として砺波市の産業振興の向上に寄与した者

(5) その他砺波市の産業の振興に特に寄与したと認められる者

(推薦)

第3条 被表彰者は、自薦及び次の団体等から推薦書(別記様式)により推薦された者の中からこれを選考する。

(1) 砺波商工会議所

(2) 庄川町商工会

(3) となみ野農業協同組合

(4) 砺波農林振興センター

(5) 前各号に掲げるもののほか、市長が特に認める団体等

(選考委員会)

第4条 被表彰者の選考に関する調査を行うため、砺波市産業奨励賞選考委員会(以下「委員会」という。)を置く。

2 委員会は、5人以内で組織し、次に掲げる者とする。

(1) 製造業関係団体に属する者の内から市長が委嘱する者

(2) 農林漁業関係団体に属する者の内から市長が委嘱する者

(3) 市長が指名する商工農林部の職員

3 委員の任期は、2年とする。ただし、補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。

4 委員会に委員長を置き、委員の互選により定める。

5 委員長は、会務を総理し、会議の議長となる。

6 委員長に事故があるときは、委員長があらかじめ指名する委員がその職務を代理する。

7 委員会は、必要に応じ委員長が招集する。

8 会議は、出席委員の過半数をもって決定する。

9 委員会の庶務は、商工農林部商工観光課において処理する。

(決定)

第5条 被表彰者は、委員会が選考した者の内から、市長が決定する。

(表彰の方法)

第6条 表彰は、賞状を授与して行う。

2 賞状に、記念品を添えることができる。

(公表)

第7条 市長は、この要綱により表彰したときは、市広報に掲載し、市民に公表する。

(表彰の取消し)

第8条 第5条の規定により表彰の決定を受けた者が、奨励賞を受ける前に死亡したときは、当該表彰の決定を取り消すものとする。

(その他)

第9条 この要綱に定めるもののほか、その他の必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、平成21年10月1日から施行する。

附 則(平成31年4月10日告示第66号)

この告示は、公表の日から施行する。

画像

砺波市産業奨励賞実施要綱

平成21年9月24日 告示第130号

(平成31年4月10日施行)