○砺波市コンベンションタクシー助成事業補助金交付要綱

平成24年4月1日

告示第57号

(趣旨)

第1条 この要綱は、砺波市補助金等交付規則(平成16年砺波市規則第31号。以下「規則」という。)第26条の規定に基づき、砺波市コンベンションタクシー助成事業補助金の交付に関し必要な事項を定めるものとする。

(補助金の交付)

第2条 市長は、タクシー事業者(以下「実施主体」という。)が行うコンベンションタクシー助成事業に要する経費に対し、予算の範囲内において補助金を交付するものとする。

(補助金の額)

第3条 補助金の額は、補助金の交付の対象となる経費(以下「補助対象経費」という。)の総額の5分の4以内とする。

(補助対象経費)

第4条 補助対象経費は、実施主体が財団法人富山コンベンションビューローの発行する利用券の利用者に対して割引を行った金額とする。

(交付申請)

第5条 規則第3条の規定により補助金の交付を受けようとする者は、砺波市コンベンションタクシー助成事業補助金交付申請書(様式第1号)を市長に提出するものとする。

2 前項の申請書には、次に掲げる書類を添付するものとする。

(1) 実施計画書(様式第2号)

(2) その他市長が必要と認める書類(事業の実施内容が具体的にわかる資料等)

(交付の条件)

第6条 規則第5条の規定により補助金の交付に付する条件は、次に掲げるとおりとする。

(1) 補助事業に要する経費又は補助事業の内容を変更する場合においては、市長の承認を受けること。

(2) 補助事業を中止し、又は廃止する場合においては、市長の承認を受けること。

(3) 補助事業が予定の期間内に完了しない場合又は当該補助事業の遂行が困難となった場合においては、速やかに市長に報告して、その指示を受けること。

(4) 補助事業に係る帳簿その他の証拠書類を整理し、補助事業完了の翌年度から起算して5年間保管しておくこと。

(実績報告)

第7条 実施主体は、事業完了後30日以内又は当該年度の3月31日のいずれか早い日までに、砺波市コンベンションタクシー助成事業補助金実績報告書(様式第3号)に、次に掲げる書類を添えて市長に提出するものとする。

(1) 実施報告書(様式第4号)

(2) その他市長が必要と認める書類(財団法人富山コンベンションビューローの発行する利用券、事業実績を明らかにする資料など)

(補則)

第8条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成24年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

砺波市コンベンションタクシー助成事業補助金交付要綱

平成24年4月1日 告示第57号

(平成24年4月1日施行)