○砺波市景観まちづくり計画推進連絡会議規程

平成26年4月28日

訓令第2号

(設置)

第1条 砺波市景観まちづくり条例(平成26年砺波市条例第1号)第4条の規定に基づき、景観まちづくりに関する施策を総合的かつ計画的に実施するため、砺波市景観まちづくり計画推進連絡会議(以下「連絡会議」という。)を設置する。

(所掌事務)

第2条 連絡会議の所掌事務は、次に掲げる事項とする。

(1) 総合的かつ一体的な景観施策の取組に関すること。

(2) 景観まちづくり計画の進行管理に関すること。

(3) 前2号に掲げるもののほか、景観施策に関すること。

(組織)

第3条 連絡会議は、会長、副会長及び委員をもって組織する。

2 会長は副市長、副会長は建設水道部長をもって充てる。

3 委員は、企画調整課長、総務課長、生活環境課長、商工観光課長、農業振興課長、農地林務課長、となみ散居村ミュージアム館長、土木課長、教育総務課長、生涯学習・スポーツ課長、砺波郷土資料館長及び商工農林部付け課長(チューリップ四季彩館長)の職にある者をもって充てる。

(会長及び副会長)

第4条 会長は、会務を総理し、連絡会議を代表する。

2 連絡会議は、会長が招集し、その議長となる。

3 会長が必要と認めるときは、連絡会議に委員以外の者の出席を求めて、意見を聴くことができる。

4 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるときは、その職務を代理する。

(作業部会)

第5条 連絡会議が実施する景観施策の取組及び計画の進行管理等を円滑に行うため、作業部会(以下「部会」という。)を置く。

2 部会の組織及び運営に関し必要な事項は、市長が別に定める。

(庶務)

第6条 委員会の庶務は、建設水道部都市整備課において処理する。

(その他)

第7条 この規程に定めるもののほか、連絡会議の運営に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この訓令は、公表の日から施行する。

砺波市景観まちづくり計画推進連絡会議規程

平成26年4月28日 訓令第2号

(平成26年4月28日施行)

体系情報
第10編 設/第2章 都市計画
沿革情報
平成26年4月28日 訓令第2号