○砺波市ひとり親家庭学習支援事業実施要綱

平成29年4月1日

告示第101号

(趣旨)

第1条 この要項は、母子家庭、父子家庭又は養育者家庭(以下「ひとり親家庭」という。)の子どもたちが将来への希望を持って就学・就労できるよう砺波市ひとり親学習支援事業(以下「事業」という。)の実施に関し、必要な事項を定めるものとする。

(実施主体)

第2条 事業の実施主体は、砺波市とする。

(対象者)

第3条 事業の支援対象者は、市内在住のひとり親家庭の小中学生とする。

(事業の内容)

第4条 事業は、学習習慣の定着等の学習支援を基本とし、合わせて基本的な生活習慣の習得支援や生活指導を実施するものとする。

(事業の実施体制)

第5条 事業の実施に当たり、コーディネーター、学習支援員及びサポーターを配置する。

2 コーディネーターは、学習支援員の募集・選定・派遣調整、実施場所の選定、日程調整、事業の周知、対象家庭の登録等を行う。

3 学習支援員は、子どもに対し適切な学習支援や生活支援を行う。

4 学習支援員の選定に関しては、ひとり親家庭の子どもの福祉の向上に理解と熱意を有すると認められる者であって、ひとり親家庭の子どもが抱える特有の不安やストレスに配慮できる者(ひとり親家庭で育った者やひとり親家庭等の支援に携わり支援の経験や知識を有する者など)を優先するよう努めるものとする。

5 サポーターは、事業の実施場所においてコーディネーター及び学習支援員との連絡調整、会場運営に係る管理等を行う。

6 サポーターは、学習支援員が兼務することができる。

(登録手続)

第6条 事業の実施に当たり、学習支援を希望する者は、砺波市ひとり親家庭学習支援事業対象家庭登録申請書(様式第1号)を市長に提出するものとする。

2 市は、上記申請書に基づき砺波市ひとり親家庭学習支援事業対象家庭名簿(様式第2号)を作成するものとする。

3 学習支援員の登録を受けようとする者は、砺波市ひとり親家庭学習支援事業員登録申込書(様式第3号)を市長に提出するものとする。学習支援員の登録の際には、支援可能な教科、学年、資格等必要な内容も併せて登録するものとする。

4 市は、前項の申込書に基づき学習支援員を選定し砺波市ひとり親家庭学習支援事業学習支援員名簿(様式第4号)を作成するものとする。

5 サポーターの登録を受けようとする者は、砺波市ひとり親家庭学習支援事業サポーター登録申込書(様式第5号)を市長に提出するものとする。

6 市は、前項の申込書に基づきサポーターを選定し、砺波市ひとり親家庭学習支援事業サポーター名簿(様式第6号)を作成するものとする。

7 学習支援員及びサポーターは、登録事項に変更があった場合は、速やかに砺波市学習支援事業学習支援員(サポーター)登録事項(変更・抹消)(様式第7号)を提出するものとする。

8 市は、各名簿の適正な管理に努めるものとする。

(事業の実施方法)

第7条 市は、砺波市ひとり親家庭学習支援事業対象家庭名簿に登録されている家庭の子どもを対象に、週1回学習塾形式により学習支援を実施するものとする。

2 事業の実施場所は、児童館、公民館、民家、学習塾等の中から地域の実情に応じて選定するものとする。また、良好な衛生環境、安全性、プライバシー等に配慮するものとする。

3 学習支援員は、ひとり親家庭の子どもが抱える特有の不安やストレスにも配慮しつつ、子どもに対し懇切な学習支援や生活相談等に努めるとともに、子どもの良き理解者として悩み相談や進学相談等に応じるものとする。

4 学習支援員は、その活動状況について、月1回砺波市ひとり親家庭学習支援事業学習支援員活動状況報告(様式第8号)により市に報告するものとする。

5 サポーターは、その活動状況について、月1回砺波市ひとり親家庭学習支援事業サポーター活動状況報告(様式第9号)により市に報告するものとする。

6 学習支援員による学習支援、相談及び学習に要する教材は無料とする。ただし、教室への送迎にかかる費用は支援を受ける家庭(保護者)の負担とする。

7 市は、必要に応じ、学習支援員・サポーターを対象とした子どもに対する支援に関する研修を実施するものとする。

8 市は、学校、放課後児童クラブ等関係機関と連携を図り、支援が必要なひとり親家庭の子どもの把握に努めるものとし、児童虐待が疑われる場合にあっては、関係機関と連携して適切な対応を図るものとする。

(報償費)

第8条 市は、学習支援員が行う支援対象者への学習指導に対し、報償費として当該学習指導の活動1回につき別に定める額を支払うものとする。

2 サポーターが行う会場運営の管理等に対し、報償費として当該学習指導の活動1回につき別に定める額を支払うものとする。

3 前2項の報償費の額には、交通費、事務経費等の実費を含むものとする。

4 報償費の支払いは、月毎に口座振替の方法により行う。

(秘密を守る義務)

第9条 学習支援員その他事業に関係する者は、事業により知り得た相談内容等について他に漏らしてはならない。また、事業に関係しなくなった後も同様とする。

(その他)

第10条 この要綱に定めるもののほか、事業の実施に必要な事項は別に定める。

附 則

この告示は、公表の日から施行する。

附 則(平成31年4月26日告示第85号)

この告示は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

砺波市ひとり親家庭学習支援事業実施要綱

平成29年4月1日 告示第101号

(平成31年4月26日施行)