○砺波市土地改良施設管理条例

平成30年5月16日

条例第12号

(趣旨)

第1条 この条例は、土地改良法(昭和24年法律第195号)第96条の4において準用する同法第57条の2第1項の規定に基づき、農林水産省から管理の委託を受けた土地改良施設(以下「施設」という。)の管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(名称及び位置)

第2条 施設の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

岸渡排水路

砺波市林、鷹栖出、東中及び高波地内

荒又排水路

砺波市小杉及び高波地内

排水管理施設

砺波市一番町地内

(施設の管理)

第3条 施設の管理は、次に掲げる事項について行うものとする。

(1) 施設を操作するため必要な機械、器具等の点検及び整備に関する事項

(2) 洪水時その他緊急事態における措置に関する事項

(3) その他施設の管理に関し必要な事項

(管理運営等の委託)

第4条 市長は、施設の適切かつ合理的な運営を行うために適当と認める団体に維持管理を委託することができる。

(委任)

第5条 この条例に定めるもののほか、施設の管理に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。ただし、第2条の荒又排水路及び排水管理施設の規定については、平成31年4月1日から施行する。

砺波市土地改良施設管理条例

平成30年5月16日 条例第12号

(平成30年5月16日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 林/第1節
沿革情報
平成30年5月16日 条例第12号