○砺波市ひとり親家庭応援事業実施要綱

令和2年6月24日

告示第125号

(目的)

第1条 この要綱は、「ひとり親家庭応援事業実施要領」(令和2年5月19日付け子第199号富山県厚生部長通知)に基づき、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、経済的負担の影響を大きく受けるひとり親家庭を支援するため、児童扶養手当受給者に対して、臨時・特別の給付措置として実施する、ひとり親家庭応援事業に関し、必要な事項を定める。

(定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) お米券 総合食料品小売店等で米と引換(1枚で440円分の米と引換)が可能な券をいう。

(2) 支援対象者 令和2年4月30日において、市内に住所を有し、かつ児童扶養手当法(昭和36年法律第238号)に基づき児童扶養手当の支給を受けている者をいう。

(支援対象者に対する支援方法等)

第3条 市は、支援対象者に対し、この要綱の定めるところにより、お米券を送付する。

2 前項の規定により支援対象者に対して送付するお米券は20枚とする。

(送付開始日及び送付期間)

第4条 支援対象者に対するお米券の送付開始日は、市長が別に定める日とする。

2 送付期間は、前項の規定により定められた送付開始日から令和2年9月末日までとする。ただし、市長が特に認めた場合はこの限りでない。

(送付の方式)

第5条 支援対象者に対するお米券の送付は、次の各号に掲げる方式のいずれかにより行う。

(1) 郵送方式 支援対象者に対し郵送する方式

(2) 窓口受領方式 窓口でお米券を交付する方式

2 市長は、前項第2号の規定による交付の際、必要に応じて、公的身分証明書の写し等を提出させ、又は提示させること等により、本人確認を行う。

(代理による受領)

第6条 代理により前条第1項第2号の受領を行うことができる者は、当該支援対象者の指定した者であると認められる者その他市長が別に定める方法により適当と認める者とする。

(ひとり親家庭応援事業に関する周知)

第7条 市長は、ひとり親家庭応援事業の実施に当たり、支援対象者の要件、送付方法、送付開始日等の事業の概要について、広報その他の方法による住民への周知を行う。

(受給権の譲渡又は担保の禁止)

第8条 お米券を受領する権利は、譲り渡し、又は担保に供してはならない。

(その他)

第9条 この要綱の実施のために必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、公表の日から施行する。

砺波市ひとり親家庭応援事業実施要綱

令和2年6月24日 告示第125号

(令和2年6月24日施行)