○富田林市表彰条例施行規則

昭和47年9月27日

規則第18号

(目的)

第1条 この規則は、富田林市表彰条例(昭和47年富田林市条例第7号。以下「条例」という。)の施行について必要な事項を定めることを目的とする。

(被表彰者の推薦)

第2条 条例によつて表彰しようとするものがあるときは、次の区分により、様式第1で市長に推薦するものとする。

(1) 条例第5条第1項第2号ア及び第3号から第5号までに掲げるもの(そのものが団体の構成員又は構成団体である場合に限る。)の推薦者は、各種団体長とする。ただし、各種団体長は自らを推薦することはできない。

(2) 条例第7条第1号の推薦者は、町総代会会長とする。ただし、町総代を設置しない地区については、それぞれの自治組織の長が町総代会会長に推薦するものとする。

(3) 前各号により推薦されるもの以外のものについては、部長(部長を有しない場合はその所管の長)の推薦とする。

(表彰審査委員会)

第3条 条例第10条の規定に基づく表彰審査委員会(以下「委員会」という。)は、次の者をもつて構成する。

(1) 市議会議長 市議会副議長 市議会各常任委員会委員長

(2) 副市長 教育長

2 委員会に会長を置き、会長には、市長公室担当副市長をもつて充てる。

3 会長は、会務を総理し、委員会を代表する。会長に事故があるとき、又は会長が欠けたときは、あらかじめその指名する委員がその職務を代理する。

4 委員会は、会長が招集し、会長が議長となる。

5 委員会は、過半数の委員の出席で成立し、議事は、出席委員の過半数でこれを決し、可否同数のときは、会長の決するところによる。

6 委員は、自己に直接利害関係のある事項については、その議事に参与することができない。

7 会長は、委員会において議決された事項については、その概要を文書により市長に報告しなければならない。

8 委員会の庶務は、秘書課で行う。

9 前各項に定めるもののほか、委員会の運営について必要な事項は、会長が定める。

(在職年数の通算等)

第4条 条例第4条第3号及び第4号の在職年数は互いに通算し、第5号の在職年数はそれぞれ通算する。この場合において、在職期間が中断した場合であつても、前後の年数を通算し、6箇月以上1年未満の端数があるときは、これを1年として計算する。

2 旧東条村において、村議会議員並びに条例第4条第4号及び第5号に掲げる職にあつた者の在職期間は、市制施行日以降における在職期間に限り通算する。

3 条例第4条第2号から第5号までの表彰は退職後とする。

4 条例第4条第4号に定める特別職とは、副市長、助役、収入役及び教育長をいう。

5 条例第4条第5号キに定める行政委員会に準ずる者とは、財産区議会議員及び土地改良区理事をいう。

6 条例第5条第1項第1号アのうち、第3号及び第4号については8年以上、第5号については10年以上その職にあつた者とし、第3号及び第4号の表彰は退職後とする。

7 条例第5条第1項第2号ウの教育関係者については、市職員を除く。

8 条例第4条から第7条までの規定のうち2以上の該当するものがあるときは、市長の定めるいずれか一によつて表彰する。

(寄附金品の額)

第5条 条例第7条第3号の寄附私財の額は100万円以上とする。

(き章の様式)

第6条 き章の名称及び様式は、様式第3の区分による。

(登録)

第7条 被表彰者の氏名、その他必要な事項は、これを表彰台帳(様式第2)に登載し、永久保存するものとする。

(補則)

第8条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は市長が定める。

附 則

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 条例の施行前、富田林市有功者待遇条例(昭和35年富田林市条例第1号)、富田林市長賞表彰規程(昭和27年富田林市規程第1号)の被表彰者は、条例第2条第3号第4号の表彰を受けたものとみなし、同じ表彰理由による表彰は行わない。

附 則(昭和51年規則第23号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和52年規則第20号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和53年規則第25号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和54年規則第9号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和53年11月4日以後になされた私財の寄付について適用する。

附 則(昭和62年規則第3号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和62年規則第26号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和62年11月4日以後になされた私財の寄付について適用する。

附 則(平成7年規則第38号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成8年規則第25号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成10年規則第9号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成10年規則第23号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成12年規則第54号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成15年規則第27号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成16年規則第42号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成19年規則第29号)

(施行期日)

第1条 この規則は、平成19年4月1日から施行する。

(収入役に関する経過措置)

第2条 この規則の施行の際現に地方自治法の一部を改正する法律(平成18年法律第53号)附則第3条第1項の規定により収入役として在職する者がある場合においては、その在職する間に限り、改正前の第3条第1項第2号の規定は、なおその効力を有する。この場合において、同号中「助役」とあるのは「副市長」とする。

附 則(平成22年規則第29号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成25年規則第18号)

(施行期日)

1 この規則は、平成25年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際現に様式の規定に基づき作成した用紙は、この規則の規定にかかわらず、当分の間、これを使用し、又は所要の調整をした上で使用することができる。

附 則(平成26年規則第34号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像画像

富田林市表彰条例施行規則

昭和47年9月27日 規則第18号

(平成26年6月9日施行)

体系情報
第1編 規/第3章
沿革情報
昭和47年9月27日 規則第18号
昭和51年 規則第23号
昭和52年 規則第20号
昭和53年 規則第25号
昭和54年 規則第9号
昭和62年 規則第3号
昭和62年 規則第26号
平成7年 規則第38号
平成8年 規則第25号
平成10年 規則第9号
平成10年8月18日 規則第23号
平成12年6月28日 規則第54号
平成15年9月5日 規則第27号
平成16年9月1日 規則第42号
平成19年3月30日 規則第29号
平成22年6月16日 規則第29号
平成25年3月28日 規則第18号
平成26年6月9日 規則第34号