○富田林市役所当直規程

昭和38年2月21日

訓令第1号

第1条 市役所の当直は、別に定めるもののほかこの規程の定めるところによる。

第2条 当直は、日直及び宿直とする。

第3条 当直は、庁舎において市役所の全責任者であるという自覚と責任をもつて庁舎設備、備品、書類等の保全、外部との連絡及び庁内の監視に従事するものとする。

第4条 宿直時間は、午後5時30分から翌日の午前9時までとし、日直時間は、午前9時から午後5時30分までとする。

第5条 前条の服務時間終了後といえども、その交代者が出勤しないときは、その引き継ぎが終るまで退庁することができない。

第6条 宿直は2名で行い、職員1名若しくは嘱託職員1名及び市が委託した会社から派遣された警備員1名をもってこれに充てる。

2 日直は2名で行い、職員又は嘱託職員をもってこれに充てる。

第7条 市長は、前条の人員は、災害その他特に必要があるときは増員することができる。

第8条 削除

第9条 当直に従事する職員及び嘱託職員の日割は、総務課で作成し、本人に通知する。

第10条 前条の規定により当直勤務の通知を受けたのち、出張その他やむを得ない事故により当直勤務に服することができないときは代直者を定めて、代直承認願(第1号様式)により総務課長に届けでて承認を受けなければならない。ただし、この場合には緊急やむを得ない場合のほか3日前までに承認を受けなければならない。

第11条 当直中、急病等のため勤務しがたいときは代直を嘱託し、その者の当直勤務についてから帰宅するものとする。

2 前項の規定によるときは、翌日その旨を本人又はその代直者から総務課長に報告しなければならない。

第12条 当直者は、日誌(第2号様式)、戸籍関係書類、職員住所録、鍵箱等執務上必要な諸帳簿その他を受けとり服務しなければならない。

第13条 当直中に到着した文書その他の物品は、当直日誌の所定欄に記入し、関係課又は次の当直者に引き継がなければならない。

第14条 埋火葬許可証の請求又は伝染病患者の発生その他急を要する届出又は通知をうけたときは、所定の手続きにより速やかに処理し、関係課又は次の当直者に引き継がなければならない。

第15条 削除

第16条 当直員は、勤務中、随時庁内外を巡視し、適当な時間に指定個所の電灯を点滅しなければならない。

2 前項の巡視は、異状を未然に防止するように努めるとともに、火気及び盗難の防止その他一切の取締に特に注意しなければならない。

第17条 当直勤務中、火災その他非常の事故が生じたときは、関係職員に急報し、指揮を受けなければならない。

第18条 当直者は、休日又は退庁時後に勤務する者を巡回して点検し、退庁時に報告させなければならない。

第19条 本庁外の当直については、この規則に準じ市長の決裁を経て所属長が定めなければならない。

第20条 この規則の施行について必要なことは総務部長が定める。

附 則

この規程は、令達の日から施行する。

附 則(昭和39年訓令第1号)

この規程は、昭和39年3月1日から施行する。

附 則(昭和43年訓令第2号)

この訓令は、昭和43年2月26日から施行する。

附 則(昭和43年訓令第4号)

この訓令は、昭和43年9月1日から施行する。

附 則(昭和44年訓令第1号)

この規程は、昭和45年1月1日から施行する。

附 則(昭和51年訓令第2号)

この規程は、公布の日から施行し、昭和51年4月1日から適用する。

附 則(昭和53年訓令第2号)

この規程は、令達の日から施行する。

附 則(昭和62年規程第1号)

この規程は、昭和62年4月1日から施行する。

附 則(平成2年規程第4号)

この規程は、平成3年1月1日から施行する。

附 則(平成5年規程第1号)

この規程は、平成5年4月1日から施行する。

附 則(平成16年規程第6号)

この規程は、平成16年5月1日から施行する。

附 則(平成19年規程第4号)

この規程は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成20年訓令第2号)

この規程は、平成20年4月1日から施行する。

画像

画像

富田林市役所当直規程

昭和38年2月21日 訓令第1号

(平成20年4月1日施行)

体系情報
第5編 事/第3章
沿革情報
昭和38年2月21日 訓令第1号
昭和39年 訓令第1号
昭和43年 訓令第2号
昭和43年 訓令第4号
昭和44年 訓令第1号
昭和51年 訓令第2号
昭和53年 訓令第2号
昭和62年 規程第1号
平成2年 規程第4号
平成5年3月26日 規程第1号
平成16年4月30日 規程第6号
平成19年3月5日 規程第4号
平成20年3月25日 訓令第2号