○富田林市生活つなぎ資金貸付基金条例

昭和52年3月30日

条例第15号

(設置)

第1条 富田林市生活つなぎ資金(以下「資金」という。)の貸付けに関する事務を円滑かつ効率的に行うため、富田林市生活つなぎ資金貸付基金(以下「基金」という。)を設置する。

(基金の額)

第2条 基金の額は、120,000千円とする。

(管理)

第3条 基金に属する現金は、金融機関への預金その他最も確実かつ有利な方法により保管しなければならない。

(運用益金の処理)

第4条 基金の運用から生じる収益は、大阪府富田林市一般会計予算(以下「一般会計予算」という。)に計上して、この基金の目的に充てるものとし、剰余金が生じたときは、この基金に編入することができる。

2 前項の規定により編入が行われたときは、基金の額は編入額相当額増加するものとする。

(処分)

第5条 基金は、資金の貸付けに関する事務を円滑かつ効率的に行うため、その全部又は一部を処分することができる。

2 前項の規定により処分が行われたときは、基金の額は、処分額相当額減少するものとする。

(貸付け対象)

第6条 資金は、本市住民のうち低所得世帯で、一時的な支出増加又は収入の減少により日常の生計を維持することが困難となり緊急にその生計資金を必要とする者に対して貸付けるものとする。

(貸付けを受ける者の要件)

第7条 資金の貸付けを受ける者は、次の各号に掲げる要件を備えていなければならない。

(1) 本市に引き続き3月以上居住し、かつ、住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)の規定により本市の住民基本台帳に記録されている成人であること。

(2) 資金の貸付け及び必要な指導を受けることにより自立更生ができると認められる者であること。

(3) 貸付けた資金について償還能力を有すること。

(4) 現に資金の貸付けを受けていないこと。

(貸付金額)

第8条 資金の貸付金額は、1世帯200,000円までとする。

(貸付条件)

第9条 資金の貸付条件は、次の各号に定めるところによる。

(1) 貸付けの利率 無利子

(2) 貸付期間 22月以内(据置期間を含む。)

(3) 据置期間 2月以内

(4) 償還方法 元金均等月賦償還

2 市長は、特に必要があると認めるときは、前項の貸付期間及び償還方法を変更することができる。

(繰上償還)

第10条 市長は、貸付けを受けた者が資金の貸付けの目的以外に使用したとき又は貸付条件に従わなかつたときは、資金の全部若しくは一部を繰上げ償還させることができる。

2 資金の貸付けを受けた者は、必要に応じ資金の全部若しくは一部の繰上げ償還をすることができる。

(資金の編入)

第11条 前2条の規定により償還された資金は、一般会計予算に編入する。

(委任)

第12条 この条例の施行について必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この条例は、昭和52年4月1日から施行する。

附 則(昭和52年条例第21号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和54年条例第6号)

この条例は、昭和54年4月1日から施行する。

附 則(昭和55年条例第9号)

この条例は、公布の日から施行し、昭和55年4月1日から適用する。

附 則(昭和56年条例第8号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和57年条例第33号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和59年条例第4号)

この条例は、昭和59年4月1日から施行する。

附 則(昭和60年条例第3号)

この条例は、昭和60年4月1日から施行する。

附 則(昭和61年条例第4号)

1 この条例は、昭和61年4月1日から施行する。

2 この条例の施行の日の前日における改正前の富田林市生活つなぎ資金貸付基金条例の規定による基金は一般会計予算に編入し、処分する。

附 則(昭和62年条例第3号)

この条例は、昭和62年4月1日から施行する。

附 則(昭和63年条例第2号)

この条例は、昭和63年4月1日から施行する。

附 則(平成元年条例第5号)

この条例は、平成元年4月1日から施行する。

附 則(平成4年条例第5号)

この条例は、平成4年4月1日から施行する。

附 則(平成5年条例第4号)

この条例は、平成5年4月1日から施行する。

附 則(平成6年条例第5号)

この条例は、平成6年4月1日から施行する。

附 則(平成6年条例第33号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成14年条例第4号)

この条例は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成20年条例第5号)

(施行期日)

1 この条例は、平成20年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の第8条及び第9条第1項の規定は、この条例の施行の日以後に受理した申込みに係る資金の貸付けから適用し、同日前に受理した申込みに係る資金の貸付けについては、なお従前の例による。

附 則(平成22年条例第2号)

この条例は、平成22年4月1日から施行し、平成22年度に係る富田林市生活つなぎ資金の貸付けから適用する。

附 則(平成24年条例第6号)

(施行期日)

1 この条例は、平成24年7月9日から施行する。

富田林市生活つなぎ資金貸付基金条例

昭和52年3月30日 条例第15号

(平成24年7月9日施行)

体系情報
第7編 務/第7章
沿革情報
昭和52年 条例第21号
昭和52年3月30日 条例第15号
昭和54年 条例第6号
昭和55年 条例第9号
昭和56年 条例第8号
昭和57年 条例第33号
昭和59年 条例第4号
昭和60年 条例第3号
昭和61年 条例第4号
昭和62年 条例第3号
昭和63年 条例第2号
昭和64年 条例第5号
平成4年 条例第5号
平成5年 条例第4号
平成6年 条例第5号
平成6年12月27日 条例第33号
平成14年3月26日 条例第4号
平成20年3月25日 条例第5号
平成22年3月25日 条例第2号
平成24年3月29日 条例第6号