○富田林市立青少年教育キャンプ場条例

昭和45年6月29日

条例第23号

(設置)

第1条 本市に富田林市立青少年教育キャンプ場(以下「キャンプ場」という。)を設置しその名称及び位置は、次のとおりとする。

(1) 名称 富田林市立青少年教育キャンプ場

(2) 位置 富田林市大字伏見堂1004番地の25

(目的)

第2条 キャンプ場は、本市青少年に対し、集団活動を通じて生活指導及び野外活動を行い、もって健全な青少年を育成することを目的とする。

(指定管理者による管理)

第3条 富田林市教育委員会(以下「委員会」という。)は、キャンプ場の管理に関する業務を地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項の規定により、委員会が指定するもの(以下「指定管理者」という。)に行わせるものとする。

(指定管理者が行う業務)

第4条 指定管理者は、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) キャンプ場の使用の許可に関する業務

(2) キャンプ場の施設及び設備の維持管理に関する業務

(3) 前2号に掲げるもののほか、委員会が必要と認める業務

(使用許可)

第5条 キャンプ場を使用しようとする者は、指定管理者の許可を受けなければならない。

(許可の制限)

第5条の2 指定管理者は、次の各号のいずれかに該当するときは、使用を許可しない。

(1) 公の秩序を乱し、又は善良な風俗を害するおそれがあると認めるとき。

(2) 施設及び設備を汚損し、又は破損するおそれがあると認めるとき。

(3) 管理運営上支障があると認めるとき。

(4) 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団の利益になると認めるとき。

(5) その他指定管理者が不適当と認めるとき。

(許可の取消し等)

第5条の3 指定管理者は、次の各号のいずれかに該当するときは、使用の許可を取り消し、若しくは使用を制限し、若しくは停止し、又は退去を命ずることができる。

(1) この条例又はこの条例に基づく規則に違反したとき。

(2) 前条各号のいずれかに該当するに至ったとき。

(3) 災害その他緊急やむを得ない事由により、特に必要があると認めるとき。

(使用料)

第6条 キャンプ場の使用料は、無料とする。

(委任)

第7条 この条例に定めるもののほか、キャンプ場の管理その他に関し必要な事項は、委員会が定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成23年条例第14号)

(施行期日)

1 この条例は、平成24年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日前に、改正前の富田林市立青少年教育キヤンプ場条例の規定によりされた処分、手続その他の行為は、改正後の富田林市立青少年教育キャンプ場条例の相当規定によりされた処分、手続その他の行為とみなす。

附 則(平成25年条例第36号)

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

富田林市立青少年教育キャンプ場条例

昭和45年6月29日 条例第23号

(平成26年4月1日施行)