○町総代設置規程

平成13年4月27日

規程第3号

町総代設置規程(昭和32年規程第1号)の全部を改正する。

第1条 各町会又は自治会等(以下「各町会」という。)との連絡を緊密にすることにより、市行政の円滑な推進と地域福祉の増進、生活環境の向上を図るため、各町会に町総代1名を置く。

第2条 各町会より推せん若しくは互選された者に、市長が町総代を委嘱する。

第3条 この規程において、各町会とは原則として次の各号に掲げるものをいう。ただし、地域の実態により統合又は分割することが止むを得ないと判断される場合はこの限りでない。

(1) 住居表示実施区域 町又は丁目単位で組織される団体

(2) 住居表示未実施区域 字単位で組織される団体

第4条 町総代の任期は2年とする。ただし、各町会の申し合わせ等がある場合はこの限りでない。

第5条 町総代の主な業務は次のとおりとする。

(1) 団体内の生活環境の向上に関すること。

(2) 団体内の広聴及び広報に関すること。

(3) 富田林市から依頼を受けた事項に関すること。

(4) その他自治振興に関すること。

第6条 町総代には毎年予算の定めるところにより、その労に対し毎年度末に報償金を支給する。

2 前項の報償金は、その職についた月からその職を離れた月までを支給する。この場合において、1月の算定はその職にあった日が、その月の半数を超える場合とする。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

町総代設置規程

平成13年4月27日 規程第3号

(平成13年4月27日施行)

体系情報
第10編 市民生活/第7章 自治振興
沿革情報
平成13年4月27日 規程第3号