○富田林市生活困窮者自立支援法施行細則

平成27年3月31日

規則第13号

(趣旨)

第1条 この規則は、生活困窮者自立支援法施行令(平成27年政令第40号)及び生活困窮者自立支援法施行規則(平成27年厚生労働省令第16号。以下「省令」という。)に定めるもののほか、生活困窮者自立支援法(平成25年法律第105号。以下「法」という。)の施行に関し、必要な事項を定めるものとする。

(住居確保給付金の事務)

第2条 住居確保給付金の申請等は、自立相談支援機関が受け付け、市長に提出するものとする。

2 市長が行う住居確保給付金の決定等の通知は、自立相談支援機関を経由して行うものとする。

(住居確保給付金の支給申請)

第3条 省令第13条に規定する申請をしようとする者(以下「申請者」という。)は、生活困窮者住居確保給付金支給申請書(様式第1号)及び住居確保給付金申請時確認書(様式第2号)を市長に提出しなければならない。

2 申請者は、前項の生活困窮者住居確保給付金支給申請書を提出する場合は、市長が定める書類を添付しなければならない。ただし、添付しないことについてやむを得ない事情があると市長が認める書類については、この限りでない。

3 住居確保給付金の支給額等の変更を申請しようとする者は、住居確保給付金変更支給申請書(様式第3号)を市長に提出しなければならない。

4 省令第12条の規定により住居確保給付金の支給期間の(再)延長の申請をしようとする者は、生活困窮者住居確保給付金支給申請書(期間(再)延長)(様式第4号)を市長に提出しなければならない。

(調査依頼)

第4条 市長は、法第22条の規定により資料の提供及び報告を求めるときは、生活困窮者自立支援法第22条の規定に基づく資料提供・報告依頼書(様式第5号)により行うものとする。

(住居確保給付金の支給)

第5条 市長は、第3条第1項の申請に対して、審査の結果、住居確保給付金の支給決定を行うときは、住居確保給付金支給決定通知書(様式第6号)を交付する。

2 市長は、第3条第3項の申請に対して、審査の結果、住居確保給付金の支給額等の変更を決定したときは、住居確保給付金変更支給決定通知書(様式第7号)を交付する。

3 市長は、第3条第4項の申請に対して、審査の結果、住居確保給付金の支給期間の(再)延長を決定したときは、住居確保給付金支給決定通知書(期間(再)延長)(様式第8号)を交付する。

(住居確保給付金不支給決定)

第6条 市長は、第3条第1項の申請に対して、審査の結果、住居確保給付金の支給が認められないと判断したときは、不支給の理由を明記の上、住居確保給付金不支給通知書(様式第9号)を交付する。

(住居確保給付金の停止)

第7条 生活困窮者住居確保給付金の支給を受ける者が職業訓練の実施等による特定求職者の就職の支援に関する法律(平成23年法律第47号)第17条第1項に規定する職業訓練受講給付金を受けることができるときは、住居確保給付金支給停止届(様式第10号)を市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の申請者に対し、住居確保給付金停止通知書(様式第11号)を交付する。

(住居確保給付金の再開)

第8条 停止中の住居確保給付金の支給の再開を申請する者は、住居確保給付金支給再開届(様式第12号)を市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の申請者に対し、住居確保給付金支給再開通知書(様式第13号)を交付する。

(住居確保給付金の中止)

第9条 市長は、住居確保給付金の支給を中止した場合は、当該対象者に対して住居確保給付金支給中止通知書(様式第14号)を交付する。

(委任)

第10条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成27年規則第43号)

(施行期日)

第1条 この規則は、平成28年1月1日から施行する。

(経過措置)

第2条 この規則の施行の際、第1条の規定による改正前の富田林市生活困窮者自立支援法施行細則、第2条の規定による改正前の富田林市子ども医療費の助成に関する条例施行規則、第3条の規定による改正前の富田林市老人医療費の助成に関する条例施行規則、第4条の規定による改正前の富田林市身体障害者及び知的障害者の医療費の助成に関する条例施行規則及び第6条の規定による改正前の富田林市ひとり親家庭の医療費の助成に関する条例施行規則の様式による用紙で、現に残存するものは、当分の間、所要の修正を加え、なお使用することができる。

2 この規則の施行前に交付された住民基本台帳カードについては、その効力を失う時又は個人番号カードの交付を受ける時のいずれか早い時までの間は、この規則の施行後も、なお従前の例による。

附 則(平成28年規則第9号)

(施行期日)

1 この規則は、平成28年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 行政庁の処分その他の行為又は不作為についての不服申立てに関する手続であってこの規則の施行前にされた行政庁の処分その他の行為又はこの規則の施行前にされた申請に係る行政庁の不作為に係るものについては、なお従前の例による。

附 則(平成31年規則第15号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際、この規則による改正前の富田林市生活困窮者自立支援法施行細則の様式の用紙で、現に存在するものは、所要の修正を加え、なお使用することができる。

附 則(令和2年規則第23号)

(施行期日)

1 この規則は、令和2年4月20日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際、この規則による改正前の富田林市生活困窮者自立支援法施行細則の様式で、現に存在するものは、所要の修正を加え、なお使用することができる。

附 則(令和2年規則第29号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際、この規則による改正前の富田林市生活困窮者自立支援法施行細則の様式の用紙で、現に存在するものは、所要の修正を加え、なお使用することができる。

附 則(令和3年規則第6号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際、この規則による改正前の富田林市生活困窮者自立支援法施行細則の様式の用紙で、現に存在するものは、所要の修正を加え、なお使用することができる。

附 則(令和3年規則第11号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際、この規則による改正前の富田林市生活困窮者自立支援法施行細則の様式の用紙で、現に存在するものは、所要の修正を加え、なお使用することができる。

画像画像

画像画像

画像

画像画像

画像

画像画像

画像

画像画像

画像

画像

画像

画像

画像画像

画像

富田林市生活困窮者自立支援法施行細則

平成27年3月31日 規則第13号

(令和3年2月16日施行)

体系情報
第9編 社会福祉/第1章
沿革情報
平成27年3月31日 規則第13号
平成27年12月15日 規則第43号
平成28年3月25日 規則第9号
平成31年3月29日 規則第15号
令和2年4月17日 規則第23号
令和2年5月29日 規則第29号
令和3年1月27日 規則第6号
令和3年2月16日 規則第11号