○富田林市制限付一般競争入札試行要綱

平成6年7月6日

要綱第18号

(趣旨)

第1条 この要綱は、本市が発注する建設工事の請負契約に係る一般競争入札において、当該入札を適正かつ合理的に行うため、入札に参加するものに必要な資格を定めた制限付き一般競争入札制度(以下「本制度」という。)を試行するに当たり必要な事項を定めるものとする。

(対象工事)

第2条 本制度の試行の対象となる建設工事(以下「対象工事」という。)は、次に掲げるとおりとする。

(1) 土木工事については、設計金額が5億円以上のもの

(2) 建築工事については、設計金額が10億円以上のもの

(3) その他の工事については、設計金額が5億円以上のもの

(入札参加資格)

第3条 入札に参加するものに必要な資格は、対象工事ごとに次の事項を考慮して富田林市工事請負業務委託等業者選定委員会(以下「選定委員会」という。)に諮ったうえ定めるものとする。

(1) 本市の競争入札参加登録業者であること

(2) 経営事項審査結果が一定の総合数値に該当するもの

(3) 同種・同規模以上の工事実績があること

(4) 配置予定の主任技術者、現場代理人、監理技術者が適正であること

(5) 当該工事に必要な許可を得ていること

(6) その他対象工事について必要な事項

(公告)

第4条 本制度を適用するときは、入札参加の申出期限の7日前までに富田林市財務規則第90条第2項に掲げる事項を公告するものとする。

(入札参加の申出等)

第5条 入札に参加しようとする者は、申出期限までに入札参加の申出をしなければならない。

2 前項の申出において、公告で入札参加資格に関する資料の提出を求めたときは、当該資料を添付して申し出なければならない。

(入札参加資格審査)

第6条 入札参加資格審査は選定委員会に諮ったうえ決定するものとる。

2 入札参加資格審査の結果は申出者に文書により通知するものとし、入札参加資格を認めなかった申出者に対する通知には、理由を付すものとする。

3 入札参加申出者及び入札参加資格者名等は公表しないものとし、入札終了後は速やかに入札者名、入札経過、入札結果について公表するものとする。

(入札に参加できない者)

第7条 次に掲げる者は、対象工事の入札に参加できないものとする。

(1) 入札参加申出期限日より入札時までの間において、富田林市入札等参加停止要綱(令和2年富田林市要綱第7号)に基づく参加停止期間中の者

(2) 入札参加申出期限までに申出をしなかった者又は入札参加資格を認められなかった者

(3) 暴力団員が経営する建設業者又は暴力団員が実質的に経営する建設業者及びこれに準ずる者

(4) その他特別の理由により、入札に参加することが適当でないと認められる者

(特定建設工事共同企業体)

第8条 特定建設工事共同企業体により発注する工事においても本制度を適用できるものとする。

附 則

この要綱は、平成6年7月7日から施行する。

附 則(平成12年要綱第61号)

この要綱は、平成12年9月1日から施行する。

附 則(平成16年要綱第76号)

この要綱は、公布の日から施行する。

附 則(令和2年要綱第7号)

(施行期日)

第1条 この要綱は、令和2年4月1日から施行する。

富田林市制限付一般競争入札試行要綱

平成6年7月6日 要綱第18号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
要綱集 / 総務部/ 契約検査課
沿革情報
平成6年7月6日 要綱第18号
平成12年 要綱第61号
平成16年 要綱第76号
令和2年2月27日 要綱第7号