○富田林市男女共同参画センターウィズ設置要綱

平成12年7月27日

要綱第55号

(目的)

第1条 この要綱は、富田林市男女共同参画センターウィズ(以下「センター」という。)の設置及び運営について必要な事項を定めることを目的とする。

(名称及び位置)

第2条 センターの名称及び位置は、次のとおりとする。

(1) 名称 富田林市男女共同参画センターウィズ

(2) 位置 富田林市桜ヶ丘町2番8号 すばるホール内

(管理運営)

第3条 センターの管理運営は、富田林市が行う。

(使用時間及び開室日)

第4条 センターの使用時間及び開室日は、次のとおりとする。ただし、市長が必要と認めるときは、これを変更することができる。

(1) 使用時間 午前9時から午後9時30分まで

(2) 開室日 すばるホールの開館日

(使用登録の申請)

第5条 センターの使用登録を申請できる者は、次の各号のいずれかに掲げるものとする。

(1) 富田林市内(以下「市内」という。)に住所を有する者又は市内に勤務する者を主な構成員とするグループ

(2) 市内の学校に在学する者を主な構成員とするグループ

(3) 前2号のほか、市長が特に必要と認める者

2 前項に定めるものでセンター(センター内のロッカーを含む。)を使用しようとするものは、男女共同参画センターウィズ使用登録申請書(様式第1号)を提出して市長の許可を受けなければならない。

(登録の許可)

第6条 前条の申請を受け付けたときは、登録の適否を審査し、その活動の目的が次の各号のいずれかに該当すると認めたときは、男女共同参画センターウィズグループ登録証(様式第2号)を交付する。

(1) 男女共同参画に関する学習

(2) 男女共同参画に関する交流

(3) 前2号のほか、男女共同参画社会の形成に寄与するもの

2 前項の使用登録証の有効期間は、交付の日からその日の属する年度の3月末日までとする。

(使用の申請)

第7条 前条で認められたグループでセンターを使用しようとするものは、男女共同参画センター使用申込書(様式第3号)を、使用を希望する日の2箇月前から3日前までに市長に提出しなければならない。ただし、当該申請期間について、市長が必要と認めるときは、この限りでない。

(使用者の遵守事項)

第8条 使用者は、次の各号に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 使用許可のない施設及び設備を使用しないこと。

(2) 建物及び附属設備等を汚損し、若しくは破損し、又は滅失しないこと。

(3) 騒音若しくは大声を発し、又は暴力行為を行う等して、他人に迷惑を及ぼす行為をしないこと。

(4) 指定の場所以外で喫煙し、又は火気を使用しないこと。

(5) 物品等の販売、貸付けその他の営利行為をしないこと。

(6) 特定の政党又は政策を支援する活動をしないこと。

(7) 特定の宗教を布教するための活動をしないこと。

(8) 前各号に掲げるもののほか、管理上支障があると認められること。

2 使用者が、前項に定める遵守事項に従わないときは、登録を取り消すことがある。

(費用負担)

第9条 センターの使用は、無料とする。ただし、印刷機の使用については、別表に定める費用を支払わなければならない。

(原状回復義務)

第10条 使用者は、使用が終了したときは、直ちにその使用した附属設備、備品等を原状に回復して施錠の後、市長に男女共同参画センター使用報告書(様式第4号)を提出しなければならない。

(損害賠償)

第11条 使用者の責めに帰すべき事由により建物及び附属設備等を汚損し、若しくは破損し、又は滅失したときは、その損害を賠償しなければならない。

附 則

1 この要綱は、平成12年8月1日から施行する。

2 センターの供用開始日は、平成12年9月1日とする。

附 則(平成19年要綱第59号)

1 この要綱は、平成19年6月1日から施行する。

2 この要綱の施行の際現に改正前の富田林市女性交流室ウィズ設置要綱第6条の規定により交付されたグループ登録証は、改正後の富田林市男女共同参画センターウィズ設置要綱第6条の規定により交付された男女共同参画センターウィズグループ登録証とみなす。

3 この要綱の施行の際現に改正前の富田林市女性交流室ウィズ設置要綱第7条の規定により提出された使用申込書は、この要綱の施行後も、なおその効力を有する。

附 則(平成22年要綱第75号)

この要綱は、公布の日から施行する。

別表

マスター代

2色刷原稿1枚につき60円

1色刷原稿1枚につき30円

インク代

印刷1枚につき1.2円

画像

画像

画像

画像

富田林市男女共同参画センターウィズ設置要綱

平成12年7月27日 要綱第55号

(平成22年1月1日施行)