○富田林市留守家庭児童会実施要綱

平成16年3月31日

要綱第18号

(目的)

第1条 この要綱は、保護者が就労等により昼間家庭にいない小学校低学年の児童に対し、家庭的な愛情と知識、技術をもって指導することにより、児童の健全な育成を図ることを目的として設置する富田林市留守家庭児童会(以下「児童会」という。)の運営に関し、必要な事項を定めるものとする。

(設置・管理・運営)

第2条 児童会の設置並びに管理及び運営は、この要綱の定めるところにより、市が行う。

(開設場所)

第3条 児童会の開設場所は、別表のとおりとする。

(対象児童)

第4条 児童会に入会することができる児童は、富田林市立小学校に在籍する児童のうち、次の各号のいずれかに該当する者とする。

(1) 保護者が就労等により昼間家庭にいない状態又はこれと同等の状態が月15日以上あり、かつ、その状態が6か月以上継続するもの。

(2) 市長が児童会の入会を必要と認める状態にあるもの。

(定員)

第5条 児童会の定員は、1児童会につき40人以内とする。

(休会日)

第6条 児童会の休会日は、次のとおりとする。

(1) 日曜日

(2) 国民の休日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(3) 8月13日から同月18日まで

(4) 12月28日から翌年1月5日まで

2 市長は、前項に規定するもののほか、特別の事由があると認めるときは、休会日を臨時に変更することができる。

(開設時間)

第7条 児童会の開設時間は、次のとおりとする。

(1) 平日 放課後から午後5時まで

(2) 学校の休業日 午前9時から午後5時まで

2 市長は、前項に規定するもののほか、特別の事由があると認めるときは、開設時間を臨時に変更することができる。

(内容)

第8条 児童会の内容は、家庭的な雰囲気を醸成する中で文化活動、体育、レクリエーション活動、学習活動等の児童の生活指導を行う。

(入会の申請)

第9条 児童を児童会に入会させようとする保護者は、年度ごとに留守家庭児童会入会申込書(様式第1号)に必要な書類を添付して市長に提出しなければならない。

(入会の決定)

第10条 市長は、前条の規定による入会申込書を受理したときは、速やかにその内容を審査し、入会を許可したときは留守家庭児童会入会決定通知書(様式第2号)により、入会を許可しないときは留守家庭児童会入会不許可通知書(様式第3号)により、申請を行った保護者に通知するものとする。

(入会の許可の取消し)

第11条 市長は、児童会に入会する児童又は保護者が次の各号のいずれかに該当するときは、児童会の入会の許可を取り消すことができる。

(1) 児童が第4条に規定する対象児童に該当しなくなったとき。

(2) 他の児童の良好な児童会の利用を妨げる行為を繰り返し行ったとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、児童会の管理運営上支障があると認められるとき。

(届出)

第12条 保護者は、第9条の規定により市長に提出した留守家庭児童会入会申込書等の記載事項に変更が生じたときは、速やかにその旨を届け出なければならない。

(退会)

第13条 児童会を退会させようとする保護者は、留守家庭児童会退会届(様式第4号)を市長に提出しなければならない。

(指導員の委嘱及び人数)

第14条 児童会の開設中における施設設備の管理並びに児童の育成にあたるため、1児童会に2名の指導員を置く。

2 指導員は、市長が適任者を選び委嘱する。

3 指導員の任期は、1年(当該年度)とする。ただし、再任を妨げない。

4 指導員の資格は、児童の育成指導について熱意を有し、かつ、健康体で、次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) 教員若しくは保育士又は社会教育主事の免許又は資格を有する者

(2) こども会活動等社会教育関係団体において、指導者としての経験を有し、児童の指導について知識、経験を有する者

(3) その他市長が特に適当と認めた者

(指導員の解嘱)

第15条 市長は、現に委嘱する指導員が当該児童会の指導員として不適当と認めたときは、任期中であってもその指導員を解嘱することができる。

(指導員の職務)

第16条 指導員の職務は、次のとおりとする。

(1) 指導員は、児童会の開設中、積極的に児童の事故防止と育成指導に努めるとともに、児童会の施設及び設備の管理にあたる。

(2) 児童会の運営状況を記録するため、日誌、児童の出席簿、育成記録、その他必要な書類を作成する。

(3) その他この要綱に定めるもののほか、別に定める指導員心得により職務を遂行する。

(連絡会)

第17条 児童会の健全な運営に資するため、指導員連絡会並びに保護者連絡会を適宜開催する。

(経費の負担)

第18条 児童会の設置並びに管理及び運営に必要な経費は、特別なものを除き予算の範囲内で市が負担する。

(その他)

第19条 この要綱に定めるもののほか、児童会の管理及び運営に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この要綱は、平成16年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この要綱の施行前にこの要綱による改正前の富田林市留守家庭児童会実施要綱の規定によりされた処分、手続その他の行為は、この要綱による改正後の富田林市留守家庭児童会実施要綱の規定によりされた処分、手続その他の行為とみなす。

別表

名称

開設場所

大伴留守家庭児童会

富田林市南大伴町一丁目2番20号(大伴小学校内)

久野喜台留守家庭児童会

富田林市久野喜台一丁目16番1号(久野喜台小学校内)

新堂留守家庭児童会

富田林市若松町四丁目5番4号(新堂小学校内)

寺池台留守家庭児童会

富田林市寺池台四丁目3番1号(寺池台小学校内)

高辺台留守家庭児童会

富田林市高辺台三丁目1番1号(高辺台小学校内)

彼方留守家庭児童会

富田林市大字彼方411番地(彼方小学校内)

伏山台留守家庭児童会

富田林市大字伏山17番地(伏山台小学校内)

喜志西留守家庭児童会

富田林市梅の里四丁目6番1号(喜志西小学校内)

藤沢台留守家庭児童会

富田林市藤沢台二丁目3番1号(藤沢台小学校内)

東条留守家庭児童会

富田林市大字龍泉566番地(東条小学校内)

喜志留守家庭児童会

富田林市木戸山町1番36号(喜志小学校内)

富田林留守家庭児童会

富田林市常盤町16番20号(富田林小学校内)

錦織留守家庭児童会

富田林市錦織南一丁目8番1号(錦織小学校内)

川西留守家庭児童会

富田林市新家一丁目3番1号(川西小学校内)

小金台留守家庭児童会

富田林市小金台三丁目11番1号(小金台小学校内)

向陽台留守家庭児童会

富田林市向陽台五丁目1番1号(向陽台小学校内)

画像

画像

画像

画像

富田林市留守家庭児童会実施要綱

平成16年3月31日 要綱第18号

(平成16年4月1日施行)