○富田林市通所型サービスC実施要綱

平成29年3月31日

要綱第43号

(目的)

第1条 この要綱は、富田林市介護予防・日常生活支援総合事業実施要綱(平成28年富田林市要綱第85号。以下「実施要綱」という。)第3条第1号イ(エ)に規定する通所型サービスC(以下「通所型サービスC」という。)の実施に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において使用する用語の意義は、この要綱において定めるもののほか、介護保険法(平成9年法律第123号。以下「法」という。)、介護保険法施行規則(平成11年厚生省令第36号。以下「法規則」という。)介護予防・日常生活支援総合事業の適切かつ有効な実施を図るための指針(平成27年厚生労働省告示第196号)及び地域支援事業実施要綱(平成18年老発第0609001号厚生労働省告老健局通知「地域支援事業の実施について」別紙)の例による。

(実施主体)

第3条 本事業の実施主体は、富田林市とする。ただし、実施主体は、事業の一部を適切な事業運営が確保できると認められる者に委託することができる。

(事業の一般原則)

第4条 通所型サービスCの事業を行う事業者(以下「事業者」という。)は通所サービスCを利用する者(以下「利用者」という。)の意思及び人格を尊重し、常に利用者の立場に立ったサービスの提供に努めなければならない。

2 通所型サービスCは、通所の方法により、複数の利用者に対し一体的に、保健・医療等の専門職が、運動機能向上、栄養改善、口腔機能向上等のプログラムを実施することにより、要介護状態等になることの予防又は要介護状態等の軽減若しくは悪化の防止及び地域における自立した日常生活の支援を目的として実施しなければならない。

3 事業者は、利用者に対し、自己の健康管理に向けた動機づけを行うことにより、事業終了後も地域活動等において継続的に生活機能を維持していくことを目指して事業を実施しなければならない。

(利用者)

第5条 本事業の利用者は、実施要綱第4条第1号規定する者とする。

(従事者)

第6条 実施プログラムに合わせ、健康運動指導士、管理栄養士、歯科衛生士等の専門職種を配置し、利用者に対するサービスを実施しなければならない。

(設備及び備品等)

第7条 事業者は、通所型サービスCを提供するために必要な広さの場所を有するほか、通所型サービスCの提供に必要な設備及び備品並びに消火設備その他の非常災害に際して必要な設備等を備えなければならない。

(サービス提供期間)

第8条 通所型サービスCの提供は、週1回の頻度で12回の実施を1クールとして提供する。

(心身の状況等の把握)

第9条 事業者は、利用者に係る担当者会議等を通じて、利用者の心身の状況、置かれている環境、他の保健サービス又は福祉サービスの利用状況の把握に努めなければならない

(地域包括支援センター等との連携)

第10条 事業者は地域包括支援センターその他保健・医療サービス又は福祉サービスを提供するものと密接な連携に努めるものとする。

(実施記録等の作成と提出)

第11条 個別サービス計画を作成し、利用者又はその家族に対して説明し、同意を得ること。

2 通所型サービスCの提供開始から1か月ごとに、実施したプログラム、利用者の参加状況、把握した課題、指導内容等を記録し、当該利用者に係る地域包括支援センター等に提出するものとする。

3 全12回のプログラムを終了した時点で、各利用者について、プログラム開始時及び終了時における運動機能、口腔機能、栄養に関する評価、終了時点での課題等をまとめた評価票を作成し当該利用者のケアプランを作成する地域包括支援センター等に提出する。

(緊急時等の対応)

第12条 通所型サービスCの従業者は、現に通所型サービスCの提供を行っている利用者に病状に急変が生じた場合その他必要な場合は、速やかに、主治の医師への連絡その他の必要な措置を講じなければならない。

(非常災害対策)

第13条 事業者は、非常災害に関する具体的な計画を立て、かつ、非常災害時における関係機関への通報及び関係機関との連携の体制を整備するとともに、従業者に対し、定期的に、これらの事項について周知しなければならない。

(衛生管理等)

第14条 事業者は、通所型サービスCの従業者の清潔の保持及び健康の状態について、必要な管理を行わなければならない。

2 事業者は、通所型サービスCの事業所において感染症が発症し、又はまん延しないような措置を講ずるよう努めなければならない。

(秘密保持等)

第15条 通所型サービスCの従業者は、個人の情報やプライバシーの尊重、保護に万全を期すものとし、正当な理由なく事業実施において知り得た秘密を漏らしてはならない。

2 事業者は当該通所型サービスⅭの従業者であった者が、正当な理由なく、その業務上知り得た利用者又はその家族の秘密を漏らすことがないよう必要な措置を講じなければならない。

(苦情処理)

第16条 事業者は、提供した通所型サービスCに係る利用者及びその家族からの苦情に迅速かつ適切に対応し必要な措置を講じなければならない。

2 事業者は、前項の苦情を受け付けた場合には、当該苦情の内容等を記録しなければならない。

3 事業者は、提供した通所型サービスCに係る利用者からの苦情に関し、市が行う調査に協力するとともに、市から指導又は助言を受けた場合においては、当該指導又は助言に従って必要な改善を行わなければならない。

4 事業者は、市からの求めがあった場合には、市に対し前項の改善の内容を報告しなければならない。

(事故発生時の対応)

第17条 事業者は利用者に対する通所型サービスCの提供により事故が発生した場合は速やかに、市、当該利用者の家族、当該利用者に係る地域包括支援センター等に連絡するとともに必要な措置を講じなければならない。

2 事業者は前項の事故の状況及び当該事故に際してとった処置について記録しなければならない。

3 事業者は利用者に対する通所型サービスCの提供により賠償すべき事故が発生した場合は、速やかに、その損害を賠償しなければならない。

(報告及び調査等)

第18条 市長は、事業の適性かつ積極的な運営を確保するため、事業内容、活動状況等について定期的に報告を求めるとともに、定期的に事業の実施状況の把握を行い、必要な措置を講じるものとする。

(委任)

第19条 この要綱に定めるもののほか、通所型サービスCの事業実施に関し、必要な事項は市長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成29年4月1日から施行する。

富田林市通所型サービスC実施要綱

平成29年3月31日 要綱第43号

(平成29年4月1日施行)