○富田林市生活道路工事要綱

平成20年3月3日

要綱第5号

(目的)

第1条 この要綱は、町又は字の区域その他市内の一定の区域に住所を有する者の地縁に基づいて形成された団体(以下「団体」という。)の要望に応じ、生活道路の工事を本市が行うことにより、良好な状態に保つよう維持し、もって市民の生活環境の向上に寄与することを目的とする。

(定義)

第2条 この要綱において「生活道路」とは、道路法(昭和27年法律第180号)に規定する道路以外の道路で富田林市法定外公共物管理条例(平成17年富田林市条例第12号)第2条に規定する法定外公共物及び個人等が所有管理している道路をいう。

2 この要綱において「公道」とは、国道、府道及び市道をいう。

(工事の対象)

第3条 この要綱により工事の要望の対象となる生活道路は、次の各号のいずれにも該当しなければならない。

(1) 公道と公道を結ぶ通り抜け生活道路又は一端が公道に接する行き止まり生活道路で、当該道路の幅員がおおむね90センチメートル以上あること。

(2) 現に生活用として常時利用されている生活道路であり、その主たる利用が生活用であり、農業用でないこと。

(3) 集合住宅等の敷地内通路でないこと。

(4) 当該生活道路の権利者及び隣接者全員が工事及び一般の通行の用に供すること等に同意していること。

(5) 工事が完了した道路は、以後団体において維持管理することができること。

(6) 前各号に定めるもののほか、行き止まり生活道路にあっては、その延長がおおむね10メートル以上あり、それを利用する住居の戸数が2戸(長屋等は1戸とみなす。)以上あること。ただし、同一世帯の個人専用通路でないこと。

(工事の要望)

第4条 工事の要望をしようとする団体は、生活道路工事要望書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

2 前項の要望書には、次に掲げる書類を添付しなければならない。

(1) 生活道路権利者及び隣接者の同意書(様式第2号の1)

(2) 位置図

(3) 権利者及び隣接者の配置図

(4) 前各号に定めるもののほか、当該生活道路が建築基準法(昭和25年法律第201号)第42条第1項第5号の規定による位置の指定を受けているもの(以下「位置指定道路」という。)の場合は、位置指定道路築造者等の同意書(様式第2号の2)ただし、当該築造者が不明等やむを得ない場合は、この限りでない。

(5) その他市長が必要と認めるもの

(工事の基準)

第5条 市が施工する工事の基準は、次のとおりとする。

(1) 舗装は、現状路盤の整備及びアスファルト舗装工事を原則とし、市長が特に必要と認めた場合は、コンクリート舗装工事をするものとする。

(2) アスファルト舗装の厚は5センチメートル、コンクリート舗装厚は10センチメートルとし、アスファルト舗装の場合は、最小限の舗装止め工事を含む。

(3) 道路の機能回復のために必要な最小限の路肩擁壁及び既設道路側溝の補修については、市長が必要と認めた範囲内において施工するものとする。

(工事の再要望の制限)

第6条 原則としてアスファルト舗装については7年間、コンクリート舗装については12年間の再要望を認めないものとする。

附 則

(施行期日)

1 この要綱は、平成20年4月1日から施行する。

(富田林市行き止まり生活道路工事助成要綱等の廃止)

2 次に掲げる要綱は、廃止する。

(1) 富田林市行き止まり生活道路工事助成要綱(平成19年富田林市要綱第43号)

(2) 富田林市通り抜け生活道路工事要綱(平成19年富田林市要綱第44号)

附 則(令和3年要綱第3号)

(施行期日)

1 この要綱は、令和3年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この要綱の施行の際、この要綱による改正前の富田林市生活道路工事要綱の様式に関する規定により作成され、現に保管されている用紙については、当分の間、この要綱による改正後の富田林市生活道路工事要綱の様式に関する規定による用紙とみなして使用することができる。

画像

画像

画像

富田林市生活道路工事要綱

平成20年3月3日 要綱第5号

(令和3年4月1日施行)