○遠野市景観計画による届出行為等に関する条例

平成19年3月23日

条例第18号

(趣旨)

第1条 この条例は、景観法(平成16年法律第110号。以下「法」という。)の規定に基づき、遠野市景観計画による届出行為等に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 建築物 建築基準法(昭和25年法律第201号)第2条第1号に規定する建築物をいう。

(2) 工作物 次に掲げるものであって、建築物以外のものをいう。

 煙突、排気塔その他これらに類するもの

 鉄筋コンクリート造の柱、鉄柱その他これらに類するもの

 広告塔、広告板その他これらに類するもの

 高架水槽、物見塔その他これらに類するもの

 擁壁、さく、塀その他これらに類するもの

 観覧車、飛行塔、メリーゴーランド、ウォーターシュート、コースターその他これらに類する遊戯施設

 コンクリートプラント、アスファルトプラントその他これらに類する製造施設

 石油、ガス、飼料等の貯蔵施設

 汚物処理施設、ごみ処理施設その他これらに類する施設

 自動車車庫の用途に供する立体的な施設

 電気供給のための電線路、有線電気通信のための線路、空中線系(その支持物を含む。)その他これらに類するもの

 彫像、記念碑その他これらに類するもの

(届出を要する行為)

第3条 法第16条第1項第4号の条例で定める行為は、次に定めるものをいう。

区分

規模

1 建築物であって、その高さ又は延べ面積が規模欄に定める規模を超えるものの新築、増築若しくは改築(増築後又は改築後の高さ又は延べ面積が規模欄に定める規模を超えることとなる増築又は改築を含む。)、移転若しくは撤去又は外観の変更

(1) 高さ 13m

(2) 延べ面積 3,000m2

2 工作物であって、前条第2号アからまでに掲げる区分に応じ、それぞれその高さ又は築造面積若しくは表示面積が規模欄に定める規模を超えるものの新築、増築若しくは改築(増築後又は改築後の高さ又は築造面積若しくは表示面積が規模欄に定める規模を超えることとなる増築又は改築を含む。)、移転若しくは撤去又は外観の変更

煙突、排気塔その他これらに類するもの

(1) 高さ 13m(工作物が建築物と一体となって設置される場合において、地盤面から当該工作物の上端までの高さが13mを超えるときは、5m)

(2) 築造面積 1,000m2

鉄筋コンクリート造の柱、鉄柱その他これらに類するもの

広告塔、広告板その他これらに類するもの

(1) 高さ 13m(工作物が建築物と一体となって設置される場合において、地盤面から当該工作物の上端までの高さが13mを超えるときは、5m)

(2) 表示面積 25m2

高架水槽、物見塔その他これらに類するもの

(1) 高さ 13m(工作物が建築物と一体となって設置される場合において、地盤面から当該工作物の上端までの高さが13mを超えるときは、5m)

(2) 築造面積 1,000m2

擁壁、さく、塀その他これらに類するもの

高さ 5m

観覧車、飛行塔、メリーゴーランド、ウォーターシュート、コースターその他これらに類する遊戯施設

(1) 高さ 13m(工作物が建築物と一体となって設置される場合において、地盤面から当該工作物の上端までの高さが13mを超えるときは、5m)

(2) 築造面積 1,000m2

コンクリートプラント、アスファルトプラントその他これらに類する製造施設

石油、ガス、飼料等の貯蔵施設

汚物処理施設、ごみ処理施設その他これらに類する施設

自動車車庫の用途に供する立体的な施設

電気供給のための電線路、有線電気通信のための線路、空中線系(その支持物を含む。)その他これらに類するもの

高さ 20m(工作物が建築物と一体となって設置される場合において、地盤面から当該工作物の上端までの高さが20mを超えるときは、10m)

彫像、記念碑その他これらに類するもの

(1) 高さ 13m(工作物が建築物と一体となって設置される場合において、地盤面から当該工作物の上端までの高さが13mを超えるときは、5m)

(2) 築造面積 1,000m2

3 屋外における物の集積又は貯蔵であって、その高さ又はその用に供する土地の面積が規模欄に定める規模を超えるもの

(1) 高さ 5m

(2) 面積 1,000m2

4 鉱物の掘採又は土石の採取であって、地形の外観の変更に係る土地の面積が規模欄に定める面積を超えるもの又は高さ若しくは長さが規模欄に定める規模を超えるのり面若しくは擁壁を生ずるもの

(1) 面積

ア 都市計画法(昭和43年法律第100号)第5条第1項の規定により指定された都市計画区域 3,000m2

イ アに掲げる区域以外の区域 10,000m2

(2) 高さ 5m

(3) 長さ 10m

5 土地の形質の変更(水面の埋立て又は干拓を含む。次項第6号を除き、以下同じ。)であって、変更に係る土地の面積が規模欄に定める面積を超えるもの又は高さ若しくは長さが規模欄に定める規模を超えるのり面若しくは擁壁を生ずるもの

2 前項の規定は、次の各号のいずれかに該当する行為については、適用しない。

(1) 非常災害のために必要な応急措置として行う行為

(2) 通常の管理行為又は軽易な行為のうち、景観形成(優れた環境を保全し、又は創造することをいう。以下この項において同じ。)に支障を及ぼすおそれがないもので規則で定めるもの

(3) 法令に基づいて許可、認可、届出等を要する行為のうち、景観形成に支障を及ぼすおそれがないもので規則で定めるもの

(4) 法令又はこれに基づく処分による義務の履行として行う行為

(5) 地盤面下又は水面下における行為

(6) 農業、林業又は漁業を営むために行う木竹の伐採、物の集積若しくは貯蔵又は土地の形質の変更(宅地の造成、土地の開墾又は水面の埋立て若しくは干拓を除く。)

(7) 専ら自己の居住の用に供する一戸建ての住宅の新築等

(8) その他市長が規則で定める行為

(行為の届出)

第4条 前条第1項の表に掲げる行為をしようとする者は、当該行為に着手する日の30日前までに、法第16条第1項に規定する事項を記載した届出書を市長に提出しなければならない。

2 前項の届出書には、次に掲げる図書を添付するものとする。

(1) 当該行為を行う土地の位置及び当該土地の周辺の状況を表示する図面で縮尺2,500分の1以上のもの

(2) 当該行為を行う土地の区域及び当該区域の周辺の状況を示す写真

(3) 計画図又は施行方法を明らかにする図面

(4) その他市長が必要と認める図書

(委任)

第5条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

(施行期日)

1 この条例は、平成19年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日前に岩手の景観の保全と創造に関する条例(平成5年岩手県条例第35号)第10条第1項若しくは第2項又は第16条第1項若しくは第2項の規定に基づく届出をした行為については、この条例の規定は、適用しない。

遠野市景観計画による届出行為等に関する条例

平成19年3月23日 条例第18号

(平成19年4月1日施行)

体系情報
第10編 設/第1章
沿革情報
平成19年3月23日 条例第18号