○豊島区吹奏楽団設置要綱

平成16年4月1日

区長決裁

(設置)

第1条 一般区民への音楽鑑賞機会の提供と音楽普及活動を目的として、アマチュアの吹奏楽愛好者による、豊島区吹奏楽団(以下「楽団」という。)を設置する。

(活動)

第2条 楽団の主たる活動は、豊島区(以下「区」という。)主催の演奏会等の音楽振興事業への協力とし、その他に自主公演及び前条に記載する目的を達成するための活動を行う。

(団員)

第3条 団員は、16歳(高校生)以上のアマチュアで原則として区内在住・在勤・在学のいずれかに該当しなければならない。但し、編成上バランスを欠く場合はこの限りではない。

2 団員は、欠席日数が著しい場合や楽団の秩序を乱す場合は除籍される。

3 団員の募集は4月に行う。補欠が生じた場合随時行うことができる。

(指揮者)

第4条 楽団に常任指揮者を1名置き、その任期は1年を限度とする。但し、再任は妨げない。

(トレーナー)

第5条 楽団にトレーナーを置くことができる。その任期は1年を限度とする。但し、再任は妨げない。

(練習)

第6条 楽団の練習は、原則として毎週水曜日午後6時から9時まで行う。

2 臨時練習については、区と楽団が、日時、指揮者、費用分担等を協議して行う。

(楽器)

第7条 楽団は、区の楽器を借用することができる。

(運営)

第8条 楽団は、事務局を文化商工部文化デザイン課におく。

2 別表第1に掲げる楽団の運営に関する事項は、文化商工部文化デザイン課が行う。

3 区は前項に規定する事項に関する事務の一部を(財)としま未来文化財団(以下「財団」という。)に委託する。

4 別表第2に掲げる運営は、区と楽団が協議して定める。

5 その他の運営に関することは、楽団の自主運営とし、区は必要に応じてその運営内容の報告及び予算書、決算書の提出を求めることができる。

6 区は、前項の運営に必要な物品を楽団又は団員に貸与若しくは使用させることができる。

この要綱は、平成16年4月1日から施行する。

この要綱は、平成19年4月1日から施行する。

別表第1(第8条第2項関係)

1 定期練習並びに区主催の演奏会会場の確保とその経費の支出

2 区主催による演奏会、その他の事業の広報に関すること

3 指揮者等の謝礼に要する経費の支出

4 楽器その他楽団運営に要する物品の購入

別表第2(第8条第4項関係)

1 常任指揮者、トレーナー及び客演指揮者の選定

2 購入楽器の選定

3 区主催以外の演奏活動に関する事務

4 演奏会及び練習スケジュールに関すること。

5 団員の選考基準に関すること。

6 団員募集及び入団に伴う事務

豊島区吹奏楽団設置要綱

平成16年4月1日 区長決裁

(平成19年4月1日施行)

体系情報
要綱集/ 文化商工部/ 文化デザイン課
沿革情報
平成16年4月1日 区長決裁
平成19年4月1日 種別なし