○スクールソーシャルワーカー活用事業実施要綱

平成24年3月27日

教育センター所長決定

(趣旨)

第1条 この要綱は、文部科学省委託事業「スクールソーシャルワーカー活用事業実施要綱」にかかる事業の実施に関して必要な事項を定めることとする。

(目的)

第2条 各学校における不登校やいじめ、暴力行為等生活指導上の課題や、児童虐待、子どもの貧困、ヤングケアラー等社会福祉上の課題に対し、教育分野に関する知識に加えて、社会福祉の専門的な知識や技術を有するスクールソーシャルワーカー(以下「SSW」という。)を区立学校や教育相談施設等(以下「区立学校等」という。)へ派遣及び巡回することで、児童・生徒の学習権を保障する。

(事業の内容)

第3条 第2条に基づき、以下事業を実施する。

(1) SSWの派遣

SSWを教育センターに配置し、SSWの活用を希望する学校等に派遣する。派遣を命じられたSSWは、区立学校等と連携し、会計年度任用職員設置要綱に定められた職務を行う。

(2) SSWの学校巡回

SSWを教育センターに配置し、区立学校を定期的に巡回する。巡回を命じられたSSWは、区立学校と連携し、会計年度任用職員設置要綱に定められた職務を行う。

(3) スーパーバイザーの配置

スーパーバイザーを教育センターに配置し、SSWに対し適切な指導・助言を実施する。

(派遣の依頼及び決定)

第4条 SSWの派遣を希望する児童・生徒が在籍する区立学校の校長は、SSW派遣申請書【様式1】により教育センター所長へ申請することとする。

2 教育センター所長は前項の規定による申請を受理し、適当と認めた時は、SSWを派遣する。

(SSW派遣の主体)

第5条 SSWの派遣は教育センター所長が行う。

(SSW派遣の取り消し)

第6条 SSWが次に該当する場合、教育センター所長は派遣の取り消しをすることができる。

(1) SSWに担当させていた業務が終了、中止又は中断した場合

(2) その他、教育センター所長が特に必要と認めた場合

(任用)

第7条 SSWとして任用する会計年度職員の設置及び取り扱いについては、会計年度任用職員設置要綱(令和2年3月24日人事課長決定)に定めるところによる。

(委任)

第8条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、教育センター所長が定める。

この要綱は、令和4年4月1日から施行する。

この要綱は、令和4年10月1日から施行する。

スクールソーシャルワーカー活用事業実施要綱

平成24年3月27日 教育センター所長決定

(令和4年10月1日施行)

体系情報
要綱集/ 教育部/ 教育センター
沿革情報
平成24年3月27日 教育センター所長決定
平成27年5月1日 種別なし
令和3年4月1日 種別なし
令和4年4月1日 種別なし
令和4年10月1日 種別なし