○鳥取県病院局企業職員の給与に関する規程

平成7年3月31日

鳥取県病院局管理規程第7号

鳥取県病院局企業職員の給与に関する規程をここに公布する。

鳥取県病院局企業職員の給与に関する規程

(趣旨)

第1条 この企業管理規程は、病院局企業職員の給与の種類及び基準に関する条例(平成7年鳥取県条例第3号。以下「条例」という。)の規定に基づき、鳥取県病院局企業職員(以下「職員」という。)の給与の額、支給方法その他給与に関し必要な事項を定めるものとする。

(平19病管規程4・一部改正)

(定義)

第2条 この企業管理規程において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 病院局特定任期付職員 職員のうち、任期付職員の採用等に関する条例(平成14年鳥取県条例第67号。以下「任期付職員条例」という。)第2条第1項の規定により任期を定めて採用された者

(2) 現業職員 職員のうち、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第57条に規定する単純な労務に雇用される者

(平14病管規程11・一部改正)

(給料表)

第3条 給料表の種類及び適用範囲は、次の表のとおりとする。

種類

適用範囲

行政職給料表(別表第1)

他の給料表の適用を受けないすべての職員

医療職給料表(別表第2)

医療職給料表(1)

院長、副院長(医師の職務に従事する職員に限る。)、局長(医療局長に限る。)、センター長(手術センター長及び周産期母子センター長に限る。)、副局長(医療局の副局長に限る。)、部長(医療局の部長に限る。)、医長、副医長、室長(血液浄化室長、新生児集中治療室長、内視鏡室長、画像診断室長及び放射線治療室長に限る。)、医師及び歯科医師

医療職給料表(2)

局長(医療技術局長に限る。)、副局長(医療技術局の副局長に限る。)、部長(薬剤部長に限る。)、室長(中央放射線室長、中央検査室長、リハビリテーション室長、臨床工学室長及び栄養管理室長に限る。)、副部長、副室長(医療技術局の副室長に限る。)、主幹(医療技術局の主幹に限る。)、副主幹(医療技術局の副主幹に限る。)、臨床検査主任、薬剤主任、臨床心理主任、理学療法主任、作業療法主任、言語聴覚主任、視能訓練主任、臨床工学主任、管理栄養主任、歯科衛生主任、診療放射線主任、臨床検査技師、薬剤師、臨床心理士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、視能訓練士、臨床工学技士、管理栄養士、歯科衛生士及び診療放射線技師

医療職給料表(3)

副院長(看護師の職務に従事する職員に限る。)、局長(看護局長に限る。)、副局長(看護局の副局長に限る。)、センター長(地域連携センター長に限る。)、副センター長(看護師の職務に従事する職員に限る。)、副室長(医療安全対策室の副室長に限る。)、看護師長、副看護師長、看護主任、看護師、准看護師及び助産師

特定任期付職員給料表(別表第2の2)

病院局特定任期付職員

現業職給料表(別表第3)

運行管理主任、物流管理主任、メッセンジャー長、ボイラ技士長、調理師長、副調理師長、現業主事、自動車整備士、運転士、交換手、ボイラ技士、調理師、調理員及び医療助手

2 職員(職員のうち、病院局特定任期付職員以外のものをいう。第4条において同じ。)の職務は、その複雑、困難及び責任の度に基づき、別表第4から別表第6までの級別職務分類表により分類するものとする。

3 地方公務員の育児休業等に関する法律(平成3年法律第110号)第10条第3項の規定により同条第1項に規定する育児短時間勤務の承認を受けた職員(同法第17条の規定による短時間勤務をすることとなった職員を含む。以下「育児短時間勤務職員等」という。)の給料月額は、第1項及び第5条の規定にかかわらず、これらの規定による給料月額に、職員の勤務時間、休暇等に関する条例(平成6年鳥取県条例第35号。以下「勤務時間条例」という。)第2条第2項の規定の適用を受ける育児短時間勤務職員等の例により定められたその者の勤務時間を同条第1項に規定する勤務時間で除して得た数を乗じて得た額(その額に1円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てた額)とする。

4 地方公務員法第28条の5第1項に規定する短時間勤務の職を占める職員(以下「短時間勤務職員」という。)の給料月額は、その者に適用される給料表による給料月額に勤務時間条例第2条第3項から第5項までの規定の適用を受ける短時間勤務職員の例により定められたその者の勤務時間を同条第1項に規定する勤務時間で除して得た数(以下「勤務割合」という。)を乗じて得た額(その額に1円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てた額)とする。

(平13病管規程2・平14病管規程7・平14病管規程10・平14病管規程11・平15病管規程2・平16病管規程6・平17病管規程4・平17病管規程6・平17病管規程7・平18病管規程4・平19病管規程4・平20病管規程4・平21病管規程4・平22病管規程1・平22病管規程3・平23病管規程1・平23病管規程2・平24病管規程3・平25病管規程5・平27病管規程2・平27病管規程7・平29病管規程3・平30病管規程2・平30病管規程6・平31病管規程3・一部改正)

(職務の級)

第4条 職員の職務の級は、別表第4から別表第6までの級別職務分類表に基づき決定する。

(平13病管規程2・平17病管規程6・一部改正)

(初任給、昇格、昇給等の基準)

第5条 職員(職員のうち、病院局特定任期付職員、現業職員及び給料表の適用を受けない者で臨時的に任用する職員及び非常勤職員を除く全てのものをいう。)の初任給、昇格、昇給等に関する基準については、職員の給与に関する条例(昭和26年鳥取県条例第3号。以下「給与条例」という。)の適用を受ける者の例による。

2 現業職員の初任給、昇格、昇給等に関する基準については、現業職員の給与の種類及び基準に関する条例(昭和32年鳥取県条例第37号)の適用を受ける者の例による。

(平14病管規程11・一部改正、平18病管規程4・旧第6条繰上、平19病管規程4・平27病管規程2・平31病管規程3・一部改正)

(病院局特定任期付職員の号給の決定の基準)

第6条 病院局特定任期付職員の号給の決定の基準については、任期付職員条例第7条第1項に規定する特定任期付職員(以下「特定任期付職員」という。)の例による。

(平14病管規程11・追加、平16病管規程6・一部改正、平18病管規程4・旧第6条の2繰上)

(管理職手当)

第7条 条例第5条に規定する企業管理規程で定める職は、別表第7の左欄に掲げる職(管理者がこれに相当すると認める職を含む。以下この条及び第20条において同じ。)とする。

2 別表第7に掲げる職に係る管理職手当の区分は、同表の職欄の区分に応じ、それぞれ同表の区分欄に定める区分とする。

3 第1項に規定する職を占める職員に支給する管理職手当の月額は、当該職員に適用される給料表、当該職員の属する職務の級及び当該職に係る前項の規定による区分に応じ、それぞれ別表第8の管理職手当月額欄に定める額(勤務時間条例第2条第2項から第4項までの規定の適用を受ける育児短時間勤務職員等又は短時間勤務職員の例により勤務時間が定められた者にあっては同欄に定める額にその者の勤務時間を同条第1項に規定する勤務時間で除して得た数を乗じて得た額(その額に1円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てた額)とし、同条第5項の規定の適用を受ける短時間勤務職員の例により勤務時間が定められた者にあっては管理者が別に定める額)とする。

(平13病管規程2・平14病管規程7・平15病管規程2・平16病管規程6・平17病管規程4・平18病管規程4・平19病管規程4・平20病管規程11・平21病管規程4・一部改正)

(初任給調整手当)

第7条の2 初任給調整手当は、医療職給料表(1)の適用を受ける職員に対し、採用の日から35年間支給する。

2 初任給調整手当の月額は、初任給調整手当の支給に関する規則(昭和37年鳥取県人事委員会規則第10号)別表に掲げる額とする。この場合において、院長に対する同表の適用については、期間の区分欄に掲げる期間が28年以上29年未満であるものとする。

(平28病管規程4・追加)

(地域手当)

第8条 条例第8条に規定する企業管理規程で定める職員は、医療職給料表(1)の適用を受けるものとする。

(平7病管規程14・平18病管規程4・一部改正)

(住居手当)

第9条 条例第9条第1号に規定する企業管理規程で定める職員は、次に掲げる職員とする。

(1) 県が設置する公舎を貸与されている職員

(2) 県から貸与された職員のための住宅に居住している職員

(3) 国、他の地方公共団体若しくは国家公務員退職手当法施行令(昭和28年政令第215号)第9条の2各号に掲げる法人又はその他特別の法律により設置された法人で管理者が定めるものから貸与された職員宿舎に居住している職員

(4) 職員の扶養親族たる者(条例第7条に規定する扶養親族で届出がされている者に限る。以下この号において同じ。)が所有する住宅及び職員の配偶者(婚姻の届出をしていないが事実上婚姻関係と同様の事情にある者を含む。以下同じ。)、父母又は配偶者の父母で、職員の扶養親族たる者以外のものが所有し、又は借り受け、居住している住宅並びに管理者がこれらに準ずると認める住宅の全部又は一部を借り受けて当該住宅に居住している職員

2 条例第9条第2号に規定する企業管理規程で定める住宅は、第1項第1号に規定する公舎、同項第2号及び第4号に規定する住宅並びに同項第3号に規定する職員宿舎とする。

3 条例第9条第2号に規定する企業管理規程で定める職員は、給与条例の適用を受ける者の例による。

(平7病管規程14・平18病管規程9・平20病管規程8・平21病管規程8・一部改正)

(単身赴任手当)

第10条 条例第11条第1項及び第2項の企業管理規程で定めるやむを得ない事情、同条第1項本文及びただし書並びに第2項の企業管理規程で定める基準、同条第2項の任用の事情等を考慮して企業管理規程で定める職員並びに同条第2項同条第1項の規定による単身赴任手当を支給される職員との権衡上必要があると認められるものとして企業管理規程で定める職員は、給与条例の適用を受ける者の例による。

(特殊勤務手当の種類)

第11条 特殊勤務手当の種類は、次に掲げるとおりとする。

(1) 放射線取扱手当

(2) 防疫等業務手当

(3) 医療業務手当

(4) 夜間看護等手当

(5) 災害応急作業等手当

(6) 困難折衝業務手当

(平9病管規程1・平12病管規程5・平18病管規程4・平20病管規程8・平30病管規程2・令元病管規程1・一部改正)

(放射線取扱手当)

第12条 放射線取扱手当は、次に掲げる場合(月の1日から末日までの間に外部放射線を被曝し、その実効線量が100マイクロシーベルト以上であったことが管理者が定める測定方法により認められた場合に限る。)に支給する。

(1) 医療用放射線取扱作業に従事する診療放射線技師がエックス線その他の放射線を人体に対して照射する作業に従事したとき。

(2) 前号に掲げる職員に準ずる勤務を命ぜられた職員がエックス線その他の放射線を人体に対して照射する作業のうち次に掲げるものに従事したとき。

 透視

 治療、直接撮影又は間接撮影

2 前項の手当の額は、職員が業務に従事した月1月につき5,500円とする。

(平18病管規程4・一部改正)

(防疫等業務手当)

第13条 防疫等業務手当は、次に掲げる場合に支給する。

(1) 看護師又は准看護師が病院において感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(平成10年法律第114号。以下「感染症予防法」という。)第6条第2項、第3項、第7項及び第8項に定める感染症の患者(その疑いのある者を含む。以下同じ。)並びに同条第9項に定める新感染症の所見がある者に対して行う看護又は当該病原体の付着した物件若しくは付着の疑いのある物件の処理作業に従事したとき。

(2) 中央検査室の職員が結核菌その他の病原体を直接取り扱う業務に従事したとき。

(3) 中央放射線室の職員が病院において感染症予防法第6条第2項、第3項、第7項及び第8項に定める感染症の患者並びに同条第9項に定める新感染症の所見がある者に対して行う前条第1項第1号に定める業務又は当該病原体の付着した物件若しくは付着の疑いのある物件の処理作業に従事したとき。

(4) 運転士又は自動車整備士が感染症予防法第21条(感染症予防法第26条において準用する場合を含む。)又は第47条の規定に基づき感染症の患者又は新感染症の所見がある者を自動車で移送する業務に従事したとき。

(5) 職員が感染症予防法第6条第2項、第3項、第7項及び第9項に定める感染症並びに管理者がこれらに相当すると認める感染症の病原体に汚染されている区域において行う患者の看護、当該病原体の付着した物件若しくは付着の疑いのある物件の処理作業又は当該区域から患者を移送する業務(第1号から前号までの業務に該当するものを除く。)に従事したとき。

2 前項の手当の額は、次の各号に掲げる業務の区分に応じ、当該各号に定める額とする。

(1) 前項第1号及び第3号から第5号までの業務 職員が業務に従事した日1日につき 300円

(2) 前項第2号の業務 月額5,500円

(平11病管規程2・平12病管規程5・平14病管規程7・平18病管規程4・平20病管規程7・平20病管規程8・一部改正)

(医療業務手当)

第14条 医療業務手当は、医師(歯科医師を含む。)が患者又は患者から採取した検体に接し、医療業務に従事したときに支給する。

2 前項の手当の額は、別表第9の左欄に掲げる職種に対応する同表の右欄に定める額とする。ただし、産婦人科の医師に支給する場合にあっては、その額に分べんの業務1回につき1万円を加算した額とする。

(平12病管規程5・平13病管規程2・平16病管規程6・平18病管規程4・平19病管規程4・平20病管規程4・平27病管規程2・一部改正)

(夜間看護等手当)

第15条 夜間看護等手当は、次に掲げる場合に支給する。

(1) 病院に勤務する職員のうち医療職給料表(2)又は医療職給料表(3)の適用を受ける者が、正規の勤務時間による勤務の一部又は全部が深夜(午後10時後翌日の午前5時前の間をいう。次項において同じ。)において行われる看護等の医療業務に従事したとき。

(2) 病院に勤務する職員のうち管理者の定める職員が、正規の勤務時間以外の時間において、勤務の時間帯その他に関し管理者が定める特別な事情の下で救急医療等の業務に従事したとき。

2 前項の手当の額は、その勤務1回につき、次の各号に掲げる業務の区分に応じ、それぞれ当該各号に定める額とする。

(1) 前項第1号の業務 次に掲げる勤務の区分に応じ、それぞれに定める額

 その勤務時間が深夜の全部を含む勤務 7,300円(月の勤務の全てが深夜の全部を含む勤務である場合は、9,700円)

 その勤務時間が深夜の一部を含む勤務

(ア) 深夜における勤務時間が4時間以上であるもの 3,550円(月の勤務の全てが深夜を含む勤務である場合は、4,750円)

(イ) 深夜における勤務時間が2時間以上4時間未満であるもの 3,100円(月の勤務の全てが深夜を含む勤務である場合は、4,300円)

(ウ) 深夜における勤務時間が2時間未満であるもの 2,150円(月の勤務の全てが深夜を含む勤務である場合は、3,350円)

(2) 前項第2号の業務 1,620円

3 勤務の交替に伴う事情について特別の考慮を必要とすると管理者が認める場合における第1項第1号の業務に係る手当の額については、当分の間、前項第1号に定める額に1,140円の範囲内で当該事情に応じて管理者が定める額を加算した額とする。

(平8病管規程2・平9病管規程1・平14病管規程7・平20病管規程1・平24病管規程3・平28病管規程4・平30病管規程2・平30病管規程4・一部改正)

(災害応急作業等手当)

第16条 災害応急作業等手当は、職員が次に掲げる業務に従事したときに支給する。

(1) 災害対策基本法(昭和36年法律第223号)、大規模地震対策特別措置法(昭和53年法律第73号)その他の法令に基づき設定され、立入禁止、退去命令等の措置がなされた区域(当該区域の設定又は拡大が行われた場合において、その設定又は拡大が行われた時までの間における当該区域と同一の地域を含む。)において、災害に対応した医療の提供等のために派遣されて行う業務のうち管理者の定めるもの

(2) 航空機に搭乗して行う救急搬送その他の業務

2 前項の手当の額は、次の各号に掲げる業務の区分に応じ、それぞれ当該各号に定める額とする。

(1) 前項第1号の業務 職員が業務に従事した日1日につき1,200円

(2) 前項第2号の業務 職員が業務に従事した時間1時間につき1,200円

3 前項の規定にかかわらず、管理者が著しく危険であると認める区域で行われた場合の第1項第1号の業務に対する手当の額は、前項第1号に定める額にその額の100分の100(当該業務が日没時から日出時までの間において行われた場合にあっては、100分の150)に相当する額を加算した額とする。

(平30病管規程2・全改)

(困難折衝業務手当)

第17条 困難折衝業務手当は、職員が鳥取県病院局財務規程(平成7年鳥取県病院局管理規程第12号)第18条の規定による督促を受けた者その他の病院に債務を有する者を訪問し、接見して行う心身に著しい負担を与える徴収又は折衝の業務に従事したときに支給する。

2 前項の手当の額は、職員が業務に従事した日1日につき600円とする。ただし、当該業務が積極的な加害意思を持った相手方に対し行われ、職員の身体又は生命に重大な危険を及ぼすと管理者が認める場合にあっては、1,200円とする。

(平18病管規程4、令元病管規程1・一部改正)

(手当の支給の特例)

第17条の2 第13条の規定により特殊勤務手当が支給される業務(同条第1項第2号の業務に限る。)又は第14条の規定により特殊勤務手当が支給される業務に短時間勤務職員が従事した場合における当該業務に係る特殊勤務手当の額は、それぞれ第13条第2項又は第14条第2項本文の規定により算定した額に勤務割合を乗じて得た額(その額に1円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てた額)とする。ただし、産婦人科の医師に支給する場合にあっては、その額に分べんの業務1回につき1万円を加算した額とする。

2 月の1日から末日までの間において前項に規定する特殊勤務手当が支給される業務に従事した日数が15にその者の1週間当たりの勤務日(勤務時間条例第5条に規定する勤務日をいう。以下同じ。)の日数を5で除して得た数(以下この項において「算出率」という。)を乗じて得た日数(その日数に1日未満の端数があるときは、これを四捨五入して得た日数。以下この項において同じ。)未満である場合における当該特殊勤務手当の額は、次の各号に掲げる当該業務に従事した日数の区分に応じ、それぞれ当該各号に定める率をそれぞれ第13条第2項若しくは第14条第2項本文又は前項本文の規定により算定した額に乗じて得た額(その額に1円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てた額)とする。ただし、産婦人科の医師に支給する場合にあっては、その額に分べんの業務1回につき1万円を加算した額とする。

(1) 8に算出率を乗じて得た日数以上15に算出率を乗じて得た日数未満 100分の60

(2) 1日以上8に算出率を乗じて得た日数未満 100分の30

3 前条の規定により特殊勤務手当が支給される業務(同条第2項ただし書に該当する業務を除く。)に従事した時間が1日について4時間に満たない場合におけるその日の当該特殊勤務手当の額は、同項本文に規定する額に100分の60を乗じて得た額とする。

(令元病管規程1・追加)

(休日勤務手当)

第18条 条例第15条第1項に規定する企業管理規程で定める日は、次の各号に定める日とする。

(1) 勤務時間条例第11条に規定する祝日法による休日(勤務時間条例第12条第1項の規定により代休日を指定されて、当該休日に割り振られた勤務時間の全部を勤務した職員にあっては、当該休日に代わる代休日)

(2) 勤務時間条例第11条に規定する年末年始の休日(勤務時間条例第12条第1項の規定により代休日を指定されて、当該休日に割り振られた勤務時間の全部を勤務した職員にあっては、当該休日に代わる代休日)

(3) 勤務時間条例第3条第1項又は第4条の規定に基づき毎日曜日を週休日と定められている職員以外の職員にあっては、勤務時間条例第11条に規定する祝日法による休日が勤務時間条例第4条又は第5条の規定に基づく週休日に当たるときは、職員の給与の支給に関する規則(昭和27年鳥取県人事委員会規則第3号。以下「給与支給規則」という。)第21条の2第1項に規定する日

(平12病管規程5・旧第20条繰上、平13病管規程2・平19病管規程4・一部改正)

(宿日直手当)

第19条 宿日直手当を支給する勤務は、病院における次に掲げるものとする。

(1) 入院患者の病状の急変等に対処するための医師又は歯科医師の当直勤務

(2) 看護業務の管理又は監督のための看護師長等の当直勤務

(3) 救急の外来患者及び入院患者に関する緊急の医療技術業務の処理等のための薬剤師、診療放射線技師、臨床検査技師又は臨床工学技士の当直勤務

(4) 救急の外来患者及び入院患者に関する緊急の事務処理等のための当直勤務

2 前項に規定する勤務を命ぜられた職員に支給する宿日直手当の額は、同項各号に掲げる勤務に応じ、当該勤務1回につき次の各号に掲げる額とする。ただし、勤務時間が5時間未満の場合は、当該各号に掲げる額に100分の50を乗じて得た額とする。

(1) 前項第1号に規定する宿日直勤務については、2万1,000円

(2) 前項第2号から第4号までに規定する宿日直勤務については、6,100円

3 前項の規定にかかわらず、執務が行われる時間が執務が通常行われる日の執務時間の2分の1に相当する時間である日で管理者が定めるものに退庁時から引き続いて行われる宿直勤務にあっては、その額は、9,150円(入院患者の病状の急変等に対処するための医師又は歯科医師の宿直勤務にあっては3万1,500円)を超えない範囲内において管理者が定める額とする。

(平7病管規程14・平8病管規程2・平9病管規程3・平10病管規程2・平11病管規程7・一部改正、平12病管規程5・旧第21条繰上、平14病管規程7・平19病管規程4・平20病管規程7・平24病管規程3・平31病管規程3・一部改正)

(管理職員特別勤務手当)

第20条 条例第18条第1号の企業管理規程で定める職員は、別表第7の左欄に掲げる職にある職員とする。

2 条例第18条第1号の企業管理規程で定める日は、第18条第1号及び第2号に規定する日とする。

3 管理職員特別勤務手当の額については、第1項に規定する職員にあっては別表第7の右欄に掲げる区分に応じ、病院局特定任期付職員にあっては給料の号給又は給料月額に応じ、給与条例の適用を受ける職員又は特定任期付職員の例による。この場合において、同表中「4種」とあるのは、「6種」とする。

(平12病管規程5・旧第22条繰上、平14病管規程7・平14病管規程11・平15病管規程2・平16病管規程6・平17病管規程4・平18病管規程4・平20病管規程4・平26病管規程7・一部改正)

(期末手当及び勤勉手当)

第21条 条例第19条及び条例第20条の企業管理規程で定める職員は、給与条例の適用を受ける者の例により管理者が定める職員とする。

(平12病管規程5・旧第23条繰上)

(特定任期付職員業績手当)

第21条の2 病院局特定任期付職員に対する特定任期付職員業績手当の支給は、特定任期付職員の例による。

(平14病管規程11・追加)

(勤務1時間当たりの給与額の算出)

第22条 条例第14条から第16条までの手当を支給する場合の勤務1時間当たりの給与額は、給料の月額、これに対する地域手当の月額及び初任給調整手当の月額の合計額に12を乗じ、その額を1週間当たりの勤務時間に52を乗じた時間数から465分に18を乗じて60で除して得た時間数(勤務時間条例第2条第2項から第4項までの規定の適用を受ける育児短時間勤務職員等又は短時間勤務職員の例により勤務時間が定められた者にあってはその者の勤務時間をその者の1週間当たりの勤務日の日数で除して得た時間に、18にその者の1週間当たりの勤務日の日数を5で除して得た数を乗じて得た数を乗じて得た時間数とし、同条第5項の規定の適用を受ける短時間勤務職員の例により勤務時間が定められた者にあっては管理者が別に定める時間数とする。)を減じたもので除して得た額(職員の勤務が次の各号に掲げる特殊勤務手当の支給の対象となる勤務であるときは、その額にそれぞれ当該各号に定める額を加算した額)とする。

(1) 防疫等業務手当(第13条第1項第1号及び第3号から第5号までの業務に対するものに限る。)、災害応急作業等手当(第16条第1項第1号の業務に対するものに限る。)及び困難折衝業務手当 第13条第2項第1号第16条第2項第1号第17条第2項及び第17条の2第3項に定める額を7.75で除して得た額

(2) 放射線取扱手当、防疫等業務手当(第13条第1項第2号の業務に対するものに限る。)及び医療業務手当(産婦人科の医師の分べんの業務に対するものを除く。) 第12条第2項第13条第2項第2号及び第14条第2項本文に定める額に12を乗じて得た額を、により求められる数から、により求められる数ににより求められる数を乗じて得た数を減じた数で除して得た額

 その者の1週間当たりの勤務時間の時間数に52を乗じて得た数

 その者の1週間当たりの勤務時間の時間数をその者の1週間当たりの勤務日の日数で除して得た数

 18にその者の1週間当たりの勤務日の日数を5で除して得た数を乗じて得た数

(3) 医療業務手当(産婦人科の医師の分べんの業務に対するものに限る。) 第14条第2項に定める額に12を乗じて得た額を、前号アにより求められる数から、同号イにより求められる数に同号ウにより求められる数を乗じて得た数を減じた数で除して得た額

(4) 災害応急作業等手当(第16条第1項第2号の業務に対するものに限る。) 第16条第2項第2号に定める額

2 条例第22条に規定する勤務1時間当たりの給与額は、給料の月額及びこれに対する地域手当の月額の合計額に12を乗じ、その額を1週間当たりの勤務時間に52を乗じたもので除して得た額とする。

(平11病管規程5・一部改正、平12病管規程5・旧第24条繰上、平13病管規程2・平16病管規程6・平18病管規程4・平20病管規程4・平21病管規程4・平27病管規程4・平30病管規程2・令元病管規程1・一部改正)

(部分休業)

第22条の2 条例第22条第2項の企業管理規程で定める休業は、地方公務員の育児休業等に関する法律第19条第1項に規定する部分休業の例による休業とする。

(平28病管規程4・追加)

(介護休暇)

第23条 条例第22条第2項の企業管理規程で定める休暇は、職員が、次の各号に掲げる者(第8号に掲げる者にあっては、職員と同居しているものに限る。)で負傷、疾病又は老齢により2週間以上の期間にわたり日常生活を営むのに支障があるものの介護をするため、勤務しないことが相当であると認められる場合における休暇とする。

(1) 配偶者

(2) 父母

(3) 

(4) 配偶者の父母

(5) 祖父母

(6) 

(7) 兄弟姉妹

(8) 職員又は配偶者との間において事実上父母と同様の関係にあると認められる者及び職員との間において事実上子と同様の関係にあると認められる者で管理者が定めるもの

(平12病管規程5・旧第25条繰上、平28病管規程5・一部改正)

(海外随伴休暇)

第24条 条例第22条第3項の企業管理規程で定める休暇は、職員(地方公務員法第28条の4第1項、第28条の5第1項又は第28条の6第1項若しくは第2項の規定により採用された職員(以下「再任用職員」という。)を除く。)が、海外勤務を命ぜられた配偶者に随伴するため、勤務しないことが相当であると認められる場合における休暇とする。

(平12病管規程5・旧第26条繰上、平13病管規程2・平17病管規程6・一部改正)

(給与からの控除)

第25条 職員の給与の支給に際しては、その給与から給与条例第16条の13各号及び次に掲げるものの額に相当する額を控除することができる。

(1) 鳥取県現業公企職員労働組合の組合費

(2) 病院現場の特殊性を考慮して、人事労務管理上又は組織運営上管理者が必要と認める病院の親睦会費又は医局費

(3) 社団法人鳥取県医師会(昭和22年11月28日に社団法人鳥取県医師会という名称で設立された法人をいう。)、社団法人鳥取県東部医師会(昭和47年4月22日に社団法人鳥取県東部医師会という名称で設立された法人をいう。)又は社団法人鳥取県中部医師会(昭和22年12月5日に社団法人鳥取県中部医師会という名称で設立された法人をいう。)の会費

(平19病管規程4・追加、平20病管規程10・平21病管規程4・平21病管規程6・平25病管規程5・一部改正、平28病管規程4・旧第25条の2繰上)

(給与の支給方法等)

第26条 この企業管理規程に定めるものを除くほか、職員の給与の額、支給方法その他給与の支給に関しては、給与条例の適用を受ける者及び特定任期付職員の例による。

(平12病管規程5・旧第27条繰上、平14病管規程11・一部改正、平16病管規程7・旧第25条繰下)

附 則

この規程は、平成7年4月1日から施行する。

(平25病管規程8・旧附則・一部改正、平26病管規程7・旧第1項・一部改正)

附 則(平成7年病管規程第14号)

(施行期日等)

1 この企業管理規程は、公布の日から施行する。ただし、第5条第2項、第9条、第21条及び別表第8の改正規定並びに附則第9項及び第10項の規定は平成8年1月1日から、第8条の改正規定は平成8年4月1日から施行する。

2 この企業管理規程(前項ただし書に規定する改正規定を除く。附則第4項について同じ。)による改正後の病院局企業職員の給与に関する規程(以下「改正後の規程」という。)の規定は、平成7年4月1日から適用する。

(最高号給の切替え等)

3 平成7年4月1日(以下「切替日」という。)の前日において職務の級における最高の号給又は最高の号給を超える給料月額を受けていた職員の切替日における号給又は給料月額及びこれらを受ける期間に通算されることとなる期間は、管理者が定める。

(切替期間における異動者の号給等)

4 切替日からこの企業管理規程の施行の日(以下「施行日」という。)の前日までの間において、この企業管理規程による改正前の鳥取県病院局企業職員の給与に関する規程(以下「改正前の規程」という。)の規定により、新たに給料表の適用を受けることとなった職員及びその属する職務の級又はその受ける号給若しくは給料月額に異動のあった職員のうち、管理者の定める職員の、改正後の規程の規定による当該適用の日又は異動の日における号給又は給料月額及びこれらを受けることとなる期間は、管理者が定める。

(切替日前の異動者の号給等の調整)

5 切替日前に職務の級を異にして異動した職員及び管理者の定めるこれに準ずる職員の切替日における号給又は給料月額及びこれらを受けることとなる期間については、その者が切替日において職務の級を異にする異動をしたものとした場合との権衡上必要と認められる限度において、管理者は必要な調整を行うことができる。

(職員が受けていた号給等の基礎)

6 前3項の規定の適用については、職員が属していた職務の級及びその者が受けていた号給又は給料月額は、改正前の規程に従って定められたものでなければならない。

(施行日から平成8年3月31日までの間における異動者の号給等の調整)

7 施行日から平成8年3月31日までの間において、新たに給料表の適用を受けることとなった職員及びその属する職務の級又はその受ける号給若しくは給料月額に異動のあった職員の当該適用の日又は異動の日における号給又は給料月額及びこれらを受けることとなる期間については、当該適用又は異動について、まず改正前の規程の規定が適用され、次いで当該適用の日又は異動の日から改正後の規程の規定が適用されるものとした場合との権衡上必要と認められる限度において、管理者は必要な調整を行うことができる。

(給与の内払)

8 改正後の規程の規定を適用する場合においては、改正前の規程の規定に基づいて支給された給与は、改正後の規程の規定による給与の内払とみなす。

(職員の給料の調整額に関する経過措置)

9 平成15年1月1日(以下「新基準日」という。)の前日において給料の調整を行う職を占める職員のうち、同日に受ける給料月額(新基準日以後に管理者の定める異動をした職員にあっては、管理者の定める給料月額。以下この項において「基礎給料月額」という。)及び基礎給料月額に基づき新基準日の前日における鳥取県病院局企業職員の給与に関する規程等の一部を改正する規程(平成14年鳥取県病院局管理規程第11号。以下「平成14年改正規程」という。)による改正前の鳥取県病院局企業職員の給与に関する規程(以下「平成14年改正前の規程」という。)第5条第2項の規定により算出した額の合計額から基礎給料月額と新基準日の前日に受ける職務の級及び号給の平成8年1月1日において適用される給料月額(新基準日の前日に受ける職務の級の号給が平成8年1月1日における当該職務の級の最高の号給の号数を超える号数である職員及び新基準日の前日に受ける給料月額が職務の級の最高の号給の給料月額を超える給料月額である職員並びに新基準日以後に管理者の定める異動をした職員にあっては、管理者の定める給料月額。以下この項において「旧基準日の対応給料月額」という。)との差額の2分の1を減じた額(以下この項において「改正後の仮定給料の月額」という。)が、旧基準日の対応給料月額及び旧基準日の対応給料月額を算出の基礎としてこの規程による改正前の鳥取県病院局企業職員の給与に関する規程(以下「改正前の規程」という。)第5条第2項の規定の例により得られる額の合計額(以下この項において「改正前の仮定給料の月額」という。)に達しない職員の給料の調整額は、平成14年改正規程による改正後の鳥取県病院局企業職員の給与に関する規程(以下「平成14年改正後の規程」という。)第5条第2項の規定にかかわらず、平成18年3月31日までの間において引き続き当該職又は当該職と平成14年改正後の規程別表第7の調整数欄に掲げる調整数(以下「調整数」という。)が同一である職を占める間、同項の規定により算出した額に、改正前の仮定給料の月額と改正後の仮定給料の月額との差額に附則別表の左欄に掲げる期間の区分に応じ同表の右欄に定める割合を乗じて得た額(その額に1円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てた額)を加えた額とする。

(平14病管規程11・全改)

10 新基準日以後に新たに給料の調整を行う職を占めることとなった職員(新基準日以後に新たに職員となった者を除く。)の給料の調整額については、当該職に係る調整数を新基準日の前日における当該職員に係る調整数とみなして、前項の規定を準用する。

(平14病管規程11・全改)

11 新基準日以後に新たに給料の調整を行う職を占めることとなった職員(新基準日以後に新たに職員となった者に限る。)のうち、当該職に係る調整数を新基準日の前日における当該職員に係る調整数とみなした場合に、新たに職員となった日(管理者の定める職員にあっては、管理者の定める日。以下この項において同じ。)に受ける職務の級及び号給の新基準日の前日において適用される給料月額(新たに職員となった日に受ける給料月額が職務の級の最高の号給の給料月額を超える給料月額である職員及び新たに職員となった日後に管理者の定める異動をした職員にあっては、管理者の定める給料月額。以下この項において「みなし基礎給料月額」という。)及びみなし基礎給料月額に基づき新基準日の前日における平成14年改正前の規程第5条第2項の規定により算出した額の合計額からみなし基礎給料月額と新たに職員となった日に受ける職務の級及び号給の平成8年1月1日において適用される給料月額(新たに職員となった日に受ける職務の級の号給が平成8年1月1日における当該職務の級の最高の号給の号数を超える号数の号給である職員及び新たに職員となった日に受ける給料月額が職務の級の最高の号給の給料月額を超える給料月額である職員並びに新たに職員となった日後に管理者の定める異動をした職員にあっては、管理者の定める給料月額。以下この項において「旧基準日の対応給料月額」という。)との差額の2分の1を減じた額(以下この項において「改正後の仮定給料の月額」という。)が、旧基準日の対応給料月額及び旧基準日の対応給料月額を算出の基礎として改正前の規程第5条第2項の規定の例により得られる額の合計額(以下この項において「改正前の仮定給料の月額」という。)に達しない職員の給料の調整額は、平成14年改正後の規程第5条第2項の規定にかかわらず、平成18年3月31日までの間において引き続き当該職又は当該職と調整数が同一である職を占める間、同項の規定により算出した額に、改正前の仮定給料の月額と改正後の仮定給料の月額との差額に附則別表の左欄に掲げる期間の区分に応じ同表の右欄に定める割合を乗じて得た額(その額に1円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てた額)を加えた額とする。

(平14病管規程11・追加)

12 新基準日の前日において給料の調整を行う職を占める職員であった者で新基準日以後に調整数が異なる職に異動したもの又は新基準日以後に新たに給料の調整を行う職を占めることとなった職員で当該職を占めることとなった日後に調整数が異なる職に異動したものの給料の調整額については、これらの異動後の職に係る調整数を新基準日の前日におけるこれらの職員に係る調整数とみなして、附則第9項(新基準日以後に新たに職員となった者にあっては、前項)の規定を準用する。

(平14病管規程11・追加)

(その他)

13 附則第3項から前項までに定めるもののほか、この企業管理規程の施行に関し必要な事項は、管理者が定める。

(平14病管規程11・旧第11項繰下)

附則別表

(平14病管規程11・追加)

平成15年1月1日から同年3月31日まで

100分の100

平成15年4月1日から平成16年3月31日まで

100分の75

平成16年4月1日から平成17年3月31日まで

100分の50

平成17年4月1日から平成18年3月31日まで

100分の25

附 則(平成8年病管規程第2号)

(施行期日等)

1 この企業管理規程は、公布の日から施行する。ただし、第1条中鳥取県病院局企業職員の給与に関する規程(以下「給与規程」という。)第21条の改正規定は、平成9年1月1日から施行する。

2 第1条の規定(前項ただし書に規定する改正規定を除く。附則第6項において同じ。)による改正後の給与規程(以下「改正後の規程」という。)及び第2条の規定による改正後の鳥取県病院局企業職員の給与に関する規程の一部を改正する企業管理規程(以下「改正後の一部改正規程」という。)の規定は、平成8年4月1日から適用する。

(特定の号給の切替え等)

3 医療職給料表(1)の適用を受ける職員で平成8年4月1日(以下「切替日」という。)の前日においてその者の受ける号給(以下「旧号給」という。)が附則別表の旧号給欄に掲げられている号給である職員(附則第5項に規定する職員を除く。以下「特定号給職員」という。)のうち、旧号給が附則別表の期間欄に期間の定めのない号給である職員及び旧号給が同欄に期間の定めのある職員で切替日において旧号給を受けていた期間(管理者が定める職員にあっては、管理者の定める期間。次項において同じ。)が旧号給に対応する同欄に定める期間に達しているものの切替日における号給は、旧号給に対応する附則別表の新号給欄に定める号給とする。

4 特定号給職員のうち、旧号給が附則別表の期間欄に期間の定めのある号給である職員で切替日において旧号給を受けていた期間が旧号給に対応する同欄に定める期間に達していないものは、平成8年7月1日、同年10月1日又は平成9年1月1日のうち、切替日から起算してそれらの期間の差に相当する期間を経過した日以後の直近の日に、旧号給に対応する附則別表の新号給欄に定める号給を受けるものとし、その者の切替日から当該直近の日の前日までの間における給料月額は、旧号給に対応する附則別表の暫定給料月額欄に定める額とする。

(最高号給の切替え等)

5 切替日の前日において職務の級における最高の号給又は最高の号給を超える給料月額を受けていた職員の切替日における号給又は給料月額及びこれらを受ける期間に通算されることとなる期間は、管理者が定める。

(切替期間における異動者の号給等)

6 切替日から第1条の規定の施行の日(附則第10項及び附則第12項において「施行日」という。)の前日までの間において、第1条の規定による改正前の給与規程(以下「改正前の規程」という。)の規定により、新たに給料表の適用を受けることとなった職員及びその属する職務の級又はその受ける号給若しくは給料月額に異動のあった職員のうち、管理者の定める職員の、改正後の規程の規定による当該適用又は異動の日(次項において「異動日」という。)における号給又は給料月額及びこれらを受けることとなる期間は、管理者が定める。この場合において、その給料月額が附則別表の暫定給料月額欄に定める額とされた職員の当該給料月額を受けることがなくなった日における号給は、管理者が定める。

7 前項の規定により異動日における号給を決定される職員のうち、同項の規定による号給の額が改正前の規程の規定により異動日において受けていた給料月額(以下この項において「旧給料月額」という。)に達しない職員の当該号給を受ける間の給料月額は、改正後の規程別表第2アの給料表の額にかかわらず、旧給料月額とする。

(切替日前の異動者の号給等の調整)

8 切替日前に職務の級を異にして異動した職員及び管理者の定めるこれに準ずる職員の切替日における号給又は給料月額及びこれらを受けることとなる期間については、その者が切替日において職務の級を異にする異動等をしたものとした場合との権衡上必要と認められる限度において、管理者は必要な調整を行うことができる。この場合においては、附則第6項後段の規定を準用する。

(職員が受けていた号給等の基礎)

9 附則第3項から前項までの規定の適用については、職員が属していた職務の級及びその者が受けていた号給又は給料月額は、改正前の規程に従って定められたものでなければならない。

(施行日から平成9年3月31日までの間における異動者の号給等の調整)

10 施行日から平成9年3月31日までの間において、新たに給料表の適用を受けることとなった職員及びその属する職務の級又はその受ける号給若しくは給料月額に異動のあった職員の当該適用又は異動の日における号給又は給料月額及びこれらを受けることとなる期間については、当該適用又は異動について、まず改正前の規程の規定が適用され、次いで当該適用又は異動の日から改正後の規程の規定が適用されるものとした場合との権衡上必要と認められる限度において、管理者は必要な調整を行うことができる。

(給与の内払)

11 改正後の規程の規定を適用する場合においては、改正前の規程の規定に基づいて支給された給与は、改正後の規程の規定による給与の内払とみなす。

(職員の給料の調整額に関する経過措置)

12 切替日から施行日の前日までの間において、改正前の規程の規定により、新たに給料表の適用を受けることとなった職員及びその属する職務の級又はその受ける号給に異動のあった職員のうち、第2条の規定による改正前の鳥取県病院局企業職員の給与に関する規程の一部を改正する企業管理規程(以下「改正前の一部改正規程」という。)附則第9項の適用を受けた職員で、当該給料表の適用又は異動の日における改正後の規程の規定による給料月額及び当該給料月額を基礎とした改正後の規程第5条第2項又は改正後の一部改正規程附則第9項の規定による給料の調整額の合計額(以下「改正後の給料の月額」という。)が同日において受けていた改正前の規程の規定による給料月額及び当該給料月額を基礎とした改正前の一部改正規程附則第9項の規定による給料の調整額の合計額(以下「改正前の給料の月額」という。)に達しないものの給料の調整額は、改正後の規程第5条第2項及び改正後の一部改正規程附則第9項の規定にかかわらず、改正後の給料の月額が同日における改正前の給料の月額に達するまでの間、これらの規定による給料の調整額に改正前の給料の月額と改正後の給料の月額との差額を加えた額とする。

(その他)

13 附則第3項から前項までに定めるもののほか、この企業管理規程の施行に関し必要な事項は、管理者が定める。

附則別表 特定号給職員の号給の切替表(附則第3項―第5項関係)

旧号給

職務の級

1級

2級

3級

新号給

期間

暫定給料月額

新号給

期間

暫定給料月額

新号給

期間

暫定給料月額

 

 

 

 

1

 

 

1

 

 

1

9

334,900

2

2

 

 

2

3

308,300

1

 

 

3

3

 

 

3

6

320,400

2

3

360,000

4

4

3

257,000

4

9

332,700

3

6

372,600

5

5

6

268,500

4

 

 

4

9

385,200

6

6

9

280,500

5

3

357,500

4

 

 

7

6

 

 

6

6

369,900

5

 

 

8

7

3

304,600

7

9

382,400

6

 

 

9

8

6

316,600

7

 

 

7

 

 

10

9

9

328,300

8

 

 

8

 

 

11

9

 

 

9

 

 

9

 

 

12

10

3

348,000

10

 

 

10

 

 

13

11

6

357,600

11

 

 

11

 

 

14

12

9

367,100

12

 

 

12

 

 

15

12

 

 

13

 

 

13

 

 

16

13

 

 

14

 

 

14

 

 

17

14

 

 

15

 

 

15

 

 

18

15

 

 

16

 

 

16

 

 

19

16

 

 

17

 

 

17

 

 

20

17

 

 

18

 

 

18

 

 

21

18

 

 

19

 

 

19

 

 

22

 

 

 

20

 

 

20

 

 

23

 

 

 

21

 

 

21

 

 

24

 

 

 

22

 

 

22

 

 

25

 

 

 

23

 

 

23

 

 

26

 

 

 

24

 

 

24

 

 

附 則(平成9年病管規程第1号)

この企業管理規程は、平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成9年病管規程第3号)

(施行期日等)

1 この規程は、公布の日から施行する。ただし、第21条の改正規定は、平成10年1月1日から施行する。

2 この規程(第21条の改正規定を除く。附則第4項において同じ。)による改正後の鳥取県病院局企業職員の給与に関する規程(以下「改正後の規程」という。)の規定は、平成9年4月1日から適用する。

(最高号給を超える給料月額の切替え等)

3 平成9年4月1日(以下「切替日」という。)の前日において職務の級における最高の号給を超える給料月額を受けていた職員の切替日における給料月額は、その者の切替日の前日における給料月額に対応する附則別表のイからホまでの表の新給料月額欄に定める給料月額とし、これを受ける期間に通算されることとなる期間は、管理者が定める。

(切替期間における異動者の号給等)

4 切替日からこの規程の施行の日の前日までの間において、この規程による改正前の鳥取県病院局企業職員の給与に関する規程(以下「改正前の規程」という。)の規定により、新たに給料表の適用を受けることとなった職員及びその属する職務の級又はその受ける号給若しくは給料月額に異動のあった職員のうち、管理者の定める職員の、改正後の規程の規定による当該適用又は異動の日における号給又は給料月額及びこれらを受けることとなる期間は、管理者が定める。

(給与の内払)

5 改正後の規程の規定を適用する場合においては、改正前の規程の規定に基づいて支給された給与は、改正後の規程の規定による給与の内払とみなす。

(委任)

6 前3項に定めるもののほか、この規程の施行に関し必要な事項は、管理者が定める。

附則別表 最高号給を超える給料月額の切替表

ア 行政職給料表の適用を受ける職員

1級

2級

3級

4級

5級

6級

7級

8級

9級

10級

11級

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

190,800

192,900

247,800

250,600

325,600

327,200

374,600

376,500

392,700

394,700

429,300

431,500

440,000

442,300

465,000

467,400

502,800

505,300

527,600

530,100

597,600

600,100

192,400

194,500

249,800

252,600

327,800

329,300

377,000

378,900

395,500

397,500

432,900

435,100

443,700

446,000

468,800

471,200

507,100

509,600

532,200

534,700

602,400

604,900

194,000

196,100

251,800

254,600

330,000

331,400

379,400

381,300

398,300

400,300

436,500

438,700

447,400

449,700

472,600

475,000

511,400

513,900

536,800

539,300

607,200

609,700

195,600

197,700

253,800

256,600

332,200

333,500

381,800

383,700

401,100

403,100

440,100

442,300

451,100

453,400

476,400

478,800

515,700

518,200

541,400

543,900

612,000

614,500

197,200

199,300

255,800

258,600

334,400

335,600

384,200

386,100

403,900

405,900

443,700

445,900

454,800

457,100

480,200

482,600

520,000

522,500

546,000

548,500

616,800

619,300

イ 医療職給料表(1)の適用を受ける職員

1級

2級

3級

4級

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

418,500

423,500

529,400

532,100

588,100

590,700

622,600

625,200

421,600

426,500

533,100

535,800

592,400

595,000

627,400

630,000

424,700

429,500

536,800

539,500

596,700

599,300

632,200

634,800

427,800

432,500

540,500

543,200

601,000

603,600

637,000

639,600

430,900

435,500

544,200

546,900

605,300

607,900

641,800

644,400

ウ 医療職給料表(2)の適用を受ける職員

1級

2級

3級

4級

5級

6級

7級

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

244,500

247,100

309,000

311,400

377,000

379,300

396,000

398,400

435,000

437,600

465,000

467,400

504,900

507,400

246,500

249,000

311,200

313,500

379,400

381,700

398,800

401,200

438,600

441,200

468,800

471,200

509,200

511,700

248,500

250,900

313,400

315,600

381,800

384,100

401,600

404,000

442,200

444,800

472,600

475,000

513,500

516,000

250,500

252,800

315,600

317,700

384,200

386,500

404,400

406,800

445,800

448,400

476,400

478,800

517,800

520,300

252,500

254,700

317,800

319,800

386,600

388,900

407,200

409,600

449,400

452,000

480,200

482,600

522,100

524,600

エ 医療職給料表(3)の適用を受ける職員

1級

2級

3級

4級

5級

6級

7級

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

327,300

329,100

377,500

379,600

405,900

408,300

418,300

420,800

439,200

441,800

500,000

502,500

524,900

527,400

329,500

331,200

379,900

382,000

408,400

410,800

420,900

423,400

441,900

444,500

503,700

506,200

528,900

531,400

331,700

333,300

382,300

384,400

410,900

413,300

423,500

426,000

444,600

447,200

507,400

509,900

532,900

535,400

333,900

335,400

384,700

386,800

413,400

415,800

426,100

428,600

447,300

449,900

511,100

513,600

536,900

539,400

336,100

337,500

387,100

389,200

415,900

418,300

428,700

431,200

450,000

452,600

514,800

517,300

540,900

543,400

オ 現業職給料表の適用を受ける職員

1級

2級

3級

4級

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

392,700

394,700

429,300

431,500

440,000

442,300

465,000

467,400

395,500

397,500

432,900

435,100

443,700

446,000

468,800

471,200

398,300

400,300

436,500

438,700

447,400

449,700

472,600

475,000

401,100

403,100

440,100

442,300

451,100

453,400

476,400

478,800

403,900

405,900

443,700

445,900

454,800

457,100

480,200

482,600

附 則(平成10年病管規程第2号)

(施行期日等)

1 この規程は、公布の日から施行する。ただし、第21条の改正規定は、平成11年1月1日から施行する。

2 この規程(第21条の改正規定を除く。附則第4項において同じ。)による改正後の鳥取県病院局企業職員の給与に関する規程(以下「改正後の規程」という。)の規定は、平成10年4月1日から適用する。

(最高号給を超える給料月額の切替え等)

3 平成10年4月1日(以下「切替日」という。)の前日において職務の級における最高の号給を超える給料月額を受けていた職員の切替日における給料月額は、その者の切替日の前日における給料月額に対応する附則別表のイからホまでの表の新給料月額欄に定める給料月額とし、これを受ける期間に通算されることとなる期間は、管理者が定める。

(切替期間における異動者の号給等)

4 切替日からこの規程の施行の日の前日までの間において、この規程による改正前の鳥取県病院局企業職員の給与に関する規程(以下「改正前の規程」という。)の規定により、新たに給料表の適用を受けることとなった職員及びその属する職務の級又はその受ける号給若しくは給料月額に異動のあった職員のうち、管理者の定める職員の、改正後の規程の規定による当該適用又は異動の日における号給又は給料月額及びこれらを受けることとなる期間は、管理者が定める。

(給与の内払)

5 改正後の規程の規定を適用する場合においては、改正前の規程の規定に基づいて支給された給与は、改正後の規程の規定による給与の内払とみなす。

(委任)

6 前3項に定めるもののほか、この規程の施行に関し必要な事項は、管理者が定める。

附則別表 最高号給を超える給料月額の切替表

ア 行政職給料表の適用を受ける職員

1級

2級

3級

4級

5級

6級

7級

8級

9級

10級

11級

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

192,900

194,400

250,600

252,700

327,200

328,300

376,500

378,000

394,700

396,300

431,500

433,200

442,300

444,100

467,400

469,300

505,300

507,300

530,100

532,100

600,100

602,100

194,500

196,000

252,600

254,700

329,300

330,300

378,900

380,400

397,500

399,100

435,100

436,800

446,000

447,800

471,200

473,100

509,600

511,600

534,700

536,700

604,900

606,900

196,100

197,600

254,600

256,700

331,400

332,300

381,300

382,800

400,300

401,900

438,700

440,400

449,700

451,500

475,000

476,900

513,900

515,900

539,300

541,300

609,700

611,700

197,700

199,200

256,600

258,700

333,500

334,300

383,700

385,200

403,100

404,700

442,300

444,000

453,400

455,200

478,800

480,700

518,200

520,200

543,900

545,900

614,500

616,500

199,300

200,800

258,600

260,700

335,600

336,300

386,100

387,600

405,900

407,500

445,900

447,600

457,100

458,900

482,600

484,500

522,500

524,500

548,500

550,500

619,300

621,300

イ 医療職給料表(1)の適用を受ける職員

1級

2級

3級

4級

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

423,500

426,900

532,100

534,200

590,700

592,800

625,200

627,300

426,500

429,800

535,800

537,800

595,000

597,100

630,000

632,100

429,500

432,700

539,500

541,400

599,300

601,400

634,800

636,900

432,500

435,600

543,200

545,000

603,600

605,700

639,600

641,700

435,500

438,500

546,900

548,600

607,900

610,000

644,400

646,500

ウ 医療職給料表(2)の適用を受ける職員

1級

2級

3級

4級

5級

6級

7級

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

247,100

249,200

311,400

313,200

379,300

381,100

398,400

400,300

437,600

439,600

467,400

469,300

507,400

509,400

249,000

251,100

313,500

315,200

381,700

383,500

401,200

403,100

441,200

443,200

471,200

473,100

511,700

513,700

250,900

253,000

315,600

317,200

384,100

385,900

404,000

405,900

444,800

446,800

475,000

476,900

516,000

518,000

252,800

254,900

317,700

319,200

386,500

388,300

406,800

408,700

448,400

450,400

478,800

480,700

520,300

522,300

254,700

256,800

319,800

321,200

388,900

390,700

409,600

411,500

452,000

454,000

482,600

484,500

524,600

526,600

エ 医療職給料表(3)の適用を受ける職員

1級

2級

3級

4級

5級

6級

7級

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

329,100

330,500

379,600

381,300

408,300

410,200

420,800

422,800

441,800

443,900

502,500

504,500

527,400

529,400

331,200

332,500

382,000

383,700

410,800

412,700

423,400

425,400

444,500

446,600

506,200

508,200

531,400

533,400

333,300

334,500

384,400

386,100

413,300

415,200

426,000

428,000

447,200

449,300

509,900

511,900

535,400

537,400

335,400

336,500

386,800

388,500

415,800

417,700

428,600

430,600

449,900

452,000

513,600

515,600

539,400

541,400

337,500

338,500

389,200

390,900

418,300

420,200

431,200

433,200

452,600

454,700

517,300

519,300

543,400

545,400

オ 現業職給料表の適用を受ける職員

1級

2級

3級

4級

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

旧給料月額

新給料月額

394,700

396,300

431,500

433,200

442,300

444,100

467,400

469,300

397,500

399,100

435,100

436,800

446,000

447,800

471,200

473,100

400,300

401,900

438,700

440,400

449,700

451,500

475,000

476,900

403,100

404,700

442,300

444,000

453,400

455,200

478,800

480,700

405,900

407,500

445,900

447,600

457,100

458,900

482,600

484,500

附 則(平成11年病管規程第2号)

この規程は、平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成11年病管規程第5号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成11年病管規程第7号)

この規程は、平成12年1月1日から施行する。

附 則(平成12年病管規程第5号)

(施行期日)

1 この規程は、平成12年4月1日から施行する。

(最高号給を超える給料月額の切替え等)

2 この規程の施行の日(以下「施行日」という。)の前日において職務の級における最高の号給を超える給料月額を受けていた職員の施行日における給料月額は、その者の施行日の前日における給料月額に対応する附則別表のアからオまでの表の新給料月額欄に定める給料月額とし、これを受ける期間に通算されることとなる期間は、管理者が定める。

(委任)

3 前項に定めるもののほか、この規程の施行に関し必要な事項は、管理者が定める。

附 則(平成13年病管規程第2号)

この規程は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成14年病管規程第7号)

この規程は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成14年病管規程第10号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成14年病管規程第11号)

(施行期日)

1 この規程は、平成15年1月1日から施行する。

(最高号給を超える給料月額の切替え等)

2 平成15年1月1日(以下「切替日」という。)の前日において職務の級における最高の号給を超える給料月額を受けていた職員の切替日における給料月額は、次の式により算定した額とし、これを受ける期間に通算されることとなる期間は、管理者が定める。

切替日におけるその者の属する職務の級における最高の号給とその1号給下位の号給との差額×((その者の切替日の前日における給料月額-切替日の前日におけるその者の属する職務の級における最高の号給の額)/切替日の前日におけるその者の属する職務の級における最高の号給とその1号給下位の号給との差額)+切替日におけるその者の属する職務の級における最高の号給の額

(委任)

3 前項に定めるもののほか、この規程の施行に関し必要な事項は、管理者が定める。

附 則(平成15年病管規程第2号)

この規程は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成15年病管規程第7号)

(施行期日)

1 この規程は、平成15年12月1日から施行する。

(最高号給を超える給料月額の切替え等)

2 平成15年12月1日(以下「切替日」という。)の前日において職務の級における最高の号給を超える給料月額を受けていた職員の切替日における給料月額は、次の式により算定した額とし、これを受ける期間に通算されることとなる期間は、管理者が定める。

切替日におけるその者の属する職務の級における最高の号給とその1号給下位の号給との差額×((その者の切替日の前日における給料月額-切替日の前日におけるその者の属する職務の級における最高の号給の額)/切替日の前日におけるその者の属する職務の級における最高の号給とその1号給下位の号給との差額)+切替日におけるその者の属する職務の級における最高の号給の額

(委任)

3 前項に定めるもののほか、この規程の施行に関し必要な事項は、管理者が定める。

附 則(平成16年病管規程第4号)

(施行期日)

1 この規程は、職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例(平成16年鳥取県条例第56号。以下「改正条例」という。)の施行の日から施行する。

(施行の日=平成16年10月15日)

(経過措置)

2 改正条例附則第8項の規定によりなお従前の例によることとされる平成16年度分の寒冷地手当に係るこの規程による改正前の鳥取県病院局企業職員の給与に関する規程別表第11に掲げる町村(旧阿毘縁村を除く。)の名称及びその地域は、この規程の施行の日におけるものをそれぞれ示すものとする。

附 則(平成16年病管規程第6号)

この規程は、任期付職員の採用等に関する条例の一部を改正する条例(平成16年鳥取県条例第73号)の施行の日から施行する。

(施行の日=平成16年12月28日)

附 則(平成16年病管規程第7号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成17年病管規程第4号)

この規程は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成17年病管規程第6号)

(施行期日)

1 この規程は、平成17年9月1日から施行する。

(職務の級の切替え)

2 この規程の施行の日(以下「切替日」という。)の前日から引き続き在職する職員であって同日においてその者が属していた職務の級(以下「旧職務の級」という。)が附則別表第1に掲げられているものの切替日における職務の級(以下「新職務の級」という。)は、当該職員に適用される職員の区分、旧職務の級及びその者が切替日の前日において受けていた号給又は給料月額(以下「旧号給等」という。)に応じ、同表の新職務の級の欄に定める新職務の級とする。

(号給等の切替え等)

3 前項の規定により新職務の級を定められる職員のうち旧号給等が附則別表第2の期間の区分の欄に期間の定めのある旧号給等であるものの切替日における号給又は給料月額(以下「新号給等」という。)は、旧職務の級、旧号給等及び旧号給等を受けていた期間の区分に応じ、同表の新号給等の欄に定める新号給等とする。

4 附則第2項の規定により新職務の級を定められる職員のうち旧号給等が附則別表第2の期間の区分の欄に期間の定めのない旧号級等であるものの新号給等は、旧職務の級及び旧号給等に応じ、同表の新号給等の欄に定める新号給等とする。

5 附則第3項又は前項の規定により新号給等を決定される職員の当該新号給等を受ける期間に通算されることとなる期間は、附則別表第2の月数の欄に月数の定めのない職員にあっては切替日の前日においてその者が旧号給等を受けていた期間(以下「切替前昇給期間」という。)とし、同表の月数の欄に月数の定めのある職員にあっては切替前昇給期間に当該月数の欄に定める月数に相当する期間を加減して得た期間に相当する期間とする。

6 前3項の規定にかかわらず、切替日の前日から引き続き在職する職員のうち、切替日前に休職の終了により復職を命ぜられた職員であって、鳥取県病院局企業職員の給与に関する規程(以下「給与規程」という。)第6条第2項の規定により現業職員の給与の種類及び基準に関する条例(昭和32年鳥取県条例第37号)の適用を受ける者の例により職員の初任給、昇格、昇給等の基準に関する規則(昭和32年鳥取県人事委員会規則第10号)第17条に規定する給料月額の調整又は昇給期間の短縮を切替日後に受けることとなるものその他前3項の規定を適用した場合に他の職員と不均衡を生ずるものとして管理者が別に定めるものの新号給等及びこれらを受けることとなる期間に通算されることとなる期間は、前3項の規定の適用を受ける者との均衡を考慮し、管理者が別に定める。

(経過措置)

7 附則第3項、附則第4項又は前項の規定の適用を受ける職員のうち、これらの規定により定められる切替日における給料月額(以下「切替日給料月額」という。)が切替日の前日に受けていた給料月額(以下「切替前給料月額」という。)に達しないこととなるものの平成23年3月31日までの間の給料月額は、改正後の給与規程(以下「新給与規程」という。)第3条、第4条及び第6条第2項の規定にかかわらず、次の各号に掲げる切替日給料月額の区分に応じ当該各号に定める額に切替前給料月額から切替日給料月額を差し引いた額に附則別表第3の左欄に掲げる期間の区分に応じ同表の右欄に定める割合を乗じて得た額(その額に1円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てた額)を加えた額とする。ただし、当該額が新給与規程第3条、第4条及び第6条第2項の規定により算出した場合における給料月額以下となる場合には、当該給料月額以下となった日以後の給料月額については、この限りでない。

(1) 職員の属する職務の級における最高の号給を超えない給料月額 職員の受ける号給の平成18年1月1日において適用される給料月額

(2) 職員の属する職務の級における最高の号給を超える給料月額 当該給料月額に対応する鳥取県病院局企業職員の給与に関する規程の一部を改正する規程(平成17年鳥取県病院局管理規程第7号)附則第2項の規定により算定した給料月額

(平17病管規程7・一部改正)

8 前項の規定の適用を受ける職員に対する給与規程第22条及び第26条の規定の適用については、退職手当に係る部分を除き、額の算出の基礎とする給料月額は、前項の規定による給料月額とする。

(平18病管規程4・一部改正)

(病院局企業職員の給与の特例に関する規程の一部改正)

9 病院局企業職員の給与の特例に関する規程(平成17年鳥取県病院局管理規程第2号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

附則別表第1(附則第2項関係)

職員の区分

旧職務の級

号給又は給料月額

新職務の級

再任用職員以外の職員

1級

11号給以下の号給

1級

12号給から15号給までの号給

2級

16号給以上の号給

3級

2級

 

3級

3級

 

3級

再任用職員

1級

第1類の給料月額

1級

第2類の給料月額

2級

第3類の給料月額

3級

附則別表第2(附則第3項―附則第5項関係)

旧職務の級

旧号給等

期間の区分

新号給等

月数

1級

 

 

 

6号給

 

3号給

 

7号給

 

4号給

 

8号給

 

5号給

 

9号給

 

6号給

 

10号給

 

7号給

 

11号給

 

8号給

 

12号給

 

3号給

 

13号給

 

4号給

 

14号給

 

5号給

 

15号給

 

6号給

 

16号給

 

4号給

 

17号給

 

5号給

 

18号給

 

6号給

 

19号給

 

7号給

 

20号給

 

8号給

 

22号給

 

9号給

 

23号給

6月未満

9号給

+6

6月以上

10号給

-6

24号給

6月未満

10号給

+6

6月以上

11号給

-6

25号給

6月未満

11号給

+6

6月以上

12号給

-6

27号給

 

12号給

+6

28号給

 

13号給

 

29号給

 

14号給

 

30号給

 

15号給

 

31号給

 

16号給

 

32号給

 

17号給

 

33号給

 

18号給

 

34号給

 

19号給

 

35号給

 

20号給

 

2級

17号給

 

17号給

 

18号給

 

18号給

 

19号給

 

19号給

 

20号給

 

20号給

 

21号給

 

21号給

 

22号給

 

22号給

 

23号給

 

23号給

 

24号給

 

24号給

 

25号給

 

25号給

 

26号給

 

26号給

 

27号給

 

27号給

 

28号給

 

28号給

 

3級

24号給

12月未満

26号給

 

12月以上

27号給

-12

25号給

6月未満

27号給

+6

6月以上

28号給

-6

430,600円

12月未満

29号給

 

12月以上

30号給

-12

434,100円

12月未満

31号給

 

12月以上

32号給

-12

437,600円

6月未満

32号給

+12

6月以上

318,900円

-6

441,100円

6月未満

318,900円

+18

6月以上

320,700円

-6

備考 月数欄の「+」は加える月数を、「-」は減ずる月数を示す。

附則別表第3(附則第7項関係)

平成19年3月31日まで

100分の100

平成19年4月1日から平成20年3月31日まで

100分の80

平成20年4月1日から平成21年3月31日まで

100分の60

平成21年4月1日から平成22年3月31日まで

100分の40

平成22年4月1日から平成23年3月31日まで

100分の20

附 則(平成17年病管規程第7号)

(施行期日)

1 この規程は、平成18年1月1日から施行する。ただし、第2条及び附則第3項から第18項までの規程は、同年2月1日から施行する。

(平18病管規程4・平19病管規程4・一部改正)

(施行日における職務の級における最高の号給を超える給料月額等の切替え等)

2 この規程の施行の日(以下「施行日」という。)の前日において職務の級における最高号給を超える給料月額を受けていた職員の施行日における給料月額は、次の式により算定した額とし、これを受ける期間に通算されることとなる期間は、管理者が定める。

平成18年1月1日(以下「切替日」という。)におけるその者の属する職務の級における最高の号給とその1号下位の号給との差額×((その者の切替日の前日における給料月額-切替日の前日におけるその者の属する職務の級における最高の号給の額)/切替日の前日におけるその者の属する職務の級における最高の号給とその1号給下位の号給との差額)+切替日におけるその者の属する職務の級における最高の号給の額

(主査等に係る職務の級の特例)

3 平成18年2月1日(以下「移行開始日」という。)の前日において附則別表第1の給料表の種類の欄に応じ同表の旧級の欄に掲げる職務の級に属する者であって、同日におけるその職務が同表の職務の欄に掲げる職務であるものの職務の級は、移行開始日から平成19年3月31日までの間(以下「前期移行期間」という。)、移行開始日の前日における職務の級(平成18年4月1日以後にあっては、同表の暫定級の欄に定める職務の級。以下この項において「暫定級」という。)とする。ただし、前期移行期間中の異動により、改正後の鳥取県病院局企業職員の給与に関する規程(以下「給与規程」という。)第3条第2項及び第4条の規定を適用した場合における職務の級が暫定級以上の級となる者の当該異動の日以後の職務の級については、この限りでない。

(平18病管規程4・一部改正)

(主査等の職務の級の切替え)

4 前項に規定する職員のうち、平成19年4月1日(以下「第1切替日」という。)の前日においてその者が属していた職務の級(以下この項において「旧級」という。)が附則別表第1の暫定級の欄に定めるものである者であって、同日におけるその職務が同表の職務の欄に掲げるものであるものの第1切替日における職務の級は、旧級の1級下位の級(附則第9項において「第1切替後級」という。)とする。ただし、第1切替日における異動により、給与規程第3条第2項及び第4条の規定を適用した場合における職務の級が旧級以上の級となる者の職務の級については、この限りでない。

(平18病管規程4・平19病管規程4・一部改正)

(主査等の号給の切替え等)

5 前項本文に規定する職員の第1切替日における号給は、次項に規定する職員を除き、その者が第1切替日の前日において適用を受けていた給料表の種類及び同日において受けていた号給の区分に応じ、附則別表第2に定める号給とする。

(平18病管規程4・一部改正)

6 附則第4項本文に規定する職員のうち前項の規定を適用した場合に部内の他の職員と均衡を失することとなるとして管理者がが定めるものの号給は、管理者が定める。

(平18病管規程4・旧第7項繰上・一部改正)

(主任等に係る職務の級の特例)

7 移行開始日の前日において附則別表第3の給料表の種類の欄に掲げる給料表の種類に応じ同表の旧級の欄に掲げる職務の級に属する者であって、同日におけるその職務が同表の職務の欄に掲げる職務であるものの職務の級は、移行開始日から平成20年3月31日までの間(以下この項及び附則第15項において「移行期間」という。)、移行開始日の前日における職務の級(平成18年4月1日以後にあっては、同表の暫定級の欄に定める職務の級。以下この項において「暫定級」という。)とする。ただし、移行期間中の異動により、給与規程第3条第2項及び第4条の規定を適用した場合における職務の級(管理者が定めるものを除く。)が暫定級以上の級となる者の当該異動の日以後の職務の級については、この限りでない。

(平18病管規程4・旧第8項繰上・一部改正、平19病管規程4・一部改正)

8 前項本文に規定する職員のうち、平成19年4月1日における職務が附則別表第4の給料表の種類の欄に掲げる給料表の種類に応じ、同表の旧級の欄に掲げる職務の級に属するものの職務の級は、平成19年4月1日から平成20年3月31日までの間(以下この項、次項及び附則第15項において「職制移行期間」という。)、同表の暫定級の欄に定める職務の級(以下この項において「暫定級」という。)とする。ただし、職制移行期間中の異動により、給与規程第3条第2項及び第4条の規定を適用した場合における職務の級(管理者が定めるものを除く。)が暫定級以上の級となる者の当該異動の日以後の職務の級については、この限りでない。

(平19病管規程4・追加)

9 附則第4項の規定により第1切替日における職務の級が第1切替後級とされる職員であって、第1切替日における職務が附則別表第3の職務の欄に掲げる職務であるものの職務の級は、第1切替日から平成20年3月31日までの間(以下この項において「後期移行期間」という。)、当該第1切替後級(平成18年4月1日以後にあっては、同表の暫定級の欄に定める職務の級。以下この項において同じ。)とする。ただし、後期移行期間中又は職制移行期間中の異動により、給与規程第3条第2項及び第4条の規定を適用した場合における職務の級(管理者が定めるものを除く。)が第1切替後級以上の級となる者の当該異動の日以後の職務の級については、この限りでない。

(平18病管規程4・旧第9項繰上・一部改正、平19病管規程4・旧第8項繰下・一部改正)

(主任等の職務の級の切替え)

10 前3項に規定する職員のうち、平成20年4月1日(以下「第2切替日」という。)の前日における職務の級が附則別表第5の旧級の欄に掲げるものであり、かつ、第2切替日におけるその職務が同表の第2切替日における職務の欄に掲げる職務であるものの第2切替日における職務の級は、同表の新級の欄に定める職務の級とする。

(平18病管規程4・旧第10項繰上、平19病管規程4・旧第9項繰下・一部改正)

(主任等の号給の切替え等)

11 前項に規定する職員の第2切替日における号給は、次項に規定する職員を除き、第2切替日の前日においてその者が受けていた号給及び附則別表第6の職員の区分の欄に掲げる職員の区分に応じ、同表に定める号給とする。

(平18病管規程4・旧第11項繰上・一部改正、平19病管規程4・旧第10項繰下・一部改正)

12 附則第10項に規定する職員のうち前項の規定を適用した場合に部内の他の職員と均衡を失することとなるとして管理者が定めるものの号給は、管理者が定める。

(平18病管規程4・旧第13項繰上・一部改正、平19病管規程4・旧第11項繰下・一部改正)

(主任等の切替えに伴う経過措置)

13 附則第11項又は前項の規定の適用を受ける職員で、これらの規定により定められる第2切替日における給料月額(以下この項において「新給料月額」という。)が第2切替日の前日に受けていた給料の月額(以下この項において「旧給料月額」という。)に達しないこととなるものの給料月額は、平成23年3月31日までの間、新給料月額に旧給料月額から新給料月額を差し引いた額に附則別表第7の左欄に掲げる期間の区分に応じそれぞれ同表の右欄に定める割合を乗じて得た額(その額に1円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てた額)を加えた額(行政職給料表の適用を受ける職員でその職務の級が3級から5級までであるもの(以下この項において「行政職5級以下職員」という。)並びに同表以外の各給料表の適用を受ける職員でその職務の級及び号給が行政職5級以下職員に対応するものとして管理者が定めるものにあっては、当該額に1,000分の965(他の職員との権衡上必要と認められる限度において管理者が別に定める場合は、その割合)を、行政職給料表の適用を受ける職員でその職務の級が6級から9級までであるもの(以下この項において「行政職6級以上職員」という。)並びに同表以外の各給料表の適用を受ける職員でその職務の級及び号給が行政職6級以上職員に対応するものとして管理者が定めるものにあっては、当該額に1,000分の936(他の職員との権衡上必要と認められる限度において管理者が別に定める場合は、その割合)を乗じて得た額(その額に1円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てた額)。以下この項において「経過措置額」という。)とする。ただし、給与規程第3条及び第4条の規定により算出した場合における給料月額が経過措置額に達することとなる場合には、その達した日以後の給料月額については、この限りでない。

(平18病管規程4・旧第14項繰上・一部改正、平19病管規程4・旧第12項繰下・一部改正、平20病管規程4・平20病管規程11・平21病管規程8・一部改正)

14 前項の規定の適用を受ける職員に係る次に掲げる額の算出の基礎となる給料月額は、これらの規定に定める額とする。

(1) 手当(退職手当を除く。)の額

(2) 給与規程第22条に規定する勤務1時間当たりの給与額

(3) 鳥取県病院局企業職員の給与に関する規程の一部を改正する規程(平成18年鳥取県病院局管理規程第4号)附則第7条の施行日の前日における給料月額

(平18病管規程4・旧第15項繰上・一部改正、平19病管規程4・旧第13項繰下)

(休職者等の特例)

15 附則第7項から第9項までに規定する職員のうち、移行期間中又は職制移行期間中引き続いて休職、地方公務員の育児休業等に関する法律(平成3年法律第110号)第2条第1項の規定による育児休業、病院局企業職員の給与の種類及び基準に関する条例(平成7年鳥取県条例第3号)第22条第3項の海外随伴休暇を命ぜられ、又は承認されているものが、第2切替日以降に復職し、又は職務に復帰した場合(復職し、又は職務に復帰した日(以下「復職等の日」という。)が平成23年3月31日以前であるものに限る。)には、附則第7項から第9項までの規定にかかわらず、次の各号に掲げる復職等の日の区分に応じ当該各号に定める日(当該日前の異動により、当該異動の日における給与規程第3条第2項及び第4条の規定を適用した場合における職務の級(管理者が定めるものを除く。)が第2切替日の前日における職務の級以上の級となる者にあっては、当該異動の日の前日)までの期間(以下「特例延長期間」という。)、その者の職務の級は、移行開始日の前日における職務の級とする。

(1) 第2切替日から平成22年3月31日まで 復職等の日の属する年度の翌年度の末日

(2) 平成22年4月1日から平成23年3月31日まで 平成23年3月31日

(平18病管規程4・旧第16項繰上・一部改正、平19病管規程4・旧第14項繰下・一部改正、平20病管規程4・一部改正)

16 附則第11項及び第12項の規定は、前項に規定する職員の特例延長期間の末日の翌日における号給について準用する。この場合において、附則第11項中「第2切替日における」とあるのは「特例延長期間の末日の翌日における」と、「第2切替日の前日」とあるのは「特例延長期間の末日」と読み替えるものとする。

(平18病管規程4・旧第17項繰上・一部改正、平19病管規程4・旧第15項繰下・一部改正)

17 前項の規定により準用される附則第11項又は第12項の規定の適用を受ける職員(附則第15項第2号に係るものを除く。)で、これらの規定により定められる特例延長期間の末日の翌日における給料月額(以下この項において「新給料月額」という。)が特例延長期間の末日に受けていた給料の月額(以下この項において「旧給料月額」という。)に達しないこととなるものの給料月額は、平成23年3月31日までの間、新給料月額に旧給料月額から新給料月額を差し引いた額に100分の50を乗じて得た額(その額に1円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てた額)を加えた額(以下「経過措置額」という。)とする。ただし、給与規程第3条及び第4条の規定により算出した場合における給料月額が経過措置額に達することとなる場合には、その達した日以後の給料月額については、この限りでない。

(平18病管規程4・旧第18項繰上・一部改正、平19病管規程4・旧第16項繰下・一部改正、平20病管規程4・一部改正)

18 附則第14項の規定は、附則第15項に規定する職員(同項第2号に係る者を除く。)の平成23年3月31日までの間の給料月額について準用する。

(平18病管規程4・旧第19項繰上・一部改正、平19病管規程4・旧第17項繰下・一部改正)

(委任)

19 附則第2項から前項までに定めるもののほか、この規程の施行に関し必要な事項は、管理者が定める。

(平18病管規程4・旧第20項繰上、平19病管規程4・旧第18項繰下)

(鳥取県病院局企業職員の給与に関する規程の一部を改正する規程の一部改正)

20 鳥取県病院局企業職員の給与に関する規程の一部を改正する規程(平成17年鳥取県病院局管理規程第6号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

(平18病管規程4・旧第21項繰上、平19病管規程4・旧第19項繰下)

附則別表第1(附則第3項、第4項関係)

(平18病管規程4・一部改正)

給料表の種類

旧級

職務

暫定級

行政職給料表

7級

主査の職務

5級

医療職給料表(2)

医療職給料表(3)

6級

技幹の職務

6級

附則別表第2(附則第5項関係)

(平18病管規程4・全改)

旧号給

行政職給料表

医療職給料表(2)

医療職給料表(3)

57

 

85

 

58

 

85

 

59

 

85

 

60

 

85

 

61

 

85

93

62

 

85

93

63

 

85

93

64

 

85

93

65

 

85

93

66

 

 

93

67

 

 

93

68

 

 

93

69

77

 

93

70

78

 

 

71

79

 

 

72

80

 

 

73

83

 

 

74

84

 

 

75

85

 

 

76

86

 

 

77

89

 

 

78

89

 

 

79

89

 

 

80

90

 

 

81

93

 

 

82

93

 

 

83

93

 

 

84

93

 

 

85

93

 

 

附則別表第3(附則第7項、第8項、第9項関係)

(平18病管規程4・平19病管規程4・一部改正)

給料表の種類

旧級

職務

暫定級

行政職給料表

4級

1 主事又は技師の職務

2 主任の職務

3級

5級

主任の職務

6級

1 主任の職務

2 副主幹の職務

4級

医療職給料表(2)

3級及び4級

1 衛生技師(平成19年4月1日以降は臨床検査技師)、理学療法士、栄養士、診療放射線技師、臨床工学技士又は歯科衛生士(以下「臨床検査技師等」という。)の職務

2 薬剤師の職務

移行開始日の前日における職務の級

5級

1 主任の職務

2 平成19年3月31日までの間における副部長、副室長又は理学療法士長の職務

医療職給料表(3)

2級から4級まで

1 准看護師の職務

2 看護師の職務

5級

1 看護師の職務

2 技幹の職務

附則別表第4(第8項関係)

(平19病管規程4・追加)

給料表の種類

旧級

職務

暫定級

医療職給料表(2)

4級及び5級

薬剤主任、臨床検査主任、理学療法主任、栄養主任、診療放射線主任、臨床工学主任又は歯科衛生主任(以下「薬剤主任等」という。)の職務

移行開始日の前日における職務の級

5級

副主幹の職務

医療職給料表(3)

5級

副看護師長の職務

附則別表第5(附則第10項関係)

(平18病管規程4・一部改正、平19病管規程4・旧附則別表第4繰下・一部改正、平20病管規程4・一部改正)

給料表の種類

第2切替日における職務

旧級

新級

行政職給料表

主事又は技師の職務

3級及び4級

2級

係長の職務

4級

3級

医療職給料表(2)

臨床検査技師等の職務

3級から5級まで

2級

薬剤主任等の職務

4級及び5級

3級

副主幹の職務

5級

4級

医療職給料表(3)

看護師又は准看護師の職務

3級から5級まで

2級

看護主任の職務

4級及び5級

3級

副看護師長の職務

5級

4級

附則別表第6(附則第11項関係)

(平18病管規程4・全改、平19病管規程4・旧附則別表第5繰下・一部改正、平20病管規程4・一部改正)

ア 行政職給料表の適用を受ける職員

旧号給

職員の区分

旧級が3級であった職員(改定前級が4級であったものに限る。)であって、新級が2級となるもの

旧級が3級であった職員(改定前級が4級であったものを除く。)であって、新級が2級となるもの

旧級が4級であった職員であって、新級が2級となるもの

旧級が4級であった職員であって、新級が3級となるもの

17

29

 

 

 

18

30

 

 

 

19

31

 

 

 

20

32

 

 

 

21

35

 

 

 

22

36

 

 

 

23

37

 

 

 

24

38

 

 

 

25

39

 

 

 

26

40

 

 

 

27

41

 

 

 

28

42

 

 

 

29

43

 

 

 

30

44

 

 

 

31

45

 

 

 

32

46

 

 

 

33

47

39

57

49

34

48

40

58

50

35

49

41

59

51

36

50

42

60

52

37

51

45

61

53

38

52

46

62

54

39

53

47

63

55

40

54

48

64

56

41

55

49

65

57

42

56

50

66

58

43

57

51

67

59

44

58

52

68

60

45

59

53

69

61

46

60

54

70

62

47

61

55

71

63

48

62

56

72

64

49

64

57

73

65

50

66

58

74

66

51

68

59

75

67

52

70

60

76

68

53

71

61

77

69

54

72

62

78

70

55

73

63

79

71

56

74

64

80

72

57

75

65

81

73

58

 

66

82

74

59

 

67

83

75

60

 

68

84

76

61

 

69

85

77

62

 

70

86

78

63

 

71

87

79

64

 

72

88

80

65

 

73

89

81

66

 

74

90

82

67

 

75

91

83

68

 

76

92

84

69

 

77

93

85

70

 

78

94

86

71

 

79

95

87

72

 

80

96

88

73

 

81

97

89

74

 

82

98

90

75

 

83

99

91

76

 

84

100

92

77

 

85

101

93

78

 

86

102

94

79

 

87

103

95

80

 

88

104

96

81

 

89

105

97

82

 

90

106

98

83

 

91

107

99

84

 

92

108

100

85

 

93

109

101

86

 

94

110

102

87

 

95

111

103

88

 

96

112

104

89

 

97

115

107

90

 

98

116

108

91

 

99

117

109

92

 

100

118

109

93

 

101

管理者が定める号給

管理者が定める号給

94

 

102

 

 

95

 

103

 

 

96

 

104

 

 

97

 

105

 

 

98

 

106

 

 

99

 

107

 

 

100

 

108

 

 

101

 

109

 

 

102

 

110

 

 

103

 

111

 

 

104

 

112

 

 

105

 

113

 

 

106

 

114

 

 

107

 

115

 

 

108

 

116

 

 

109

 

119

 

 

110

 

120

 

 

111

 

121

 

 

112

 

122

 

 

113

 

125

 

 

114

 

125

 

 

115

 

125

 

 

116

 

125

 

 

117

 

125

 

 

イ 医療職給料表(2)の適用を受ける職員

旧号給

職員の区分

旧級が3級であった職員

旧級が4級であった職員であって、新級が2級となるもの

旧級が4級であった職員であって、新級が3級となるもの

旧級が5級であった職員であって、新級が2級となるもの

旧級が5級であった職員であって、新級が3級となるもの

旧級が5級であった職員であって、新級が4級となるもの

25

37

47

33

65

51

41

26

38

48

34

66

52

42

27

39

49

35

67

53

43

28

40

50

36

68

54

44

29

43

53

39

69

55

45

30

44

54

40

70

56

46

31

45

55

41

71

57

47

32

46

56

42

72

58

48

33

47

57

43

73

59

49

34

48

58

44

74

60

50

35

49

59

45

75

61

51

36

50

60

46

76

62

52

37

51

61

47

77

63

53

38

52

62

48

78

64

54

39

53

63

49

79

65

55

40

54

64

50

80

66

56

41

55

65

51

81

67

57

42

56

66

52

82

68

58

43

57

67

53

83

69

59

44

58

68

54

84

70

60

45

59

69

55

85

71

61

46

60

70

56

86

72

62

47

61

71

57

87

73

63

48

62

72

58

88

74

64

49

63

73

59

89

75

65

50

64

74

60

90

76

66

51

65

75

61

91

77

67

52

66

76

62

92

78

68

53

67

77

63

93

79

69

54

 

78

64

94

80

70

55

 

79

65

95

81

71

56

 

80

66

96

82

72

57

 

81

67

97

83

73

58

 

82

68

98

84

74

59

 

83

69

99

85

75

60

 

84

70

100

86

76

61

 

85

71

101

87

77

62

 

86

72

102

88

78

63

 

87

73

103

89

79

64

 

88

74

104

90

80

65

 

89

75

105

91

81

66

 

90

76

105

92

82

67

 

91

77

105

93

83

68

 

92

78

105

94

84

69

 

93

79

105

95

85

70

 

94

80

105

96

86

71

 

95

81

105

97

87

72

 

96

82

105

98

88

73

 

97

83

105

99

89

74

 

98

84

105

100

90

75

 

99

85

105

101

91

76

 

100

86

105

102

92

77

 

101

87

105

103

93

78

 

102

88

105

104

94

79

 

103

89

105

105

95

80

 

104

90

105

106

96

81

 

105

91

105

109

99

82

 

105

92

105

110

100

83

 

105

93

105

111

101

84

 

105

94

105

112

101

85

 

105

95

105

117

管理者が定める号給

86

 

105

96

 

 

 

87

 

105

97

 

 

 

88

 

105

98

 

 

 

89

 

105

99

 

 

 

90

 

105

100

 

 

 

91

 

105

101

 

 

 

92

 

105

102

 

 

 

93

 

105

103

 

 

 

94

 

105

104

 

 

 

95

 

105

105

 

 

 

96

 

105

106

 

 

 

97

 

105

107

 

 

 

98

 

105

108

 

 

 

99

 

105

109

 

 

 

100

 

105

110

 

 

 

101

 

105

113

 

 

 

102

 

105

114

 

 

 

103

 

105

115

 

 

 

104

 

105

116

 

 

 

105

 

105

管理者が定める号給

 

 

 

106

 

105

 

 

 

 

107

 

105

 

 

 

 

108

 

105

 

 

 

 

109

 

105

 

 

 

 

ウ 医療職給料表(3)の適用を受ける職員

(ア) 准看護師以外の職員

旧号給

職員の区分

旧級が3級であった職員であって、新級が2級となるもの

旧級が4級であった職員であって、新級が2級となるもの

旧級が4級であった職員であって、新級が3級となるもの

旧級が5級であった職員であって、新級が2級となるもの

旧級が5級であった職員であって、新級が3級となるもの

旧級が5級であった職員であって、新級が4級となるもの

7

27

 

 

 

 

 

8

28

 

 

 

 

 

9

29

 

 

 

 

 

10

30

 

 

 

 

 

11

33

 

 

 

 

 

12

34

 

 

 

 

 

13

35

 

 

 

 

 

14

36

 

 

 

 

 

15

37

 

 

 

 

 

16

38

 

 

 

 

 

17

41

 

 

 

 

 

18

42

 

 

 

 

 

19

43

 

 

 

 

 

20

43

 

 

 

 

 

21

43

 

 

 

 

 

22

44

 

 

 

 

 

23

45

 

 

 

 

 

24

46

 

 

 

 

 

25

47

 

 

 

 

 

26

48

 

 

 

 

 

27

49

 

 

 

 

 

28

50

 

 

 

 

 

29

51

 

 

77

55

45

30

52

 

 

78

56

46

31

53

 

 

79

57

47

32

54

67

45

80

58

48

33

55

67

45

81

59

49

34

56

67

45

82

60

50

35

57

67

45

83

61

51

36

58

67

45

84

62

52

37

59

67

45

85

63

53

38

60

68

46

86

64

54

39

61

69

47

87

65

55

40

62

70

48

88

66

56

41

63

73

51

89

67

57

42

64

74

52

90

68

58

43

65

75

53

91

69

59

44

66

76

54

92

70

60

45

67

77

55

93

71

61

46

68

78

56

94

72

62

47

69

79

57

95

73

63

48

70

80

58

96

74

64

49

71

81

59

97

75

65

50

72

82

60

98

76

66

51

73

83

61

99

77

67

52

74

84

62

100

78

68

53

75

85

63

101

79

69

54

76

86

64

102

80

70

55

77

87

65

103

81

71

56

78

88

66

104

82

72

57

79

89

67

105

83

73

58

80

90

68

106

84

74

59

81

91

69

107

85

75

60

82

92

70

108

86

76

61

 

 

 

109

87

77

62

 

 

 

110

88

78

63

 

 

 

111

89

79

64

 

 

 

112

90

80

65

 

 

 

113

91

81

66

 

 

 

114

92

82

67

 

 

 

115

93

83

68

 

 

 

116

94

84

69

 

 

 

117

95

85

70

 

 

 

118

96

86

71

 

 

 

119

97

87

72

 

 

 

120

98

88

73

 

 

 

121

99

89

74

 

 

 

122

100

90

75

 

 

 

123

101

91

76

 

 

 

124

102

92

77

 

 

 

125

103

93

78

 

 

 

126

104

94

79

 

 

 

127

105

95

80

 

 

 

128

106

96

81

 

 

 

129

107

97

82

 

 

 

130

108

98

83

 

 

 

131

109

99

84

 

 

 

132

110

100

85

 

 

 

135

113

103

86

 

 

 

136

114

104

87

 

 

 

137

115

105

88

 

 

 

138

116

105

89

 

 

 

143

121

109

90

 

 

 

144

121

109

91

 

 

 

145

121

109

92

 

 

 

146

122

109

93

 

 

 

管理者が定める号給

管理者が定める号給

管理者が定める号給

(イ) 准看護師

旧号給

職員の区分

旧級が3級であった職員であって、新級が2級となるもの

旧級が4級であった職員であって、新級が2級となるもの

旧級が4級であった職員であって、新級が3級となるもの

旧級が5級であった職員であって、新級が2級となるもの

旧級が5級であった職員であって、新級が3級となるもの

旧級が5級であった職員であって、新級が4級となるもの

57

 

 

 

121

99

89

58

 

 

 

122

100

90

59

 

 

 

123

101

91

60

 

 

 

124

102

92

61

 

 

 

125

103

93

62

 

 

 

126

104

94

63

 

 

 

127

105

95

64

 

 

 

128

106

96

65

 

 

 

129

107

97

66

 

 

 

130

108

98

67

 

 

 

131

109

99

68

 

 

 

132

110

100

69

 

101

79

132

110

100

70

 

102

80

133

111

101

71

 

103

81

134

112

102

72

 

104

82

135

113

103

73

 

105

83

136

114

104

74

 

106

84

137

115

105

75

 

107

85

138

116

105

76

 

108

86

139

117

105

77

99

109

87

140

118

106

78

100

110

88

141

119

107

79

101

111

89

142

120

108

80

102

112

90

143

121

109

81

103

113

91

144

121

109

82

104

114

92

145

121

109

83

105

115

93

146

122

109

84

106

116

94

147

123

109

85

107

117

95

149

125

112

86

108

118

96

149

125

113

87

109

119

97

150

125

113

88

110

120

98

151

125

113

89

111

121

99

153

129

113

90

112

122

100

153

129

113

91

113

123

101

154

129

113

92

114

124

102

155

129

113

93

115

125

103

管理者が定める号給

129

113

94

116

126

104

 

 

 

95

117

127

105

 

 

 

96

118

128

106

 

 

 

97

119

129

107

 

 

 

98

120

 

 

 

 

 

99

121

 

 

 

 

 

100

122

 

 

 

 

 

101

123

 

 

 

 

 

102

124

 

 

 

 

 

103

125

 

 

 

 

 

104

126

 

 

 

 

 

105

127

 

 

 

 

 

106

128

 

 

 

 

 

107

129

 

 

 

 

 

108

130

 

 

 

 

 

109

131

 

 

 

 

 

110

132

 

 

 

 

 

111

133

 

 

 

 

 

112

134

 

 

 

 

 

113

135

 

 

 

 

 

備考 この表において、「旧級」とは、第2切替日の前日においてその者が属していた職務の級をいい、「新級」とは、第2切替日においてその者が属することとなる職務の級をいい、「改定前級」とは、平成18年3月31日においてその者が属していた職務の級をいう。

附則別表第7(附則第13項関係)

(平18病管規程4・一部改正、平19病管規程4・旧附則別表第6繰下・一部改正)

平成20年4月1日から平成21年3月31日まで

100分の75

平成21年4月1日から平成22年3月31日まで

100分の50

平成22年4月1日から平成23年3月31日まで

100分の25

附 則(平成18年病管規程第4号)

(施行期日等)

第1条 この規程は、平成18年4月1日から施行する。

2 第1条の規定による改正後の鳥取県病院局企業職員の給与に関する規程第22条第2項の規定は、この規程の施行の日(以下「施行日」という。)以後の勤務について適用する。

(特定の職務の級の切替え)

第2条 施行日の前日においてその者が属していた職務の級(以下「旧級」という。)が附則別表第1の旧級の欄に掲げられているものである職員の施行日における職務の級(以下「新級」という。)は、旧級に対応する同表の新級の欄に定める職務の級とする。

(号給の切替え)

第3条 施行日の前日において鳥取県病院局企業職員の給与に関する規程(以下「旧給与規程」という。)別表第1、別表第2及び別表第3の給料表の適用を受けていた職員の施行日における号給(以下「新号給」という。)は、次条に規定する職員を除き、旧級、施行日の前日においてその者が受けていた号給(以下「旧号給」という。)及びその者が旧号給を受けていた期間(管理者の定める職員にあっては、管理者の定める期間。以下「経過期間」という。)に応じて附則別表第2に定める号給とする。

(職務の級における最高の号給を超える給料月額の切替え)

第4条 施行日の前日において職務の級における最高の号給を超える給料月額を受けていた職員の新号給は、次の各号に掲げる職員の区分に応じ、それぞれ当該各号に定める号給とする。

(1) 施行日の前日においてその者が受けていた給料月額(以下「旧給料月額」という。)が旧級に応じた附則別表第3の旧給料月額の欄に掲げられている職員 旧級、旧給料月額及び経過期間に応じて同表に定める号給

(2) 前号に掲げる職員以外の職員 新級における最高の号給

(施行日前の異動者の号給の調整)

第5条 施行日前に職務の級を異にして異動した職員及びこれに準ずるものとして管理者が定める職員の新号給については、その者が施行日において職務の級を異にする異動等をしたものとした場合との権衡上必要と認められる限度において、管理者の定めるところにより、必要な調整を行うことができる。

(職員が受けていた号給等の基礎)

第6条 附則第2条から前条までの規定の適用については、これらの規定に規定する職員が属していた職務の級及びその者が受けていた号給又は給料月額は、旧給与規程に従って定められたものでなければならない。

(給料の切替えに伴う経過措置)

第7条 施行日の前日から引き続き同一の給料表の適用を受ける職員で、その者の受ける給料月額が次の各号に掲げる職員の区分に応じ、当該各号に定める額に達しないこととなるもの(管理者が定める職員を除く。)には、平成24年3月31までの間、給料月額のほか、その差額に相当する額を給料として支給する。

(1) 行政職給料表の適用を受ける職員でその職務の級が1級又は2級であるもの(以下この号において「行政職2級以下職員」という。)並びに同表以外の各給料表の適用を受ける職員(医療職給料表(1)の適用を受ける職員を除く。以下この条において同じ。)でその職務の級及び号給が行政職2級以下職員に対応するものとして管理者が定めるもの 旧給料月額(施行日の前日において鳥取県病院局企業職員の給与に関する規程の一部を改正する規程(平成17年鳥取県病院局管理規程第6号)附則第7項本文の規定の適用を受ける職員にあっては、同項の規定の適用がなかったものとした場合に同日において受けることとなる給料月額。以下同じ。)に1,000分の994(他の職員との権衡上必要と認められる限度において管理者が別に定める場合はその割合)を乗じて得た額(その額に50円未満の端数を生じたときはこれを切り捨て、50円以上100円未満の端数を生じたときはこれを100円に切り上げるものとする。)

(2) 行政職給料表の適用を受ける職員でその職務の級が3級から5級までであるもの(以下この条において「行政職5級以下職員」という。)並びに同表以外の各給料表の適用を受ける職員でその職務の級及び号給が行政職5級以下職員に対応するものとして管理者が定めるもの 旧給料月額に1,000分の959(他の職員との権衡上必要と認められる限度において管理者が別に定める場合はその割合)を乗じて得た額(その額に50円未満の端数が生じたときはこれを切り捨て、50円以上100円未満の端数が生じたときはこれを100円に切り上げるものとする。)

(3) 行政職給料表の適用を受ける職員でその職務の級が6級から9級までであるもの(以下この条において「行政職6級以上職員」という。)並びに同表以外の各給料表の適用を受ける職員でその職務の級及び号給が行政職6級以上職員に対応するものとして管理者が定めるもの 旧給料月額に1,000分の931(他の職員との権衡上必要と認められる限度において管理者が別に定める場合はその割合)を乗じて得た額(その額に50円未満の端数が生じたときはこれを切り捨て、50円以上100円未満の端数が生じたときはこれを100円に切り上げるものとする。)

(4) 医療職給料表(1)の適用を受ける職員でその職務の級及び号給が行政職5級以下職員又は行政職6級以上職員に対応するものとして管理者が定めるもの 旧給料月額に1,000分の965(他の職員との権衡上必要と認められる限度において管理者が別に定める場合はその割合)を乗じて得た額(その額に50円未満の端数を生じたときはこれを切り捨て、50円以上100円未満の端数を生じたときはこれを100円に切り上げるものとする。)

(5) 前各号に掲げる職員以外の職員 旧給料月額

(平20病管規程11・平21病管規程8・平23病管規程1・平23病管規程3・平24病管規程3・一部改正)

第8条 前条の規定による給料を支給される職員に関する改正後の鳥取県病院局企業職員の給与に関する規程第7条第2項の規定の適用については、この規定中「給料月額」とあるのは「給料月額と鳥取県病院局企業職員の給与に関する規程の一部を改正する規程(平成18年鳥取県病院局管理規程第4号)附則第7条の規定による給料の額との合計額」とする。

(鳥取県病院局企業職員の給与に関する規程の一部を改正する規程の一部改正)

第9条 鳥取県病院局企業職員の給与に関する規程の一部を改正する規程(平成17年鳥取県病院局管理規程第6号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

第10条 鳥取県病院局企業職員の給与に関する規程の一部を改正する規程(平成17年鳥取県病院局管理規程第7号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

第11条 鳥取県病院局企業職員の給与に関する規程の一部を改正する規程の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

附則別表第1(附則第2条関係)

給料表

旧級

新級

行政職給料表

1級

1級

2級

3級

2級

4級

3級

5級

6級

4級

7級

5級

8級

6級

9級

7級

10級

8級

現業職給料表

1級

1級

2級

3級

2級

附則別表第2(附則第3条関係)

ア 行政職給料表

旧号給

旧級

経過期間

1級

2級

3級

4級

5級

6級

7級

8級

9級

10級

1

3月未満

 

 

1

1

5

1

1

1

1

1

3月以上6月未満

 

 

2

1

6

1

1

1

1

1

6月以上9月未満

 

 

3

1

7

1

1

1

1

1

9月以上12月未満

 

 

4

1

8

1

1

1

1

1

12月以上

 

 

5

1

9

1

1

1

1

1

2

3月未満

1

25

5

1

9

1

1

1

1

1

3月以上6月未満

2

26

6

2

10

1

1

1

1

1

6月以上9月未満

3

27

7

3

11

1

1

1

1

1

9月以上12月未満

4

28

8

4

12

1

1

1

1

1

12月以上

5

29

9

5

13

1

1

1

1

1

3

3月未満

5

29

9

5

13

1

1

1

1

1

3月以上6月未満

6

30

10

6

14

2

1

1

1

1

6月以上9月未満

7

31

11

7

15

3

1

1

1

1

9月以上12月未満

8

32

12

8

16

4

1

1

1

1

12月以上

9

33

13

9

17

5

1

1

1

1

4

3月未満

9

33

13

9

17

5

1

1

1

1

3月以上6月未満

10

34

14

10

18

6

2

1

1

1

6月以上9月未満

11

35

15

11

19

7

3

1

1

1

9月以上12月未満

12

36

16

12

20

8

4

1

1

1

12月以上

13

37

17

13

21

9

5

1

1

1

5

3月未満

13

37

17

13

21

9

5

1

1

1

3月以上6月未満

14

38

18

14

22

10

6

2

1

1

6月以上9月未満

15

39

19

15

23

11

7

3

1

1

9月以上12月未満

16

40

20

16

24

12

8

4

1

1

12月以上

17

41

21

17

25

13

9

5

1

1

6

3月未満

17

41

21

17

25

13

9

5

1

1

3月以上6月未満

18

42

22

18

26

14

10

6

2

1

6月以上9月未満

19

43

23

19

27

15

11

7

3

1

9月以上12月未満

20

44

24

20

28

16

12

8

4

1

12月以上

21

45

25

21

29

17

13

9

5

1

7

3月未満

21

45

25

21

29

17

13

9

5

1

3月以上6月未満

22

46

26

22

30

18

14

10

6

2

6月以上9月未満

23

47

27

23

31

19

15

11

7

3

9月以上12月未満

24

48

28

24

32

20

16

12

8

4

12月以上

25

49

29

25

33

21

17

13

9

5

8

3月未満

25

49

29

25

33

21

17

13

9

5

3月以上6月未満

26

50

30

26

34

22

18

14

10

6

6月以上9月未満

27

51

31

27

35

23

19

15

11

7

9月以上12月未満

28

52

32

28

36

24

20

16

12

8

12月以上

29

53

33

29

37

25

21

17

13

9

9

3月未満

29

53

33

29

37

25

21

17

13

9

3月以上6月未満

29

54

34

30

38

26

22

18

14

10

6月以上9月未満

30

55

35

31

39

27

23

19

15

11

9月以上12月未満

30

56

36

32

40

28

24

20

16

12

12月以上

31

57

37

33

41

29

25

21

17

13

10

3月未満

31

57

37

33

41

29

25

21

17

13

3月以上6月未満

31

58

38

34

42

30

26

22

18

14

6月以上9月未満

32

59

39

35

43

31

27

23

19

15

9月以上12月未満

32

60

40

36

44

32

28

24

20

16

12月以上

33

61

41

37

45

33

29

25

21

17

11

3月未満

33

61

41

37

45

33

29

25

21

17

3月以上6月未満

33

62

42

38

46

34

30

26

22

18

6月以上9月未満

33

63

43

39

47

35

31

27

23

19

9月以上12月未満

34

64

44

40

48

36

32

28

24

20

12月以上

34

65

45

41

49

37

33

29

25

21

12

3月未満

34

65

45

41

49

37

33

29

25

21

3月以上6月未満

34

66

46

42

50

38

34

30

26

22

6月以上9月未満

35

67

47

43

51

39

35

31

27

23

9月以上12月未満

35

68

48

44

52

40

36

32

28

24

12月以上

35

69

49

45

53

41

37

33

29

25

13

3月未満

35

69

49

45

53

41

37

33

29

25

3月以上6月未満

36

70

50

46

54

42

38

34

30

26

6月以上9月未満

36

71

51

47

55

43

39

35

31

27

9月以上12月未満

36

72

52

48

56

44

40

36

32

28

12月以上

37

73

53

49

57

45

41

37

33

29

14

3月未満

37

73

53

49

57

45

41

37

33

29

3月以上6月未満

37

74

54

49

58

46

42

38

34

30

6月以上9月未満

37

75

55

50

59

47

43

39

35

31

9月以上12月未満

37

76

56

50

60

48

44

40

36

32

12月以上

38

77

57

51

61

49

45

41

37

33

15

3月未満

38

77

57

51

61

49

45

41

37

33

3月以上6月未満

38

78

58

51

62

50

46

42

38

34

6月以上9月未満

38

79

59

52

63

51

47

43

39

35

9月以上12月未満

38

80

60

52

64

52

48

44

40

36

12月以上

39

81

61

53

65

53

49

45

41

37

16

3月未満

39

81

61

53

65

53

49

45

41

 

3月以上6月未満

39

82

62

54

66

54

50

46

42

 

6月以上9月未満

39

83

63

55

67

55

51

47

43

 

9月以上12月未満

39

84

64

56

68

56

52

48

44

 

12月以上

40

85

65

57

69

57

53

49

45

 

17

3月未満

 

85

65

57

69

57

53

49

45

 

3月以上6月未満

 

86

66

57

70

58

54

50

46

 

6月以上9月未満

 

87

67

58

71

59

55

51

47

 

9月以上12月未満

 

88

68

58

72

60

56

52

48

 

12月以上

 

89

69

59

73

61

57

53

49

 

18

3月未満

 

89

69

59

73

61

57

53

49

 

3月以上6月未満

 

90

70

59

74

62

58

54

50

 

6月以上9月未満

 

91

71

60

75

63

59

55

51

 

9月以上12月未満

 

92

72

60

76

64

60

56

52

 

12月以上

 

93

73

61

77

65

61

57

53

 

19

3月未満

 

93

73

61

77

65

61

57

 

 

3月以上6月未満

 

93

74

61

78

66

62

58

 

 

6月以上9月未満

 

93

75

61

79

67

63

59

 

 

9月以上12月未満

 

93

76

62

80

68

64

60

 

 

12月以上

 

93

77

62

81

69

65

61

 

 

20

3月未満

 

 

77

62

81

69

65

61

 

 

3月以上6月未満

 

 

78

62

82

70

66

62

 

 

6月以上9月未満

 

 

79

63

83

71

67

63

 

 

9月以上12月未満

 

 

80

63

84

72

68

64

 

 

12月以上

 

 

81

63

85

73

69

65

 

 

21

3月未満

 

 

81

63

85

73

69

65

 

 

3月以上6月未満

 

 

82

64

86

74

70

66

 

 

6月以上9月未満

 

 

83

64

87

75

71

67

 

 

9月以上12月未満

 

 

84

64

88

76

72

68

 

 

12月以上

 

 

85

65

89

77

73

69

 

 

22

3月未満

 

 

85

65

89

77

73

 

 

 

3月以上6月未満

 

 

86

65

90

78

74

 

 

 

6月以上9月未満

 

 

87

66

91

79

75

 

 

 

9月以上12月未満

 

 

88

66

92

80

76

 

 

 

12月以上

 

 

89

67

93

81

77

 

 

 

23

3月未満

 

 

89

67

93

81

 

 

 

 

3月以上6月未満

 

 

90

67

94

82

 

 

 

 

6月以上9月未満

 

 

91

68

95

83

 

 

 

 

9月以上12月未満

 

 

92

68

96

84

 

 

 

 

12月以上

 

 

93

69

97

85

 

 

 

 

24

3月未満

 

 

93

69

97

85

 

 

 

 

3月以上6月未満

 

 

94

70

98

86

 

 

 

 

6月以上9月未満

 

 

95

71

99

87

 

 

 

 

9月以上12月未満

 

 

96

72

100

88

 

 

 

 

12月以上

 

 

97

73

101

89

 

 

 

 

25

3月未満

 

 

97

73

101

 

 

 

 

 

3月以上6月未満

 

 

98

73

102

 

 

 

 

 

6月以上9月未満

 

 

99

74

103

 

 

 

 

 

9月以上12月未満

 

 

100

74

104

 

 

 

 

 

12月以上

 

 

101

75

105

 

 

 

 

 

26

3月未満

 

 

101

75

105

 

 

 

 

 

3月以上6月未満

 

 

102

75

106

 

 

 

 

 

6月以上9月未満

 

 

103

76

107

 

 

 

 

 

9月以上12月未満

 

 

104

76

108

 

 

 

 

 

12月以上

 

 

105

77

109

 

 

 

 

 

27

3月未満

 

 

105

77

 

 

 

 

 

 

3月以上6月未満

 

 

106

78

 

 

 

 

 

 

6月以上9月未満

 

 

107

79

 

 

 

 

 

 

9月以上12月未満

 

 

108

80

 

 

 

 

 

 

12月以上

 

 

109

81

 

 

 

 

 

 

28

3月未満

 

 

109

81

 

 

 

 

 

 

3月以上6月未満

 

 

110

82

 

 

 

 

 

 

6月以上9月未満

 

 

111

83

 

 

 

 

 

 

9月以上12月未満

 

 

112

84

 

 

 

 

 

 

12月以上

 

 

113

85

 

 

 

 

 

 

29

3月未満

 

 

113

 

 

 

 

 

 

 

3月以上6月未満

 

 

114

 

 

 

 

 

 

 

6月以上9月未満

 

 

115

 

 

 

 

 

 

 

9月以上12月未満

 

 

116

 

 

 

 

 

 

 

12月以上

 

 

117

 

 

 

 

 

 

 

30

3月未満

 

 

117

 

 

 

 

 

 

 

3月以上6月未満

 

 

118

 

 

 

 

 

 

 

6月以上9月未満

 

 

119

 

 

 

 

 

 

 

9月以上12月未満

 

 

120

 

 

 

 

 

 

 

12月以上

 

 

121

 

 

 

 

 

 

 

31

3月未満

 

 

121

 

 

 

 

 

 

 

3月以上6月未満

 

 

122

 

 

 

 

 

 

 

6月以上9月未満

 

 

123

 

 

 

 

 

 

 

9月以上12月未満

 

 

124

 

 

 

 

 

 

 

12月以上

 

 

125

 

 

 

 

 

 

 

32

3月未満

 

 

125

 

 

 

 

 

 

 

3月以上6月未満

 

 

125

 

 

 

 

 

 

 

6月以上9月未満

 

 

125

 

 

 

 

 

 

 

9月以上12月未満

 

 

125

 

 

 

 

 

 

 

12月以上

 

 

125

 

 

 

 

 

 

 

イ 医療職給料表(1)

旧号給

旧級

経過期間

1級

2級

3級

4級

1

3月未満

 

1

1

1

3月以上6月未満

 

1

1

1

6月以上9月未満

 

1

1

1

9月以上12月未満

 

1

1

1

12月以上

 

1

1

1

2

3月未満

1

1

1

1

3月以上6月未満

2

1

1

1

6月以上9月未満

3

1

1

1

9月以上12月未満

4

1

1

1

12月以上

5

1

1

1

3

3月未満

5

1

1

1

3月以上6月未満

6

2

1

1

6月以上9月未満

7

3

1

1

9月以上12月未満

8

4

1

1

12月以上

9

5

1

1

4

3月未満

9

5

1

1

3月以上6月未満

10

6

1

1

6月以上9月未満

11

7

1

1

9月以上12月未満

12

8

1

1

12月以上

13

9

1

1

5

3月未満

13

9

1

1

3月以上6月未満

14

10

2

1

6月以上9月未満

15

11

3

1

9月以上12月未満

16

12

4

1

12月以上

17

13

5

1

6

3月未満

17

13

5

1

3月以上6月未満

18

14

6

1

6月以上9月未満

19

15

7

1

9月以上12月未満

20

16

8

1

12月以上

21

17

9

1

7

3月未満

21

17

9

1

3月以上6月未満

22

18

10

2

6月以上9月未満

23

19

11

3

9月以上12月未満

24

20

12

4

12月以上

25

21

13

5

8

3月未満

25

21

13

5

3月以上6月未満

26

22

14

6

6月以上9月未満

27

23

15

7

9月以上12月未満

28

24

16

8

12月以上

29

25

17

9

9

3月未満

29

25

17

9

3月以上6月未満

30

26

18

10

6月以上9月未満

31

27

19

11

9月以上12月未満

32

28

20

12

12月以上

33

29

21

13

10

3月未満

33

29

21

13

3月以上6月未満

34

30

22

14

6月以上9月未満

35

31

23

15

9月以上12月未満

36

32

24

16

12月以上

37

33

25

17

11

3月未満

37

33

25

17

3月以上6月未満

38

34

26

18

6月以上9月未満

39

35

27

19

9月以上12月未満

40

36

28

20

12月以上

41

37

29

21

12

3月未満

41

37

29

21

3月以上6月未満

42

38

30

22

6月以上9月未満

43

39

31

23

9月以上12月未満

44

40

32

24

12月以上

45

41

33

25

13

3月未満

45

41

33

25

3月以上6月未満

46

42

34

26

6月以上9月未満

47

43

35

27

9月以上12月未満

48

44

36

28

12月以上

49

45

37

29

14

3月未満

49

45

37

29

3月以上6月未満

50

46

38

30

6月以上9月未満

51

47

39

31

9月以上12月未満

52

48

40

32

12月以上

53

49

41

33

15

3月未満

53

49

41

33

3月以上6月未満

54

50

42

34

6月以上9月未満

55

51

43

35

9月以上12月未満

56

52

44

36

12月以上

57

53

45

37

16

3月未満

57

53

45

37

3月以上6月未満

58

54

46

38

6月以上9月未満

59

55

47

39

9月以上12月未満

60

56

48

40

12月以上

61

57

49

41

17

3月未満

61

57

49

41

3月以上6月未満

62

58

50

42

6月以上9月未満

63

59

51

43

9月以上12月未満

64

60

52

44

12月以上

65

61

53

45

18

3月未満

65

61

53

45

3月以上6月未満

65

62

54

46

6月以上9月未満

65

63

55

47

9月以上12月未満

65

64

56

48

12月以上

65

65

57

49

19

3月未満

 

65

57

49

3月以上6月未満

 

66

58

50

6月以上9月未満

 

67

59

51

9月以上12月未満

 

68

60

52

12月以上

 

69

61

53

20

3月未満

 

69

61

53

3月以上6月未満

 

70

62

53

6月以上9月未満

 

71

63

53

9月以上12月未満

 

72

64

53

12月以上

 

73

65

53

21

3月未満

 

73

65

 

3月以上6月未満

 

74

66

 

6月以上9月未満

 

75

67

 

9月以上12月未満

 

76

68

 

12月以上

 

77

69

 

22

3月未満

 

77

69

 

3月以上6月未満

 

78

70

 

6月以上9月未満

 

79

71

 

9月以上12月未満

 

80

72

 

12月以上

 

81

73

 

23

3月未満

 

81

73

 

3月以上6月未満

 

82

74

 

6月以上9月未満

 

83

75

 

9月以上12月未満

 

84

76

 

12月以上

 

85

77

 

24

3月未満

 

85

77

 

3月以上6月未満

 

85

78

 

6月以上9月未満

 

85

79

 

9月以上12月未満

 

85

80

 

12月以上

 

85

81

 

ウ 医療職給料表(2)

旧号給

旧級

経過期間

1級

2級

3級

4級

5級

6級

7級

1

3月未満

 

 

1

1

1

1

1

3月以上6月未満

 

 

1

1

1

1

1

6月以上9月未満

 

 

1

1

1

1

1

9月以上12月未満

 

 

1

1

1

1

1

12月以上

 

 

1

1

1

1

1

2

3月未満

1

1

1

1

1

1

1

3月以上6月未満

2

2

2

1

1

1

1

6月以上9月未満

3

3

3

1

1

1

1

9月以上12月未満

4

4

4

1

1

1

1

12月以上

5

5

5

1

1

1

1

3

3月未満

5

5

5

1

1

1

1

3月以上6月未満

6

6

6

2

1

1

1

6月以上9月未満

7

7

7

3

1

1

1

9月以上12月未満

8

8

8

4

1

1

1

12月以上

9

9

9

5

1

1

1

4

3月未満

9

9

9

5

1

1

1

3月以上6月未満

10

10

10

6

2

1

1

6月以上9月未満

11

11

11

7

3

1

1

9月以上12月未満

12

12

12

8

4

1

1

12月以上

13

13

13

9

5

1

1

5

3月未満

13

13

13

9

5

1

1

3月以上6月未満

14

14

14

10

6

2

1

6月以上9月未満

15

15

15

11

7

3

1

9月以上12月未満

16

16

16

12

8

4

1

12月以上

17

17

17

13

9

5

1

6

3月未満

17

17

17

13

9

5

1

3月以上6月未満

18

18

18

14

10

6

2

6月以上9月未満

19

19

19

15

11

7

3

9月以上12月未満

20

20

20

16

12

8

4

12月以上

21

21

21

17

13

9

5

7

3月未満

21

21

21

17

13

9

5

3月以上6月未満

22

22

22

18

14

10

6

6月以上9月未満

23

23

23

19

15

11

7

9月以上12月未満

24

24

24

20

16

12

8

12月以上

25

25

25

21

17

13

9

8

3月未満

25

25

25

21

17

13

9

3月以上6月未満

26

26

<