○鳥取県病院局企業職員就業規則

平成7年3月31日

鳥取県病院局管理規程第6号

鳥取県病院局企業職員就業規則をここに公布する。

鳥取県病院局企業職員就業規則

(趣旨)

第1条 この規程は、労働基準法(昭和22年法律第49号)第89条の規定に基づき、鳥取県病院局の企業職員(以下「職員」という。)の就業条件等に関し必要な事項を定めるものとする。

(平19病管規程10・一部改正)

(服務の宣誓)

第2条 職員の服務の宣誓については、職員の服務の宣誓に関する条例(昭和26年鳥取県条例第4号)の定めるところによる。

(平19病管規程10・一部改正)

(職務に専念する義務の特例)

第3条 職務に専念する義務の特例については、職務に専念する義務の特例に関する条例(昭和26年鳥取県条例第5号)及び職務に専念する義務の特例に関する規則(平成6年鳥取県人事委員会規則第16号)の定めるところによる。

(平19病管規程10・一部改正)

(営利企業等の従事制限)

第4条 営利企業等の従事制限については、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第38条及び職員の営利企業等の従事に関する許可の基準に関する規則(昭和26年鳥取県人事委員会規則第5号)の定めるところによる。

(平19病管規程10・一部改正)

(争議行為の禁止)

第5条 争議行為の禁止については、地方公営企業等の労働関係に関する法律(昭和27年法律第289号)第11条の規定の定めるところによる。

(平16病管規程2・一部改正)

(任用)

第6条 職員の任用については、地方公務員法第15条から第22条まで及び第28条の4から第28条の6までの規定並びに職員の任用に関する規則(昭和27年鳥取県人事委員会規則第11号)及び職員の再任用に関する条例(平成13年鳥取県条例第2号)の定めるところによる。

(平13病管規程2・一部改正)

(給与)

第7条 職員の給与の種類及び基準は、病院局企業職員の給与の種類及び基準に関する条例(平成7年鳥取県条例第3号)の定めるところにより、給与の額及び支給方法は、鳥取県病院局企業職員の給与に関する規程(平成7年鳥取県病院局管理規程第7号)の定めるところによる。

(平19病管規程10・一部改正)

(旅費)

第8条 職員の旅費については、鳥取県病院局企業職員等の旅費規程(平成7年鳥取県病院局管理規程第8号)の定めるところによる。

(平19病管規程10・一部改正)

(勤務時間、休暇等)

第9条 職員の勤務時間、休日及び休暇については、職員の勤務時間、休暇等に関する条例(平成6年鳥取県条例第35号)及び職員の勤務時間、休暇等に関する規則(平成6年鳥取県人事委員会規則第15号)の規定の適用を受ける者の例による。

2 業務又は勤務の特殊性その他の事情により前項の規定によりがたい場合には、同項の規定にかかわらず、管理者が別に定めるところによる。

(平19病管規程10・一部改正)

(育児部分休業)

第10条 職員は、地方公務員の育児休業等に関する法律(平成3年法律第110号)第19条の規定の適用を受ける者の例により、鳥取県病院局企業職員の給与に関する規程第22条の2に規定する休業の承認を受けることができる。職員は、地方公務員の育児休業等に関する法律(平成3年法律第110号)第19条の規定の適用を受ける者の例により、鳥取県病院局企業職員の給与に関する規程第22条の2に規定する休業の承認を受けることができる。

(平16病管規程7・平19病管規程10・平28病管規程3・一部改正)

(修学部分休業及び高齢者部分休業)

第10条の2 職員は、地方公務員法第26条の2又は第26条の3の規定の適用を受ける者の例により、修学部分休業又は高齢者部分休業の承認を受けることができる。

(平16病管規程7・追加、平28病管規程3・一部改正)

(平11病管規程4・平14病管規程6・一部改正)

(派遣)

第11条の2 職員の公益的法人等への派遣については、公益的法人等への一般職の地方公務員の派遣等に関する法律(平成12年法律第50号)並びに鳥取県公益的法人等への職員の派遣等に関する条例(平成14年鳥取県条例第3号)及び鳥取県公益的法人等への職員の派遣等に関する条例施行規則(平成14年鳥取県人事委員会規則第2号)の定めるところによる。

(平14病管規程6・追加、平20病管規程9・一部改正)

(平19病管規程10・一部改正)

(懲戒)

第13条 職員の懲戒については、地方公務員法第27条及び第29条、職員の懲戒の手続、効果等に関する条例(昭和26年鳥取県条例第40号)並びに職員の懲戒の手続、効果等に関する規則(昭和26年鳥取県人事委員会規則第8号)の定めるところによる。ただし、職員の懲戒の手続、効果等に関する規則第3条の規定は、適用しない。

(平11病管規程4・全改、平19病管規程10・一部改正)

(火災その他非常災害)

第14条 職員は、火災その他非常災害の発生を発見し、又はその危険があることを知ったときは、臨機の処置をとるとともに、速やかに上司に報告し、互いに協力してその被害を最小限度に止めなければならない。

(平19病管規程10・一部改正)

(安全及び衛生の管理)

第15条 職員の安全及び衛生の管理については、鳥取県病院局企業職員安全衛生管理規程(平成7年鳥取県病院局企業訓令第5号)の定めるところによる。

(平19病管規程10・一部改正)

(公務災害)

第16条 職員の公務上の災害等に対する補償については、地方公務員災害補償法(昭和42年法律第121号)の定めるところによる。

(共済)

第17条 職員の共済については、地方公務員等共済組合法(昭和37年法律第152号)の定めるところによる。

(服務)

第18条 職員の服務については、県職員の例による。

(表彰)

第19条 職員が次のいずれかに該当すると認められるときは、表彰することができる。

(1) 職務に関して有益な研究の完成、発明、発見又は改良をして著しく業務に貢献した者

(2) 自己の危険を顧みず、職務を遂行した者

(3) 職務上又は職務外の行為について、広く賞賛を受け、著しく職員の名誉を高揚した者

(4) 多年にわたり職務に精励し、かつ、功績があった者

(5) その他表彰することが適当と認める業績又は行為があった者

2 前項の表彰は、死亡した職員についても行うことができる。この場合において、表彰の日付けは、生前の日にさかのぼるものとする。

3 表彰の方法は、表彰状を授与して行い、表彰に当たっては、副賞を付することができる。

(その他)

第20条 この規程の実施に関し必要な事項は、別に定める。

(平19病管規程10・一部改正)

附 則

この企業管理規程は、平成7年4月1日から施行する。

附 則(平成11年病管規程第4号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成13年病管規程第2号)

この規程は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成14年病管規程第6号)

この規程は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成16年病管規程第2号)

この規程は、平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成16年病管規程第7号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成19年病管規程第10号)

この規程は、平成19年8月1日から施行する。

附 則(平成20年病管規程第9号)

この規程は、平成20年12月1日から施行する。

附 則(平成28年病管規程第3号)

この規程は、平成28年4月1日から施行する。

鳥取県病院局企業職員就業規則

平成7年3月31日 病院局管理規程第6号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第10編 公営企業/第2章 病院局/第3節
沿革情報
平成7年3月31日 病院局管理規程第6号
平成11年10月12日 病院局管理規程第4号
平成13年3月30日 病院局管理規程第2号
平成14年3月29日 病院局管理規程第6号
平成16年3月12日 病院局管理規程第2号
平成16年12月28日 病院局管理規程第7号
平成19年7月31日 病院局管理規程第10号
平成20年11月28日 病院局管理規程第9号
平成28年3月31日 病院局管理規程第3号