○警察官に対する被服の支給及び装備品の貸与に関する条例

昭和29年7月1日

鳥取県条例第43号

警察官に対する被服の支給及び装備品の貸与に関する条例をここに公布する。

警察官に対する被服の支給及び装備品の貸与に関する条例

(平6条例13・改称)

(目的)

第1条 この条例は、警察法(昭和29年法律第162号)第68条第2項の規定に基づき、警察官に対するその職務遂行上必要な被服の支給及び装備品の貸与について定めることを目的とする。

(平6条例13・一部改正)

(支給する被服)

第2条 警察官に支給する被服は、第1被服及び第2被服とし、その品目、員数及び使用期間は、次の表のとおりとする。ただし、警察本部長は、特別の事由がある場合には、その員数を増減し、又は使用期間を伸縮することができる。

品目

員数

使用期間

第1被服

冬帽子

1個

16月

合帽子

1個

16月

夏帽子

1個

16月

冬活動帽子

1個

16月

合活動帽子

1個

16月

夏活動帽子

1個

16月

冬服

1着

12月

合服

1着

12月

夏服

1着

4月

冬活動服

1着

12月

合活動服

1着

12月

防寒服

1着

30月

雨衣

1着

36月

冬ワイシャツ

1着

4月

合ワイシャツ

1着

4月

冬ネクタイ

1本

4月

合ネクタイ

1本

4月

冬活動ネクタイ

1本

4月

合活動ネクタイ

1本

4月

ベルト

1本

36月

第2被服

手袋

2組

12月

靴下

2足

4月

短靴

1足

12月

編上靴

1足

24月

2 前項の規定にかかわらず、勤務の性質により必要がない者に対しては、冬活動帽子、合活動帽子、夏活動帽子、冬活動服、合活動服、冬活動ネクタイ又は合活動ネクタイを支給しないことができる。

3 警察官に任命後初めて第1被服及び第2被服を支給する場合には、第1項の規定にかかわらず、冬服、合服及び夏服ズボン又は夏服スカートについては2着、夏服上衣、冬ワイシャツ及び合ワイシャツについては3着、冬ネクタイ及び合ネクタイについては2本とする。

(昭32条例10・昭34条例41・昭40条例21・平6条例13・平6条例33・一部改正)

第2条の2 警部補以下の階級にある警察官で、私服の着用を要する特別の勤務(以下「私服勤務」という。)に服するものに対しては、第2条第1項の規定にかかわらず、私服用の被服を支給することができる。

2 前項の規定により支給する被服(以下「私服用被服」という。)の品目、員数及び使用期間は、次の表のとおりとする。ただし、警察本部長は、特別の事由がある場合には、その員数を増減し、又は使用期間を伸縮することができる。

品目

員数

使用期間

冬スーツ

1着

18月

合スーツ

1着

18月

外とう

1着

30月

ワイシャツ又はブラウス

1着

4月

3 私服用被服の支給を受けた者に対しては、当該私服用被服の使用期間が終わるまでは、前条の規定にかかわらず、第1被服は、支給しない。ただし、その者が私服勤務に服さないこととなった場合は、この限りでない。

4 私服用被服の支給を受けた者が、私服勤務に服さないこととなった場合には、当該私服用被服は返納を要しないものとする。

5 第1被服の使用期間が終わるまでに私服用被服を支給された者については、当該第1被服の使用期間は、その者が私服勤務に服する間、その進行を停止するものとする。

(昭40条例21・追加、平6条例13・平6条例33・一部改正)

第3条 第1被服、第2被服及び私服用被服(以下「支給品」という。)は、現品をもって支給する。

(昭40条例21・全改、平6条例13・一部改正)

(貸与する装備品等)

第4条 警察官に貸与する装備品の品目は次のとおりとし、その員数は各1(階級章及び識別章については、各3)とする。ただし、警視以上の階級にある警察官その他勤務の性質により必要がない者に対しては、その一部を貸与しないことができる。

階級章

識別章

警察手帳

手錠

警笛

警棒

けん銃

帯革

けん銃つりひも

(昭32条例10・全改、平6条例13・平14条例50・一部改正)

第4条の2 土地の状況又は勤務の性質により必要がある場合には、支給品又は前条の規定により貸与される装備品のほか、特殊の被服又は装備品を貸与することができる。

(平6条例13・追加)

(退職等の場合の措置)

第5条 警察官がその身分を失ったときは、使用期間が終わらない支給品並びに前2条の規定により貸与された装備品及び被服(以下「貸与品」という。)は、返納しなければならない。ただし、私服用被服の返納については、これに相当する額の金銭をもって行うものとする。

2 警察官が死亡した場合には、前項の規定にかかわらず、支給品は、返納を要しないものとする。

3 警察官が休職を命じられたときは、当該休職の期間が終わるまで、支給品の使用期間の進行を停止し、貸与品の貸与を中止するものとする。

(昭40条例21・全改、平6条例13・一部改正)

(賠償責任)

第6条 警察官が故意又は重大な過失により使用期間が終わらない支給品又は貸与品の全部又は一部を損傷し、又は滅失したときは、これによって生じた損害を賠償しなければならない。

(昭40条例21・平6条例13・一部改正)

(職員の給与に関する条例との関係)

第7条 この条例の規定により支給する支給品については、職員の給与に関する条例(昭和26年2月鳥取県条例第3号)第2条第2項の規定にかかわらず、その相当額を、それを支給された警察官の給料から控除しないものとする。

(平6条例13・一部改正)

(委任)

第8条 この条例の施行に関し、必要な事項は、公安委員会規則で定める。

附 則

1 この条例は、公布の日から施行する。

2 この条例の施行日において、警察官の受けている給与品及び貸与品は、この条例の規定に基いて支給されたものとみなし、その使用期間は、その給与品及び貸与品を受けたときから計算するものとする。

附 則(昭和32年条例第10号)

1 この条例は、公布の日から施行する。

2 この条例の施行の際現に改正前の第4条の規定により外とう締革を貸与されている警察官は、警察本部長の定めるところにより、これを県に返納しなければならない。

3 警察官の服制及び服装に関する規則(昭和31年国家公安委員会規則第4号)附則第3項の規定に基き、警察本部長の定めるところにより、警察官の服制についてなお従前の例による場合における給与品の支給及び貸与品の貸与については、なお従前の例による。

4 この条例の施行の際現に改正前の第2条第1項の規定により支給されている帽子は、改正後の同条同項の規定により支給される冬帽子とみなし、その使用期間については、改正前の同条同項の規定により支給された日から起算するものとする。

5 この条例の施行の際現に改正前の第2条の規定により支給されている給与品で改正後の同条の規定により支給されないこととなったもののうち、改正前の同条の規定による使用期間の満了していないものについては、当該給与品を支給されている警察官は、警察本部長の定めるところにより、これを県に返納しなければならない。

6 警視又は警部の階級にある警察官に対しては、第2条第1項の規定にかかわらず、この条例施行の際に、1回に限り改正後の同条同項の表に規定する第1被服を支給することができる。

附 則(昭和34年条例第41号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和40年条例第21号)

この条例は、昭和40年4月1日から施行する。

附 則(平成6年条例第13号)

この条例は、平成6年4月1日から施行する。

附 則(平成6年条例第33号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成14年条例第50号)

この条例は、平成14年10月1日から施行する。

警察官に対する被服の支給及び装備品の貸与に関する条例

昭和29年7月1日 条例第43号

(平成14年10月1日施行)

体系情報
第12編 察/第2章 務/第2節
沿革情報
昭和29年7月1日 条例第43号
昭和32年3月30日 条例第10号
昭和34年10月14日 条例第41号
昭和40年3月26日 条例第21号
平成6年3月28日 条例第13号
平成6年10月11日 条例第33号
平成14年7月9日 条例第50号