○警察官に対する被服の支給及び装備品の貸与に関する規則

平成6年3月31日

鳥取県公安委員会規則第1号

警察官に対する被服の支給及び装備品の貸与に関する規則をここに公布する。

警察官に対する被服の支給及び装備品の貸与に関する規則

警察官に対する被服の支給並びに装備品の貸与に関する規則(昭和29年8月鳥取県公安委員会規則第8号)の全部を改正する。

(支給品の着用期間)

第2条 条例第2条第1項又は第2条の2第1項の規定により警察官に支給する被服のうち、次の表の中欄に掲げるものの着用期間は、それぞれ同表の右欄に定めるとおりとする。

区分

品目

着用期間

第1被服

冬帽子、冬活動帽子、冬服、冬活動服、冬ワイシャツ、冬ネクタイ及び冬活動ネクタイ

12月1日から翌年3月31日まで

合帽子、合活動帽子、合服、合活動服、合ワイシャツ、合ネクタイ及び合活動ネクタイ

4月1日から5月31日まで及び10月1日から11月30日まで

夏帽子、夏活動帽子及び夏服

6月1日から9月30日まで

私服用被服

冬スーツ

11月1日から翌年4月30日まで

合スーツ

5月1日から10月31日まで

2 警察本部長は、気候の不順その他特別の事由があるときは、前項の規定による着用期間を変更することができる。

(平6公委規則7・一部改正)

(私服用被服の支給者の範囲)

第3条 条例第2条の2第1項の規定により私服用被服を支給する者の範囲は、警察本部長が定める。

(特殊の被服等)

第4条 条例第4条の2の規定により警察官に貸与する特殊の被服又は支給品について必要な事項は、警察本部長が定める。

(私服用被服の返納に代えて納付すべき金銭の額)

第5条 条例第5条第1項ただし書の規定により私服用被服の返納に代えて納付すべき金銭の額は、当該私服用被服の購入価格に、別表に定める私服用被服納付金算定率を乗じて得た額とする。

(代品の引換え)

第6条 使用期間の終わらない支給品又は貸与品(以下「支給品等」という。)の全部又は一部を損傷し、又は滅失して、その使用ができなくなったときは、代品を支給し、又は貸与する。

(賠償額)

第7条 条例第6条の規定により賠償すべき金額は、賠償責任及び損傷の程度その他の事情により決定する。ただし、その額は、当該支給品等の原価を超えてはならない。

(雑則)

第8条 この規則に定めるもののほか、条例の施行に関し必要な事項は、警察本部長が定める。

附 則

この規則は、平成6年4月1日から施行する。

附 則(平成6年公委規則第7号)

この規則は、公布の日から施行する。

別表

私服用被服納付金算定率

品名

使用期間経過月数

外とう

冬背広合背広

1月

75%

75%

2

70

70

3

65

65

4

60

60

5

55

55

6

50

50

7

40

30

8

40

30

9

40

25

10

30

25

11

30

20

12

30

20

13

20

10

14

20

10

15

20

5

16

15

5

17

15

5

18

15

0

19

10

 

20

10

 

21

10

 

22

5

 

23

5

 

24

5

 

25

2

 

26

2

 

27

2

 

28

2

 

29

2

 

30

0

 

警察官に対する被服の支給及び装備品の貸与に関する規則

平成6年3月31日 公安委員会規則第1号

(平成6年10月25日施行)

体系情報
第12編 察/第2章 務/第2節
沿革情報
平成6年3月31日 公安委員会規則第1号
平成6年10月25日 公安委員会規則第7号