○小竹町情報公開条例施行規則

平成13年3月9日

規則第1号

(趣旨)

第1条 この規則は、小竹町情報公開条例(平成12年小竹町条例第28号。以下「条例」という。)第31条の規定に基づき、条例の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(代理人による開示請求)

第2条 条例第4条第1項による情報の開示請求は、代理人をもって請求することができるものとする。この場合において、情報の開示請求をしようとする者は、当該請求を当該代理人に委任する旨の書面を添えて請求しなければならない。

2 条例第18条第3項において準用する条例第4条の規定による自己情報の開示請求の場合において、前項の規定により代理人による開示請求を受け付けたときは、当該請求者に対し、当該請求が相違ない旨を書面により照会しなければならない。

(開示請求書の記載事項)

第3条 条例第4条第1項第4号により規則に定める開示請求書に記載する事項は、次に掲げるものとする。

(1) 請求年月日

(2) 請求者の電話番号

(3) 代理人をもって請求する場合は、代理人の住所、氏名及び電話番号

(電磁的記録の開示方法)

第4条 条例第13条に規定する電磁的記録の開示の方法は、印刷装置により紙に出力したものを閲覧させ、又は交付するものとする。ただし、これにより難い場合は、ディスプレイ装置により閲覧し、又は視聴することができるものとする。

(開示の実施)

第5条 情報を開示する旨の決定通知を受けた者は、実施機関の長が指定する日時及び場所において、当該情報を閲覧し、若しくは視聴し、又は写しの交付を受けるものとする。

(情報の閲覧及び視聴の中止)

第6条 実施機関の長は、情報の閲覧又は視聴をする者が、その情報を改ざんし、汚損し、又は破損するおそれがあると認めるときは、当該情報の閲覧又は視聴の中止を命ずるものとする。

(自己情報の開示請求に係る本人証明)

第7条 条例第18条第2項に規定する自己情報の開示請求者が本人であることを証明する方法は、次の各号のいずれかによるものとする。

(1) 運転免許証、旅券、国民健康保険等の被保険者証等本人であることを客観的に証明できる書面の提示又は提出

(2) 本町職員による本人確認

(自己情報の訂正請求書の記載事項)

第8条 条例第19条第2項第4号により規則で定める自己情報の訂正請求書に記載する事項は、次に掲げるものとする。

(1) 請求年月日

(2) 誤りを証する資料の名称等

(運用状況の公表)

第9条 条例第28条第1項に規定する運用状況の公表は、次に掲げる方法により行うものとする。

(1) 毎年6月末日までに前年度における運用状況を公表する。

(2) 運用状況の公表事項は、次に掲げるとおりとする。

 開示請求の状況

 審査請求の状況

 苦情申出の状況

 その他必要事項

(委任)

第10条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月29日規則第9号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

小竹町情報公開条例施行規則

平成13年3月9日 規則第1号

(平成28年4月1日施行)