○小竹町コミュニティホールの設置及び管理に関する条例

平成13年3月27日

条例第1号

(目的)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第1項の規定に基づき、小竹町コミュニティホール(以下「コミュニティホール」という。)の設置及び管理に関し必要な事項を定めることにより、産業及び文化の振興及び向上並びに町民のふれあいに寄与し、魅力ある町づくりを推進することを目的とする。

(定義)

第2条 この条例において「コミュニティホール」とは、次の施設を総称したものをいう。

(1) ホール

(2) 便所

(名称及び位置)

第3条 コミュニティホールの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

小竹町コミュニティホール

小竹町大字勝野2169番地2

(管理)

第4条 コミュニティホールの管理は、町長が行う。

(使用)

第5条 コミュニティホール(便所を除く。以下同じ。)は、次に掲げる行事に使用するものとする。

(1) 企業及び各種団体等の育成に関すること。

(2) 作品展示その他これに類する催し等に関すること。

(3) 行事案内等に関すること。

(4) 前3号に定めるもののほか、コミュニティホールの目的達成に必要なこと。

(使用の許可)

第6条 前条の規定に基づき、コミュニティホールを使用しようとする者(以下「使用者」という。)は、町長の許可を受けなければならない。許可を受けた事項を変更しようとするときも、同様とする。

2 町長は、前項に規定する許可にコミュニティホールの管理上必要な範囲内で条件を付することができる。

(使用の制限)

第7条 町長は、次の各号のいずれかに該当するときは、使用を許可しない。

(1) 使用目的が第1条に規定する目的に反するとき、又はそのおそれがあるとき。

(2) その他コミュニティホールの管理上支障があると認めるとき。

2 町長は、前条の規定により使用の許可をした場合において、前項各号に該当することが判明したときは、その許可を取り消すことができる。

3 前2項の措置により使用者が受けた損害について、町は、一切責任を負わないものとする。

(使用料)

第8条 コミュニティホールの使用料は、無料とする。ただし、営業に係る使用については、別表のとおりとする。

2 使用者は、使用料を使用許可を受ける際に納入しなければならない。

(使用料の減免)

第9条 町長は、前条第1項ただし書の場合における使用料について、公益的に必要があると認めたときは、使用料を減額し、又は免除することができる。

(使用料の還付)

第10条 既納の使用料は、還付しないものとする。ただし、町長が特に必要があると認めた場合は、その全部又は一部を還付することができる。

(開館日等)

第11条 コミュニティホールの開館日及び開館時間は、規則で定める。

(権利の譲渡等の禁止)

第12条 使用者は、その権利を第三者に譲渡し、又は転貸してはならない。

(特別設備の許可)

第13条 使用者は、使用のため特別の設備をしようとするときは、あらかじめ町長の許可を受けなければならない。

(原状回復の義務)

第14条 使用者は、その使用を終了したとき、又は使用の許可を取り消されたときは、直ちに原状に回復しなければならない。

(損害賠償)

第15条 使用者は、使用により施設、設備及び備品等を破損し、又は滅失したときは、その損害を賠償しなければならない。

(委任)

第16条 この条例の施行に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この条例は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成18年9月25日条例第20号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成24年12月14日条例第22号)

この条例は、平成25年2月2日から施行する。

別表(第8条関係)

施設名又は内容

使用料

ホール

1時間当たり 360円

ホール内の掲示

1か月当たり(1枚につき) 200円

小竹町コミュニティホールの設置及び管理に関する条例

平成13年3月27日 条例第1号

(平成25年2月2日施行)