○小竹町一般職の職員の採用に関する規則

昭和48年8月1日

規則第2号

第1条 この規則は、小竹町一般職の職員(単純な労務に雇用されるもの、臨時的に雇用されるもの及び地方公務員法(昭和25年法律第261号)第22条の2第1項に規定する会計年度任用職員を除く。以下「職員」という。)の採用に関し必要な事項を定めるものとする。

第2条 次の各号に掲げる職員の採用については、すべて競争試験によるものとする。

(1) 事務職員

(2) 技術職員

第3条 前条第2号の職員については、職種により競争試験によることが困難な場合においては、同条の規定にかかわらず選考によることができる。

第4条 競争試験は、職務遂行の能力を有するかどうかを正確に判定することをもってその目的とする。

2 競争試験は、筆記試験若しくは口頭試問及び身体検査並びに人物性行、教育程度、経歴、適性、知能、技能、一般的知識、専門的知識及び適応性の判定の方法により、又はこれらの方法をあわせ用いることにより行うものとする。

第5条 筆記試験は、1次試験とし、一定の試験成績以上の者を1次試験合格者とし、この者について口頭試問を行うものとする。

第6条 筆記試験及び口頭試問の成績に応じ総合的に判断して合格者を内定する。

第7条 合格内定者については、町の指定する保健所又は病院において身体検査を実施し、合否を決定する。

第8条 前条の身体検査において異状があり、職務の遂行に支障があると認める場合は、不合格とする。

第9条 第6条の合格内定者の中から補欠者を定めることができる。

第10条 合格者と決定された者が採用を辞退した場合、又は補欠者と決定された者で決定後1か年以内に職員定数に欠員を生じ職員採用の必要が生じた場合は補欠者を繰上げ採用することができる。

第11条 第7条及び第8条の規定は、前条の補欠者にこれを準用する。

第12条 公募による職員採用の受験資格者は、採用予定日の前日における年齢が18歳以上30歳未満の者とする。ただし、技術職員については町長が別に定めることができる。

第13条 この規則に定めるもののほか、職員採用に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和49年4月2日規則第4号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和51年11月1日規則第10号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成3年7月1日規則第12号)

この規則は、平成3年7月1日から施行する。

附 則(平成13年10月15日規則第11号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(令和2年3月31日規則第22号)

この規則は、令和2年4月1日から施行する。

小竹町一般職の職員の採用に関する規則

昭和48年8月1日 規則第2号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第4編 事/第1章 定数・任用
沿革情報
昭和48年8月1日 規則第2号
昭和49年4月2日 規則第4号
昭和51年11月1日 規則第10号
平成3年7月1日 規則第12号
平成13年10月15日 規則第11号
令和2年3月31日 規則第22号