○小竹町職員の勤務成績による特別昇給実施要綱

平成3年6月29日

要綱第2号

(趣旨)

第1条 この要綱は、小竹町一般職の職員(常時勤務を要しない職員を除く。)の勤労意欲の向上と公務能率の向上を図るため、小竹町一般職の給与に関する条例(平成10年小竹町条例第3号。以下「条例」という。)第7条第3項、小竹町一般職に属する単純労務に雇用する職員の給与に関する条例(昭和29年小竹町条例第26号)第5条及び小竹町水道企業職員の給与の種類及び基準に関する条例(昭和43年条例第4号)第3条の規定に基づく勤務成績による特別昇給の実施に関し必要な事項を定めるものとする。

(特別昇給対象職員)

第2条 特別昇給の対象となる職員は、別に定める「勤務実績評定の実施要領」に基づき、勤務成績が優秀であると評価された職員とする。

(適用除外職員)

第3条 次に掲げる職員は、この要綱による特別昇給の対象としない。

(1) 条件付採用期間中の職員及び臨時的任用職員

(2) 休職中の職員及び地方公務員法(昭和25年法律第261号)第55条の2第1項ただし書に規定する許可の有効期間中の職員

(3) 地方公務員の育児休業等に関する法律(平成3年法律第110号)第2条第1項の規定による育児休業の承認を受けている職員

(4) 懲戒処分を受け、当該処分の日から5年を経過しない職員

(5) この要綱に定める昇給の時期以前5年間において、勤務しなかった日(週休日、休日、年次有給休暇、特別休暇、職務に専念する義務の特例に関する条例(昭和45年小竹町条例第3号)の規定により職務を免除された期間及び育児休業した期間の2分の1の期間を除く。)が150日を超える職員。ただし、採用後5年を経過しない職員については、昇給の時期以前4年間において、勤務しなかった日が120日を超える職員

(6) この要綱による特別昇給後10年を経過しない職員

(7) この要綱による特別昇給直後の給料月額又はこれに相当する給料月額を受けている職員

(特別昇給の定数)

第4条 特別昇給の定数は、1の年度(4月1日から翌年の3月31日までをいう。)について職員定数の100分の10以内とする。

(特別昇給の時期)

第5条 特別昇給の時期は、条例第7条第3項に定める定期昇給と同一とする。

(特別昇給の効果)

第6条 特別昇給の効果は、4号給以内とする。

(特別昇給者名簿の保管)

第7条 この要綱に定める特別昇給が行われたときは、各年度別に特別昇給者名簿を作成し、保管するものとする。

附 則

この要綱は、公布の日から施行し、平成3年4月1日から適用する。

附 則(平成4年4月1日要綱第1号)

この要綱は、平成4年4月1日から施行する。

附 則(平成13年3月15日要綱第1号)

この要綱は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成19年12月28日要綱第21号)

この要綱は、平成20年1月1日から施行する。

小竹町職員の勤務成績による特別昇給実施要綱

平成3年6月29日 要綱第2号

(平成20年1月1日施行)

体系情報
第5編 与/第2章 給料・手当等
沿革情報
平成3年6月29日 要綱第2号
平成4年4月1日 要綱第1号
平成13年3月15日 要綱第1号
平成19年12月28日 要綱第21号