○小竹町有車両管理規則

昭和57年10月1日

規則第8号

(趣旨)

第1条 この規則は、本庁等及び出先機関において所管する車両の管理について必要な事項を定めるものとする。

(車両の格納)

第2条 車両は、使用しないときは、所定の場所に格納しなければならない。

(車両管理者)

第3条 各課及び出先機関の長は、所管する車両の管理者(以下「車両管理者」という。)とする。

2 車両管理者は、車両を管理し、その使用、保全、整備及び燃料消費等の状況について常に把握しておかなければならない。

(安全運転管理者)

第4条 車両の安全な運転の業務を行わせるため、道路交通法(昭和35年法律第105号)第74条の3第1項に規定する安全運転管理者を置かなければならない。

(整備管理者)

第5条 車両の保全、整備及び点検等の業務を行わせるため、道路運送車両法(昭和26年法律第185号)第50条第1項に規定する整備管理者を置かなければならない。

(整備計画)

第6条 整備管理者は、車両の整備計画を樹立し、車両管理者に報告しなければならない。

(車両の点検)

第7条 車両の運転をする者(以下「運転者」という。)は、車両を点検し、常に正常に使用できる状態に整備しておかなければならない。

(修理)

第8条 車両の修理は、甲種、乙種、特別修理及び通常修理の4種とし、次の各号に定めるところにより実施する。

(1) 甲種修理は、法定12か月点検を受けるために行う。

(2) 乙種修理は、法定6か月点検を受けるために行う。

(3) 特別修理は、車体検査を受けるために行う。

(4) 通常修理は、臨時の必要により前3号以外の場合に行う。

(車両の修理の承認)

第9条 車両の修理は、事前に車両管理者の承認(以下本条において「修理の承認」という。)を受けて実施しなければならない。ただし、突発の故障等により事前に修理の承認を受けるいとまがないときは、この限りでない。

2 前項ただし書の規定による処置については、事後速やかに承認を受けなければならない。

(使用の原則)

第10条 車両は、公務執行のため必要がある場合において車両管理者の承認を受けて使用するものとする。

(使用時間)

第11条 車両は、勤務時間に限り使用することができる。ただし、車両管理者の承認を受けたときは、この限りでない。

(使用申請)

第12条 公用車を使用しようとする者(その車両の専用目的に使用する場合は除く。)は、使用日の前日までに使用申請伺簿により当該車両管理者に申し込まなければならない。ただし、緊急用務により当日使用の必要を生じたときは、使用当日申し込むことができる。

(使用承認)

第13条 当該車両管理者は、使用要求が適当であり、車両の運行に支障がないときは、承認するものとする。

(使用時間の延長及び行先の変更)

第14条 車両の使用者は、配車承認のあった時間を超え、又は行先を変更して車両を使用してはならない。ただし、やむを得ない事由により時間を超え、又は行先を変更しようとするときは、できるだけ事前に車両管理者に連絡し、その承認を受けなければならない。

(運行)

第15条 運転者は、第13条の規定による運行の指示があったときは、その指示に従い運行し、用務終了後直ちに運転日誌(様式第1号)に所要事項を記入し、車両管理者に報告しなければならない。

(職責)

第16条 運転者は、勤務に当たり上司の指示に従い常に関係係員と連絡を密にし、自己の任務を遂行するとともに、使用者がその使用目的を達成することができるよう協力しなければならない。

(配車計画の確認)

第17条 運転者は、翌日の配車計画を確認の上、退庁しなければならない。

(事故報告)

第18条 運転者は、事故が発生したときは、直ちに自動車事故報告書(様式第2号)を車両管理者に提出しなければならない。

(備付簿冊)

第19条 車両管理者は、次に掲げる簿冊を備え、所要の事項を記載しなければならない。

(1) 車歴簿(様式第3号)

(2) 車両修理簿(様式第4号)

附 則

この規則は、昭和57年10月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

小竹町有車両管理規則

昭和57年10月1日 規則第8号

(昭和57年10月1日施行)