○小竹町公民館図書閲覧規則

昭和30年1月12日

教委規則第1号

第1章 総則

第1条 小竹町公民館の図書を閲覧しようとする者は、この規則の定めるところに従わなければならない。

第2条 閲覧時間は、午前8時30分から午後5時15分までとする。

第3条 閲覧の休止日は、次のとおりとする。

(1) 12月29日から翌年の1月3日まで

(2) 教育委員会が必要と認めたときは、臨時に閲覧の休止日を設け、又は変更することができる。

第4条 次の各号に該当するものは、閲覧を禁止する。

(1) 感染性疾患の者及び風紀をみだす者

(2) その他不適当と認める者

第5条 図書を亡失又は損傷した者は、公民館長(以下「館長」という。)の指示に従い、これを弁償しなければならない。

第6条 図書の閲覧料は、無料とする。

第2章 館内閲覧

第7条 館内閲覧者は、館内閲覧簿に所定の事項を記入して館長から図書を借用し、返納のとき、館長の受領印を受けなければならない。

第8条 同時に閲覧できる図書の冊数は、3冊以内とする。ただし、館長が必要と認めるときは、この限りでない。

第9条 閲覧中は、朗読、談話、その他他人に迷惑を及ぼす行為をしてはならない。

第3章 館外閲覧

第10条 図書を館外に持ち出して閲覧しようとする者は、所定の手続をして借用し、返納のとき、館長の受領印を受けなければならない。

2 前項の場合必要と認めるときは、持出保証を求めることがある。

第11条 館外に持ち出して閲覧できる図書の冊数は、同一人につき3冊以内とする。

第12条 持出期間は、15日以内とする。

第13条 貴重な図書又は辞書及び収集の困難な資料等は、館外に持ち出して閲覧することができない。

第4章 貸出文庫

第14条 貸出文庫は、公民館、学校その他館長が適当と認めた場所にこれを回付して、閲覧の便に供するものとする。

第15条 貸出文庫の回付を受けようとするときは、借用責任者を明らかにして、所定の手続をして館長の許可を受けなければならない。

2 貸出文庫の回付を受けたときは、借用責任者においてこれを管理しなければならない。

3 貸出文庫を返納するときは、館長の受領印を受けなければならない。

第16条 文庫の貸出期間は、20日以内とする。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和61年3月13日教委規則第4号)

この規則は、昭和61年4月1日から施行する。

附 則(平成7年7月12日教委規則第5号)

この規則は、公布の日から施行し、平成7年6月1日から適用する。

附 則(平成13年2月26日教委規則第4号)

この規則は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成17年4月1日教委規則第4号)

この規則は、平成17年4月1日から施行する。

小竹町公民館図書閲覧規則

昭和30年1月12日 教育委員会規則第1号

(平成17年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
昭和30年1月12日 教育委員会規則第1号
昭和61年3月13日 教育委員会規則第4号
平成7年7月12日 教育委員会規則第5号
平成13年2月26日 教育委員会規則第4号
平成17年4月1日 教育委員会規則第4号