○小竹町立体育施設の設置及び管理に関する条例

昭和62年3月30日

条例第5号

(趣旨) 

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第1項の規定に基づき、小竹町立体育施設(以下「体育施設」という。)の設置及び管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 町民の体育の普及振興と文化の向上に資するため、体育施設を設置する。

2 体育施設の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

小竹町町民野球場

小竹町大字勝野1765番地

小竹町町民テニスコート

小竹町大字勝野1757番地1

小竹町児童体育館

小竹町大字勝野1757番地1

小竹町運動公園グラウンド

小竹町大字勝野1757番地1

小竹町七福町民グラウンド

小竹町大字勝野3959番地

小竹町町民体育館

小竹町大字勝野1757番地7

(管理)

第3条 体育施設は、小竹町教育委員会(以下「教育委員会」という。)が管理する。

(使用の許可)

第4条 体育施設及びその付属設備を使用しようとする者は、あらかじめ教育委員会の許可を受けなければならない。許可を受けた事項を変更しようとするときもまた同様とする。

(使用の不許可)

第5条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当する場合は、体育施設の使用を許可しない。

(1) 体育施設の設置目的に反すると認められるとき。ただし、教育委員会が特に認めた場合は、この限りでない。

(2) 公の秩序を乱し、又は善良の風俗を害するおそれがあると認めるとき。

(3) 施設又は設備を破損し、又は滅失するおそれがあるとき。

(4) その他体育施設の管理上支障があると認めるとき。

(使用の制限)

第6条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当する者に対して使用を拒絶し、又は使用中止を命ずることができる。

(1) 感染症の疾患者

(2) 他人に危害を及ぼし、又は迷惑となる行為若しくは物品等を携帯する者

(3) 前2号に掲げるもののほか、管理上支障があると認められる者

(使用の条件)

第7条 教育委員会は、使用を許可するときは、管理上必要と認める条件を付することができる。

(使用許可の取消し)

第8条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当するときは、使用の許可を取消し、又はその使用を停止することができる。

(1) 第4条の規定による使用許可の申請事項に虚偽の記載があるとき。

(2) 第5条各号のいずれかに該当する事由が生じたとき。

(3) この条例又はこの条例に基づく規則等に違反したとき。

(4) 災害その他やむを得ない理由により、町又は教育委員会において緊急の必要が生じたとき。

2 前項の措置によって使用者が損害を受けても町又は教育委員会は、その責めを負わない。ただし、前項第4号の場合は、この限りでない。

(使用料)

第9条 体育施設の使用料は、別表第1に定めるとおりとする。

2 使用許可を受けた者(以下「使用者」という。)は、使用料を使用許可を受ける際に納入しなければならない。ただし、やむを得ない理由があると教育委員会が認めた場合は、この限りでない。

(使用料の減免)

第10条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当する場合は、使用料を減免することができる。

(1) 町又は教育委員会が主催し、又は共催する行事に使用するとき。

(2) 町又は教育委員会が後援する行事に使用するとき。

(3) 前2号に定めるもののほか、教育委員会が特に必要と認めるとき。

(使用料の還付)

第11条 既に納付した使用料は、還付しない。ただし、次の各号のいずれかに該当する場合は、その全部又は一部を還付することができる。

(1) 天災地変その他使用者の責めによらない理由によって使用できなくなったとき。

(2) 災害その他やむを得ない理由により、町又は教育委員会が使用許可を取り消したとき。

(3) 使用者が使用日前3日までに使用許可の取消し又は変更の申出をし、教育委員会が相当の理由があると認めたとき。

(供用期間及び時間)

第12条 体育施設の使用に供する期間及び時間は、別表第2に定めるとおりとする。ただし、教育委員会が必要と認めたときは、変更することができる。

(休館、休場日)

第13条 体育施設の休館、休場日は、次のとおりとする。

(1) 毎月の第3月曜日

(2) 8月13日から8月15日まで

2 前項の規定にかかわらず、教育委員会が必要と認めたときは、臨時に休館、休場日を設け、又は変更することができる。

(目的外使用及び権利譲渡等の禁止)

第14条 使用者は、施設を許可の目的以外に使用し、又はその使用する権利を譲渡し、若しくは転貸することができない。

(特別設備の許可)

第15条 使用者は、使用のため特別の設備をしようとするときは、あらかじめ教育委員会の許可を受けなければならない。

(原状回復の義務)

第16条 使用者は、その使用を終了したとき又は使用を停止され、若しくは使用の許可を取り消されたときは、直ちに原状に回復しなければならない。

(損害賠償)

第17条 使用者は、体育施設の使用中に建物若しくは設備を破損し、又は滅失した場合において、前条の規定に基づく原状回復ができないときは、その損害を賠償しなければならない。

2 使用者の責めに帰すべき事由により人身事故が生じたときは、使用者はこれに係る一切の責めを負わなければならない。

(委任)

第18条 この条例の施行に関し必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、昭和62年4月1日から施行する。

(関係条例の廃止)

2 次に掲げる条例は、廃止する。

(1) 小竹町町民プール設置条例(昭和49年小竹町条例第9号)

(2) 小竹町児童体育館設置条例(昭和57年小竹町条例第13号)

(3) 小竹町テニスコート設置条例(昭和58年小竹町条例第10号)

(4) 小竹町町民野球場設置条例(昭和58年小竹町条例第21号)

附 則(平成4年1月14日条例第2号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成9年3月26日条例第9号)

この条例は、平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成13年3月27日条例第18号)

この条例は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成15年3月25日条例第9号)

(施行期日)

1 この条例は、平成15年4月1日から施行する。

(小竹勤労者体育センター設置条例の廃止)

2 小竹勤労者体育センター設置条例(昭和53年小竹町条例第35号)は、廃止する。

附 則(平成19年12月25日条例第41号)

この条例は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成24年12月14日条例第22号)

この条例は、平成25年2月2日から施行する。

別表第1(第9条関係)

小竹町町民野球場

区分

使用料(1時間当たり)

町内

1,200円

町外

2,400円

小竹町町民テニスコート

区分

使用料(1時間当たり)

コート(1面)

照明(1面)

壁打ちコート

照明

町内

360円

360円

60円

60円

町外

720円

小竹町児童体育館

区分

使用料(1時間当たり)

アリーナ

照明

会議室

卓球台(1台につき)

町内

240円

360円

240円

120円

町外

480円

小竹町運動公園グラウンド 無料

小竹町七福町民グラウンド 無料

小竹町町民体育館

区分

使用料(1時間当たり)

全面

半面

卓球台(1台につき)

ステージ照明

音響設備

アリーナ

照明料

アリーナ

照明料

町内

480円

720円

240円

360円

120円

360円

600円

町外

960円

480円

別表第2(第12条関係)

体育施設の供用期間及び時間

施設名

供用期間

供用時間

小竹町町民野球場

1月5日から12月27日まで

午前9時から午後8時まで

小竹町町民テニスコート

1月5日から12月27日まで

午前9時から午後10時まで

小竹町児童体育館

1月5日から12月27日まで

午前9時から午後10時まで

小竹町運動公園グラウンド

1月5日から12月27日まで

午前9時から日没まで

小竹町七福町民グラウンド

年間

午前6時から日没まで

小竹町町民体育館

1月5日から12月27日まで

午前9時から午後10時まで

小竹町立体育施設の設置及び管理に関する条例

昭和62年3月30日 条例第5号

(平成25年2月2日施行)