○小竹町文化財保護に関する条例施行規則

平成5年4月1日

教委規則第1号

(趣旨)

第1条 この規則は、小竹町文化財保護に関する条例(平成5年小竹町条例第2号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(指定の申請)

第2条 条例第6条第1項の規定に基づく指定を受けようとする者は、次の各号に掲げる事項を記載した書面に関係書類を添えて、小竹町教育委員会(以下「教育委員会」という。)に申請しなければならない。

(1) 名称及び員数

(2) 所在地

(3) 所有者及び管理責任者又は保持者及び保持団体の氏名(保持団体にあっては代表者)又は名称及び住所

(4) 現状

(5) 由来、徴証、伝説、作者、伝来等

(6) その他参考となる事項

(指定書)

第3条 条例第6条第4項の規定による指定書は、小竹町文化財指定書(様式第1号)によるものとする。

2 文化財の所有者及び管理責任者又は保持者及び保持団体は、指定書を滅失し、若しくはき損し、又は亡失等したときは、小竹町文化財指定書再交付申請書(様式第2号)に滅失等の事実を証明するに足りる書類を添えてその再交付を申請することができる。

(管理責任者の選任又は解任届)

第4条 条例第8条第3項の規定による届出は、小竹町文化財管理責任者選任(解任)(様式第3号)によるものとする。

(所有者の変更届出)

第5条 条例第9条第1項の規定による届出は、小竹町文化財所有者変更届(様式第4号)によるものとする。

(所有者等の氏名住所変更届出)

第6条 条例第9条第2項の規定による届出は、小竹町文化財所有者(管理責任者、保持者)の氏名(名称)又は住所変更届(様式第5号)によるものとする。また保持団体が名称、事務所の住所若しくは代表者を変更したときの届出は、小竹町文化財保持団体変更届(様式第5号の2)によるものとする。

(滅失等の届出)

第7条 条例第10条の規定による届出は、小竹町文化財滅失(き損、亡失、盗難)(様式第6号)によるものとする。

(現状変更の届出)

第8条 条例第12条の規定による届出は、小竹町文化財現状変更届(様式第7号)を現状を変更しようとする日の30日前までに提出しなければならない。

(経費の補助申請)

第9条 条例第11条第1項の規定による文化財の経費の補助を申請しようとするときは、次の各号に掲げる事項を記載した申請書を教育委員会に提出しなければならない。

(1) 名称及び員数

(2) 所在地

(3) 指定書の記号番号及び指定年月日

(4) 所有者、管理責任者又は保持者若しくは保持団体の代表者の氏名又は名称及び住所

(5) 現状

(6) 申請の理由

(7) 所要経費の見積書

(8) 管理、修理又は復旧工事の仕様書

(9) 工事着手予定期日及び竣工予定期日

(10) その他参考となる事項

(経費補助による施行等)

第10条 文化財所有者、管理責任者又は保持者若しくは保持団体が条例第11条第1項の規定により、補助金の交付を受けたときは、教育委員会の指示に従って管理等を適切に施行し、前条に定める申請書の記載事項に変更の必要を生じたときは、速やかに施行の経過その他必要な事項を記載した報告書、経費精算書及び竣工後の写真を教育委員会に提出しなければならない。

(台帳)

第11条 教育委員会は、次の各号に掲げる事項を記載した小竹町文化財台帳を備えるものとする。

(1) 名称及び員数

(2) 所在地

(3) 所有者及び管理責任者又は保持者若しくは保持団体の氏名又は名称及び住所

(4) 指定書の記号番号及び指定年月日

(5) 創建又は創始及び沿革

(6) その他参考となる事項

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

小竹町文化財保護に関する条例施行規則

平成5年4月1日 教育委員会規則第1号

(平成5年4月1日施行)