○小竹町敬老祝い金支給条例

昭和33年3月1日

条例第1号

(趣旨)

第1条 この条例は、小竹町に居住する高齢者に対してその長寿を祝福し、かつ、敬老の誠意を表するため、敬老祝い金(以下「祝い金」という。)の支給に関する事項を定めるものとする。

(受給資格者)

第2条 祝い金の受給資格者とは、毎年9月21日現在小竹町に住所を有する満88歳の者及び満100歳以上の者で住民基本台帳に記録されている者をいう。ただし、他の市区町村から小竹町内に住所を移した者は、転入届又は居住地変更登録申請をした日から1年を経過した者に限る。

(祝い金の支給対象者及び額)

第3条 祝い金の支給対象者及び額は、次のとおりとする。

(1) 満88歳の者 10,000円

(2) 満100歳以上の者 30,000円

(支給の方法)

第4条 祝い金は、受給資格者に対し、9月15日以後に支給する。ただし、受給資格者が、祝い金を9月15日から9月20日までの間に受給し、その間に死亡又は転出(以下「死亡等」という。)したときは、9月21日現在において死亡等がなかったものとみなし、既に受給した祝い金の返還は要しない。

2 受給資格者が祝い金を受給しないで死亡した場合においては、その祝い金は、遺族に支給する。

3 前項の遺族の範囲及び受給順位は、同居の親族のうち配偶者、子、孫の順序とする。

(祝い金支給通知書の発行)

第5条 町長は、受給資格者に対して別に定める敬老祝い金支給通知書を発行する。

(受給の辞退)

第6条 祝い金の受給資格者がその受給の辞退を申し出たときは、町長は、これを辞退させることができる。

(譲渡等の禁止)

第7条 祝い金の支給を受ける権利は、これを譲渡し、又は担保に供してはならない。

(返還命令)

第8条 町長は、不当に祝い金の支給を受けた者に対し、既に受給した祝い金の全部若しくは一部の返還を命ずることができる。

(規則への委任)

第9条 この条例に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、昭和33年4月1日から施行し、1月1日から適用する。

附 則(昭和38年4月1日条例第11号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和39年4月1日条例第7号)

この条例は、公布の日から施行し、昭和38年4月1日から適用する。

附 則(昭和43年12月26日条例第28号)

1 この条例は、公布の日から施行し、昭和43年9月15日から適用する。

2 昭和43年12月支給分については、第4条の改正規定にかかわらず第3条第2号にかかる支給額は、1,500円とする。

附 則(昭和46年3月31日条例第12号)

1 この条例は、公布の日から施行する。

2 この条例施行の際の受給資格者については、改正前の第3条及び第4条の規定により支給する2回目の年金は、昭和46年9月に支給する年金額に含まれているものとする。

附 則(昭和48年7月13日条例第16号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和49年4月1日条例第13号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和52年4月1日条例第14号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和54年4月1日条例第14号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成8年3月27日条例第9号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成10年3月26日条例第12号)

(施行期日)

1 この条例は、平成10年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行前に支給されるべき敬老祝い金の額については、なお従前の例による。

附 則(平成15年6月20日条例第20号)

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行前に支給されるべき敬老祝い金の額については、なお従前の例による。

附 則(平成17年3月31日条例第12号)

(施行期日)

1 この条例は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 平成17年度に限り、大正5年9月17日から大正5年9月22日までの間に生まれた者については、支給対象者とする。

3 この条例の施行前に支給されるべき敬老祝い金の額については、なお従前の例による。

附 則(平成24年6月15日条例第19号)

(施行期日)

1 この条例は、平成24年7月9日から施行する。

小竹町敬老祝い金支給条例

昭和33年3月1日 条例第1号

(平成24年7月9日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 高齢者福祉
沿革情報
昭和33年3月1日 条例第1号
昭和38年4月1日 条例第11号
昭和39年4月1日 条例第7号
昭和43年12月26日 条例第28号
昭和46年3月31日 条例第12号
昭和48年7月13日 条例第16号
昭和49年4月1日 条例第13号
昭和52年4月1日 条例第14号
昭和54年4月1日 条例第14号
平成8年3月27日 条例第9号
平成10年3月26日 条例第12号
平成15年6月20日 条例第20号
平成17年3月31日 条例第12号
平成24年6月15日 条例第19号