○小竹町災害見舞金交付規程

昭和43年5月28日

規程第10号

(見舞金の交付)

第1条 小竹町内における火災、風水害、その他特別の非常災害があった場合には、町は、被災害者又は当該救助関係区に対して予算の範囲内でこの規程の定めるところにより災害見舞金(以下「見舞金」という。)を交付する。

(定義)

第2条 この規程において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 非常災害 火災、台風、こう水、地すべり、その他異常な原因により生ずる災害をいう。

(2) 被害 住家にあっては、全焼、半焼、半壊又は床上浸水、事務所、工場及び店舗にあっては、浸水の、非常災害による被害であって、災害救助法(昭和22年法律第118号)の適用を受けないものをいう。

(3) 被災者 被害を受けた小竹町の住民をいう。

(4) 救助関係区 災害救助活動に従事した当該区をいう。

(見舞金の交付基準)

第3条 見舞金は、被災者に対して、別表に定める被害の程度に応じ当該基準額の範囲内でこれを行う。

2 救助関係区に対する見舞金は、町長が別に定めた額を交付するものとする。

附 則(昭和43年5月28日規程第10号)

この規程は、昭和43年6月1日から施行する。

附 則(昭和46年8月13日規程第7号)

この規程は、公布の日から施行し、昭和46年7月15日から適用する。

附 則(昭和49年2月15日規程第1号)

この規程は、公布の日から施行し、昭和49年2月20日から適用する。

附 則(昭和51年11月30日規程第2号)

この規程は、公布の日から施行し、昭和51年9月7日から適用する。

附 則(昭和60年7月9日規程第1号)

この規程は、公布の日から施行し、昭和60年6月25日から適用する。

附 則(平成11年7月5日規程第8号)

この規程は、公布の日から施行し、改正後の小竹町災害見舞金交付規程の規定は、平成11年6月29日から適用する。

附 則(平成16年1月27日規程第1号)

この規程は、公布の日から施行し、改正後の小竹町災害見舞金交付規程の規定は、平成15年7月19日から適用する。

別表(第3条関係)

被害の対象

被害の程度

見舞金の額

住家

全焼又は全壊

1世帯につき 70,000円

半焼又は半壊

1世帯につき 50,000円

床上浸水

1世帯につき 30,000円

事務所、工場及び店舗

浸水(床面から45センチメートル以上のもの)

1事務所等につき 30,000円

被災者

死亡

1人につき 100,000円

小竹町災害見舞金交付規程

昭和43年5月28日 規程第10号

(平成16年1月27日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第1節
沿革情報
昭和43年5月28日 規程第10号
昭和46年8月13日 規程第7号
昭和49年2月15日 規程第1号
昭和51年11月30日 規程第2号
昭和60年7月9日 規程第1号
平成11年7月5日 規程第8号
平成16年1月27日 規程第1号