○小竹町国民健康保険はり、きゅう施術利用規則

昭和44年4月1日

規則第2号

(趣旨)

第1条 この規則は、小竹町国民健康保険条例(昭和34年小竹町条例第2号)第7条の規定により小竹町が行う国民健康保険の保健事業のうち、はり、きゅう施設の利用について必要な事項を定めるものとする。

(施設の利用)

第2条 前条の施設の利用とは、被保険者が健康の保持増進のため町長が指定した、はり及びきゅう師(以下「施設の担当者」という。)からあん摩、マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律(昭和22年法律第217号)に基づく、はり、きゅうの施術を受けることをいう。

(施術担当者の責務)

第3条 施術担当者は、施術に当たっては懇切丁寧を旨とし、施術上、必要な事項は、理解しやすいよう指導しなければならない。

(施術の範囲及び施術料金)

第4条 はり、きゅうに関する施術の範囲は、はり術、きゅう術とし末稍神経疾患及び運動器疾患に限る。ただし、療養費の支給の対象となるものを除く。

2 前項の料金は、次のとおりとする。

(1) 初検料 100円

(2) 1術 200円

(3) 2術 250円

(受給手続及び制限)

第5条 被保険者が、はり、きゅうの施術を受けようとするときは町長から、はり、きゅう受診券(様式第1号)の交付を受け施術担当者に提示しなければならない。

2 施術担当者は、前項の受診券により施術を受ける資格があると認めた後施術を行うものとする。

3 はり、きゅうの施術は被保険者1人1日1回とし、年30回を超えることができない。

(一部負担金)

第6条 被保険者が、はり、きゅうの施術を受けたときは、第4条第2項の施術料から、初検料の全額、1術については140円、2術については175円、施術料を施術担当者に支払わなければならない。

第7条 施術担当者の指定は、次の各号に掲げる要件を備える者のうちから町長が指定する。

(1) はり師又はきゅう師の免許を有する者

(2) 町内に施術所を有する者

2 前項の指定を受けようとする者は、はり、きゅう施術担当者指定申請書(様式第2号)を町長に提出しなければならない。

3 町長は、前項の申請書を受理したときは、その内容を審査し、適当と認めるときは施術担当者として指定する。

4 町長は、施術担当者として指定したときは、はり、きゅう施術担当者指定書(様式第3号。以下「指定書」という。)を交付する。

5 施術担当者は、第2項に規定する申請書に記載した事項に変更があったときは、速やかにその旨を町長に届け出なければならない。

(施術担当者の表示)

第8条 施術担当者は、施術所の見易い箇所に、施術担当者である旨を表示しなければならない。

(施術録)

第9条 施術担当者は、被保険者に施術を行ったときは、その内容を明らかにするため、はり、きゅう施術録(様式第4号。以下「施術録」という。)を備え、施術の都度、必要な事項を記入しなければならない。

2 町長は、必要に応じ前項の施術録を検査し、又は説明を求め若しくは報告書を提出させることができる。

3 施術録は、完結の日から3年間保存しなければならない。

(施術補助金の請求及び支払)

第10条 施術担当者は、はり、きゅう施術補助金請求書(様式第5号)及びはり、きゅう施術明細書(様式第6号)に受診券を貼りつけ、翌月10日までに町長に提出しなければならない。

2 町長は、前項の補助金の請求を受けたときは、審査後翌月25日までに、1術については60円、2術については75円の補助金を支払うものとする。

(施術担当者の指定辞退)

第11条 施術担当者が指定を辞退しようとするときは、1か月前にその旨を町長に届け出なければならない。

2 町長が前項の届出を受理したときは、施術担当者は指定書を直ちに返納しなければならない。

(施術担当者の指定の取消)

第12条 町長は、施術担当者が次の各号のいずれかに該当する場合は、施術担当者の指定を取り消すことができる。

(1) 第7条第1項各号に掲げる要件を欠くに至ったとき。

(2) この規則の規定に違反したとき。

(3) その他町長が施術担当者として不適当と認めたとき。

2 前項の規定により施術担当者の指定を取り消された者は、直ちに指定書を町長に返納しなければならない。

(はり、きゅう師との協定)

第13条 この規則の施行に関し必要な事項について、町とはり、きゅう師と別に協定することができる。

附 則

この規則は、昭和44年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

小竹町国民健康保険はり、きゅう施術利用規則

昭和44年4月1日 規則第2号

(昭和44年4月1日施行)