○小竹町若年者専修学校等技能習得資金の返還債務の免除に関する条例施行規則

平成14年6月19日

規則第8号

(返還債務の免除の申請等)

第2条 条例第2条の規定により、技能習得資金の返還債務の免除を受けようとする者は、技能習得資金返還債務免除申請書に免除を受けようとする理由を証明することのできる書類を添えて、町長に提出しなければならない。

2 町長は、前項の申請書を受理した場合は、その内容を審査し、免除を適当と認めたときは技能習得資金返還債務免除決定通知書により、免除を不適当と認めたときは技能習得資金返還債務免除不承認決定通知書により申請者に通知するものとする。

(委任)

第3条 この規則の施行に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行し、平成14年4月1日から適用する。

小竹町若年者専修学校等技能習得資金の返還債務の免除に関する条例施行規則

平成14年6月19日 規則第8号

(平成14年6月19日施行)

体系情報
第7編 育/第2章 学校教育/第3節 その他
沿革情報
平成14年6月19日 規則第8号