○町長の権限に属する事務を小竹町教育委員会の事務を補助する職員に補助執行させることに関する規則

平成21年3月25日

規則第5号

(趣旨)

第1条 この規則は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第180条の2の規定に基づき、町長の権限に属する事務を小竹町教育委員会(以下「教育委員会」という。)の事務を補助する職員及び教育委員会の管理に属する教育機関の職員(以下「補助職員等」という。)に補助執行させることについて必要な事項を定めるものとする。

(事務の補助執行)

第2条 町長は、次に掲げる町長の権限に属する事務(以下「事務」という。)を補助職員等に補助執行させる。

(1) 予算見積書の作成に関すること。

(2) 支出負担行為に関すること。

(3) 支出命令に関すること。

(4) 予算の科目更正、振替及び戻入に関すること。

(5) 契約に関すること。

(6) 物品の取得、管理、交換又は処分に関すること。

(7) 教育財産の取得、交換又は処分に関すること。

(8) 補助執行事務に係る補助金、委託金等の他の機関に対する申請等に関すること。

(9) 税外収入に関すること。

(10) 歳入歳出外現金の徴収、還付及び充当に関すること。

(11) 教育関係団体に対する補助金の交付に関すること。

(12) 教育、学術及び文化の振興に関する総合的な施策の大綱に関すること。

(13) 総合教育会議に関すること。

2 前項第1号から第11号までに定める事務は、教育委員会が所掌する事務に限るものとする。

(事務処理)

第3条 前条の事務を補助執行するに当たっては、町長の補助機関の例により処理しなければならない。

(補助執行事務の決裁)

第4条 教育長、小竹町教育委員会事務局組織規則(昭和52年小竹町教育委員会規則第2号)第4条第2項に規定する課長及び校長が第2条の事務を補助執行する場合は、小竹町事務決裁規程(昭和56年小竹町規程第2号)の規定に基づき、決裁するものとする。

(委任)

第5条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、町長と教育委員会が協議して定める。

附 則

この規則は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月30日規則第9号)

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

町長の権限に属する事務を小竹町教育委員会の事務を補助する職員に補助執行させることに関する…

平成21年3月25日 規則第5号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第1節 事務分掌
沿革情報
平成21年3月25日 規則第5号
平成27年3月30日 規則第9号