○小竹町新多定住促進住宅の収納事務に関する規則

平成22年3月31日

規則第18―2号

(趣旨)

第1条 この規則は、小竹町定住促進住宅の設置及び管理に関する条例(平成21年小竹町条例第16号)第5条第3号に規定する家賃及び駐車場使用料並びに同条第4号に規定する敷金(以下「家賃等」という。)の徴収に関する業務について必要な事項を定めるものとする。

(家賃等の収納)

第2条 指定管理者は、家賃等を収納したときは、収納事務受託者取扱印(別表)を押印し、入居者に領収証書を交付しなければならない。

2 指定管理者が収納した家賃等は、遅滞なく会計管理者に払い込まなければならない。ただし、会計管理者の承認を得たときは、この限りではない。

(帳簿)

第3条 指定管理者は、収納委託金出納簿(様式第1号)を備え、受払の状況を明らかにしなければならない。

(収納事務取扱者の届出)

第4条 指定管理者は、指定管理者が雇用する者に収納事務を取り扱わせるときは、家賃等収納事務取扱者届(様式第2号)により町長に届け出なければならない。

(身分証明書)

第5条 町長は、収納事務を取り扱う者(以下「従事者」という。)に対して、収納事務従事者証(様式第3号)を交付するものとする。

2 従事者は、収納事務を行うときは、収納事務従事者証を携帯して、関係者の請求があったときは、これを提示しなければならない。

附 則

この規則は、平成22年4月1日から施行する。

別表(第2条関係)

収納事務受託者取扱印

画像

1 規格

直径24mm

2 品質

特殊ゴム

画像

画像

画像

小竹町新多定住促進住宅の収納事務に関する規則

平成22年3月31日 規則第18号の2

(平成22年4月1日施行)