○小竹町債権管理条例施行規則

平成27年3月30日

規則第5号

(趣旨)

第1条 この規則は、小竹町債権管理条例(平成27年小竹町条例第4号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(徴収職員証)

第2条 条例第3条に規定する徴収職員は、法令で定めるところにより滞納処分に関する質問、検査及び財産の差押えに関する権限を有し、関係者から請求があったときは、徴収職員証(別記様式)を提示しなければならない。

(台帳)

第3条 条例第6条に規定する台帳は、次に規定する事項を記載するものとする。

(1) 町の債権の名称

(2) 債務者の氏名及び住所(債務者が法人その他の団体にあっては、名称、所在地及び代表者の氏名)

(3) 町の債権の金額

(4) 町の債権の履行期限

(5) 前各号に掲げるもののほか、町長が必要と認める事項

(報告)

第4条 条例第13条に規定する報告する事項は、次に掲げるものとする。

(1) 放棄した私債権の名称

(2) 放棄した私債権の件数

(3) 放棄した私債権の金額

(4) 放棄の理由

(5) 前各号に掲げるもののほか、町長が必要と認める事項

(小竹町債権管理委員会)

第5条 町の債権の管理に関し、重要な事項について検討するため、小竹町債権管理委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

第6条 委員会の所掌事務は、次に掲げるとおりとする。

(1) 債権管理の総括に関すること。

(2) 債権管理に係る重要な方針の決定に関すること。

(3) 債権の処理に係る審議に関すること。

(4) 前各号に掲げるもののほか、債権管理に関し、町長が特に必要と認める事項

第7条 委員会の委員は、副町長、会計管理者及び町の債権を管理する課の課長をもって充てる。

2 委員会に会長及び副会長を置く。

3 会長は、副町長をもって充て、副会長は税務住民課長をもって充てる。

4 会長は、委員会を代表し、会務を総理する。

5 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるとき又は会長が欠けたときは、その職務を代理する。

第8条 委員会の会議は、必要に応じ会長が招集し、議長となる。

2 会議は、必要に応じて委員会の委員以外の者の出席を求め、意見を聴くことができる。

第9条 条例第12条の債権放棄又は不納欠損の処理を行う場合は、委員会に諮り、了承を受けた後に所定の手続を行わなければならない。

第10条 会長は、委員会の補助機関として、小竹町債権管理検討チームを設置することができる。

第11条 委員会の庶務は、税務住民課において処理する。

(委任)

第12条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

様式 略

小竹町債権管理条例施行規則

平成27年3月30日 規則第5号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第6編 務/第5章 産/第1節 財産管理
沿革情報
平成27年3月30日 規則第5号