○小竹町行政不服審査会条例

平成28年3月18日

条例第1号

(設置)

第1条 行政不服審査法(平成26年法律第68号。以下「法」という。)第81条第1項の規定に基づき、小竹町行政不服審査会(以下「審査会」という。)を置く。

(所掌事項)

第2条 審査会は、法による審査請求に係る諮問に対する答申、調査審議その他法令又は条例の規定によりその権限に属する事項を処理する。

(組織)

第3条 審査会の委員は、審査会の権限に属する事項に関し公正な判断をすることができ、かつ、行政に関して優れた識見を有する者の内から町長が委嘱する委員5人以内をもって組織する。

(任期)

第4条 委員の任期は、3年とし、再任を妨げない。ただし、補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(会長及び副会長)

第5条 審査会に会長及び副会長を置き、委員の互選によってこれを定める。

2 会長は、会務を総理し、審査会を代表する。

3 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるとき、又は会長が欠けたときは、その職務を代理する。

(会議)

第6条 審査会の会議(以下「会議」という。)は、会長が招集し、会長が議長となる。

2 会議は、委員の半数以上の出席がなければ、開くことができない。

3 会議の議事は、出席委員の過半数をもって決し、可否同数のときは、会長の決するところによる。

(委員の除斥)

第7条 委員は、自己若しくは父母、祖父母、配偶者、子、孫、若しくは兄弟姉妹の一身上に関する事件又はこれらの者の従事する業務に直接の利害関係のある事件については、その議事に参与することができない。

2 前項の規定による委員の除斥は、会長が他の委員の意見を聴いて決定する。

(庶務)

第8条 審査会の庶務は、総務課において処理する。

(委任)

第9条 この条例に定めるもののほか、審査会の運営に関し必要な事項は、会長が審査会に諮って定める。

附 則

この条例は、平成28年4月1日から施行する。

小竹町行政不服審査会条例

平成28年3月18日 条例第1号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第5節 行政手続
沿革情報
平成28年3月18日 条例第1号