○小竹町立病院事業企業職員の任期付職員の給与の種類及び基準に関する条例

令和3年3月17日

条例第3号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方公営企業法(昭和27年法律第292号。以下「法」という。)第38条第4項の規定に基づき、小竹町立病院事業企業職員の任期付職員(以下「任期付職員」という。)の給与の種類及び基準を定めるものとする。

(任期付職員の種類)

第2条 任期付職員の種類は次のとおりとする。

(2) 一般任期付職員 町条例第2条第2項及び第3条の規定により任期を定めて採用された職員

(3) 短時間任期付職員 町条例第4条の規定により任期を定めて採用された職員

(給与の種類)

第3条 任期付職員の給与の種類は、給料及び手当とする。

2 給料は、正規の勤務時間による勤務に対する報酬であって、手当を除いた全額とする。

3 手当の種類は、通勤手当、特殊勤務手当、宿日直手当、管理職員特別勤務手当、単身赴任手当及び期末手当とする。

4 特定任期付職員には前項に加え、特定任期付職員業績手当及び退職手当を支給する。

5 一般任期付職員には第3項に加え、扶養手当、地域手当、住居手当、時間外勤務手当、休日勤務手当、夜間勤務手当、管理職手当、初任給調整手当、業績手当及び退職手当を支給する。

6 短時間任期付職員には第3項に加え、地域手当、時間外勤務手当、休日勤務手当、夜間勤務手当、管理職手当及び業績手当を支給する。

(給料表)

第4条 任期付職員の給料については、職員の職務の種類に応じ、必要な種類の給料表を設けるものとする。

2 給料表の給料額は、職務の級及び当該職務の級ごとの号給を設けて定めるものとする。

3 給料表の種類、給料表に定める職務の級及び号給の数並びに各職務の級における最低の号給の給料額及び号給間の給料額の差額は、法第38条第2項及び第3項の規定の趣旨に従って定めなければならない。

(委任)

第5条 この条例の施行に関し必要な事項は、規程で定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

小竹町立病院事業企業職員の任期付職員の給与の種類及び基準に関する条例

令和3年3月17日 条例第3号

(令和3年3月17日施行)

体系情報
第11編 公営企業/第2章 病院事業
沿革情報
令和3年3月17日 条例第3号