○大崎町立学校給食センターの設置及び管理に関する条例

平成11年3月26日

条例第12号

大崎町立学校給食センターの設置及び管理に関する条例

(設置)

第1条 地方教育行政の組織及び運営に関する法律(昭和31年法律第162号)第30条の規定に基づき,学校給食共同調理場を設置する。

(名称及び所在地)

第2条 前条の学校給食共同調理場の名称及び所在地は,次のとおりとする。

名称 大崎町立学校給食センター(以下「給食センター」という。)

所在地 大崎町神領76番地2

(管理)

第3条 給食センターは,大崎町教育委員会(以下「教育委員会」という。)が管理する。

(業務)

第4条 給食センターは,学校給食法(昭和29年法律第160号)第2条に定める目標を達成するため,次に掲げる業務を行う。

(1) 学校給食の献立作成

(2) 学校給食用物資の購入

(3) 学校給食の調理

(4) 学校給食の配送

(5) その他学校給食の運営に必要な業務

(職員)

第5条 給食センターに,所長その他必要な職員を置く。

(運営委員会)

第6条 給食センターを適正かつ円滑に運営するため,大崎町立学校給食センター運営委員会(以下「運営委員会」という。)を置く。

2 運営委員会は,給食センターの運営に関する重要な事項について審議する。

(委員)

第7条 運営委員会の委員は,次の各号に掲げる者を教育委員会が委嘱する。

(1) 小・中学校校長

(2) 学校給食担当者会の代表

(3) 小・中学校のPTA会長

(4) 学校保健会の代表

(5) 学校医代表

(6) 学校薬剤師代表

(7) 大隅地域振興局保健福祉環境部志布志支所長

(8) 知識経験者

2 委員の任期は,前項各号の当該職にある期間とする。

(会長及び副会長)

第8条 運営委員会に,会長及び副会長1名を置く。

2 会長及び副会長は,委員の互選とする。

3 会長は,会務を総理し,運営委員会を代表する。

4 副会長は,会長を補佐し,会長に事故があるとき,又は会長が欠けたときは,その職務を代理する。

(会議)

第9条 運営委員会の会議(以下「会議」という。)は,会長が招集し,議長となる。

2 会議は,委員の半数以上が出席しなければ,これを開くことができない。

3 会議の議事は,出席委員の過半数をもって決し,可否同数のときは,議長の決するところによる。

(庶務)

第10条 運営委員会の庶務は,給食センターにおいて処理する。

(規則への委任)

第11条 この条例の施行に関し必要な事項は,教育委員会が規則で定める。

附 則

この条例は,平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成20年3月4日条例第6号)

この条例は,平成20年4月1日から施行する。

大崎町立学校給食センターの設置及び管理に関する条例

平成11年3月26日 条例第12号

(平成20年4月1日施行)