○大崎町消防団特設分団設置及び服務規則

平成22年3月19日

規則第13号

大崎町消防団特設分団設置及び服務規則

(設置)

第1条 大崎町消防団特設分団(以下「特設分団」という。)は,大崎町消防団の活動能力を補助する目的をもって設置する。

(団員)

第2条 特設分団の団員(以下「特設分団員」という。)は,大崎町職員定数条例(昭和41年大崎町条例第24号)第2条に規定する職員のうちから町長の許可を得て消防団長が任命する。

第3条 特設分団の勤務は,火災その他の災害出動及び教養訓練に限定するものとする。

(職務に専念する義務の免除)

第4条 特設分団員は,第3条の勤務に服する間,大崎町職員の職務に専念する義務の特例に関する条例(昭和26年大崎町条例第8号)第2条第3号の規定に基づき,職員としての職務に専念する義務を免除されるものとする。ただし,その勤務の終了後は直ちに本務に服さなければならない。

(出動)

第5条 特設分団員の勤務は,大崎町職員の勤務時間,休暇等に関する条例施行規則(平成7年大崎町規則第1号。以下「施行規則」という。)第5条に規定する勤務時間内とする。ただし,団長が特に指示した場合は,この限りでない。

第6条 特設分団員が前条の勤務に服する場合においては,大崎町消防団の設置に関する条例(昭和40年大崎町条例第12号)及び大崎町消防団員等の定員,任免,給与,服務等に関する条例(昭和40年大崎町条例第13号。以下「条例」という。)並びに施行規則を準用する。ただし,条例第12条の報酬については支給しないものとする。

第7条 特設分団員のうち,出動が本務遂行上著しく困難である場合は,町長若しくは副町長又は総務課長に申し出てその許可を受けて出動しないことができる。

第8条 この規則に定めるもののほか,特設分団に関し必要な事項は,町長が別に定める。

附 則

この規則は,平成22年4月1日から施行する。

大崎町消防団特設分団設置及び服務規則

平成22年3月19日 規則第13号

(平成22年4月1日施行)

体系情報
第12類 災/第2章
沿革情報
平成22年3月19日 規則第13号