○苅田町議会議員の研修に関する条例

平成13年3月29日

条例第16号

(目的)

第1条 この条例は,苅田町議会議員(以下「議員」という。)の研修に関し必要な事項を定めることにより,議員の資質の向上と議会活動の活性化を図り,もって町政の健全な発展と住民福祉の増進に寄与することを目的とする。

(研修の種類等)

第2条 研修の種類,対象者及び研修内容は,別表のとおりとする。

(研修の実施計画)

第3条 研修の実施計画は,毎年度当初に議長が議会運営委員会に諮って作成する。

(研修の義務)

第4条 議員は,務めて前条の研修を受講し,又は研修会に参加しなければならない。

(講師等)

第5条 研修の講師等は,必要に応じ議長がその都度委嘱する。

(研修の承認)

第6条 議員が視察研修を希望するときは,議長の承認を得なければならない。

(研修の報告)

第7条 議長は,研修を受講し,又は研修会に参加した議員に対し,特に必要があると認めるときは,その成果を文書で報告させることができる。

2 前条の視察研修については,必ずその成果を議長に文書で報告しなければならない。

3 議長は,前2項の報告書を公表することができる。

(委任)

第8条 この条例の施行に関し必要な事項は,規則で定める。

この条例は,公布の日から施行する。

別表(第2条関係)

研修の種類

対象者

研修の内容

初級研修

新役職者研修

新任役職議員

新任の議長,副議長及び委員長(但し,すでにこれらの役職を経験している者は任意)としての役職に関する知識を習得する研修

新議員研修

新議員

議員として必要な基礎知識を習得する研修

専門研修

委員会所管研修

委員会各委員

委員会所管事項に関する専門的な研修(視察研修を含む)

課題研修

全議員

当面の課題についての専門的な研修

実務研修

全議員

議員として必要な実務に関する専門的な研修

全員研修

全議員

県郡議会議長会が主催する研修会に参加

視察研修

全議員

行政,議会運営などの先進地を視察する研修(国内外)

苅田町議会議員の研修に関する条例

平成13年3月29日 条例第16号

(平成13年3月29日施行)