○苅田町災害弔慰金及び災害見舞金の支給に関する要綱

昭和62年7月6日

告示第14号

(趣旨)

第1条 この告示は,暴風,豪雨,洪水,地震,地すべり,土砂くずれその他の異常な自然現象又は火事による災害(以下「災害」という。)が町内で発生した場合において,町民の死亡又は住家の被害に対し,弔慰し,又は見舞するため災害弔慰金又は災害見舞金を支給することについて必要な事項を定めるものとする。

(災害弔慰金の受給資格)

第2条 災害弔慰金の支給を受けることができる者は,町内に発生した災害により死亡した者(死亡の事実を確認することはできないが,死亡したことが確実であると推定される者を含む。以下同じ。)の遺族とする。

(災害弔慰金の額)

第3条 災害弔慰金の額は,死亡した者1人につき20万円とする。

(災害見舞金の受給資格)

第4条 災害見舞金の支給を受けることができる者は,町内で発生した災害により住家に被害があった場合において当該住家に居住していた世帯の世帯主とする。

(災害見舞金の額)

第5条 災害見舞金の額は,次の表のとおりとする。

区分

見舞金の額(一世帯当たり)

全壊,全焼,流失

100,000円

半壊,半焼

50,000円

床上浸水

30,000円

2 前項の被害の認定は,条例の認定基準の例による。

(適用除外)

第6条 災害弔慰金及び災害見舞金は,次の各号の一に該当する場合は支給しない。

(1) 条例の適用を受けたとき。

(2) 災害に罹災したものが法人又は団体であるとき。

附 則

この告示は,公布の日から施行し,昭和62年6月1日から適用する。

附 則(平成11年10月5日告示第48号)

この告示は,公布の日から施行し,平成11年9月24日から適用する。

苅田町災害弔慰金及び災害見舞金の支給に関する要綱

昭和62年7月6日 告示第14号

(平成11年10月5日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第1節
沿革情報
昭和62年7月6日 告示第14号
平成11年10月5日 告示第48号