○大江町水道企業職員被服等貸与規程

昭和45年4月1日

規程第5号

(目的)

第1条 この規程は、水道事業に従事する職員に対し、被服等の貸与に関する事項を定めることを目的とする。

(被貸与者、貸与品及び貸与期間)

第2条 被服等の被貸与者、貸与品及び貸与期間については、「別表」のとおりとする。

2 町長が必要と認めたときは、前項の規定にかかわらず被服等を貸与し、又は貸与期間を伸縮し、必要がないと認めたときは、貸与品の一部を貸与しないことができる。

3 第1項の貸与期間の計算は月をもってし、貸与の月から起算する。

(貸与品の返納)

第3条 貸与期間が満了したとき、又は貸与期間中に転職、退職若しくは死亡したときは、貸与品を直ちに返納しなければならない。ただし、特別な事由があると認められる場合はこの限りでない。

(新任、転職者に返納品の貸与)

第4条 新任又は転職してきた者には、返納品を貸与することがある。ただし、この場合の貸与期間は前任者の残余期間とする。

(被貸与者の義務)

第5条 被服等の被貸与者は、次の各号に掲げる事項を厳守しなければならない。

(1) 貸与被服は、勤務中特別の場合の外、これを着用しなければならない。

(2) 貸与被服等を他に貸与したり、交換したり又はその他の処分をしてはならない。

(3) 貸与被服等は、常に清潔に留意し、破損の補修等を怠ってはならない。

(弁償)

第6条 貸与品が次の各号の一に該当するときは、その原価に基いて貸与期間に相当する金額を弁償させることができる。

(1) 故意又は過失により貸与品を亡失若しくは毀損したとき。

(2) 第3条の規定に違反して返納しないとき。

(補修、洗濯等の費用負担)

第7条 貸与被服等の補修及び洗濯等の費用は、被貸与者の負担とする。

(検査)

第8条 課長は、年1回以上貸与被服等の検査を行なうものとする。

(被服等貸与簿)

第9条 課長は、被服等貸与簿(別記様式)をそなえ、貸与及び返納等の状況を記録しなければならない。

(予算との関係)

第10条 この規程による被服等の貸与については、すべて予算の範囲内において実施するものとする。

(細部規程)

第11条 この規程の実施に関して必要な事項は、町長の承認をうけて課長が別に定めることができる。

1 この規程は、昭和45年4月1日から施行する。

2 この規程の施行の際現に貸与をうけている被服等については、この規程による貸与をうけたものとみなす。

(平成5年3月17日水管告示第7号)

この規程は、平成5年4月1日から施行する。

別表

被服等貸与者の貸与品、員数、貸与期間の基準

職務内容

貸与品

員数

貸与期間

摘要

量水器検針及び工事等の現場作業に従事する職員

作業服上・下

1

2年


ゴム長靴

1

2年

水中長靴は必要に応じて貸与する。

雨衣

1

3年

ゴム製雨合羽、又はビニール製雨合羽(ビニール製2年)

アノラック

1

3年


地下タビ

1

2年

現場作業に従事する職員のみ

水源地に勤務する職員

作業服上・下

1

2年


ゴム長靴

2

2年

普通長靴及び水中長靴の2足とし、水中長靴は3年とする。

雨衣

1

3年

ゴム製雨合羽、又はビニール製雨合羽(ビニール製2年)

アノラック

1

3年


ズック靴

1

2年


現場監督に従事する職員

作業服上・下

1

2年


ゴム長靴

1

2年


雨衣

1

3年

ゴム製雨合羽又はビニール製雨合羽(ビニール製2年)

アノラック

1

3年


内勤職員

上衣・下衣

1

2年

女子職員の場合ガウン

画像

大江町水道企業職員被服等貸与規程

昭和45年4月1日 規程第5号

(平成5年4月1日施行)