○ひこうきの丘の設置及び管理に関する条例

平成28年3月1日

条例第1号

(目的)

第1条 この条例は、ひこうきの丘を設置し、その管理に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(名称及び位置)

第2条 ひこうきの丘の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称 ひこうきの丘

位置 芝山町岩山2012番地6

(利用時間)

第3条 ひこうきの丘の利用時間は、午前6時から午後11時までとする。

2 町長は、必要があると認めるときは、利用時間を変更することができる。

(行為の制限)

第4条 ひこうきの丘の区域内において、物の販売又は配布、業として行う映画の撮影、興行、広告物の表示(町が表示する場合を除く。)その他これらに類する行為をしようとする者は、町長の許可を受けなければならない。この場合において、物の物販又は配布は、町長が指定した場所で行うものとする。

2 前項の規定による許可を受けた者は、当該許可に係る事項を変更しようとするときは、町長の許可を受けなければならない。

3 前2項の規定による許可には、施設の管理上必要な範囲内で条件を付すことができる。

(許可の取消し)

第5条 町長は、前条第1項又は第2項の規定による許可を受けた者が、次の各号のいずれかに該当するときは、その許可を取り消すことができる。

(1) 前条第3項の規定による許可の条件に違反したとき。

(2) この条例の規定又はこの条例に基づく規則の規定に違反したとき。

(行為の禁止)

第6条 ひこうきの丘の区域内においては、次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 施設を損傷し、又は汚損すること。

(2) 竹木を伐採し、又は植物を採取すること。

(3) 土地の形質を変更すること。

(4) 鳥獣類を捕獲し、又は殺傷すること。

(5) たき火、炊事、花火又は野営をすること。

(6) 指定された場所以外の場所へごみ、その他の汚物を捨て、又は放置すること。

(7) 指定された場所以外の場所へ車両を乗り入れること。

(8) 募金、署名運動、その他これらに類する行為をすること。

(9) ドローン等の小型無人機の使用をすること。

(10) 他人に著しく粗野、その他の行為で迷惑をかけ、又は著しく静穏を害し、若しくは喧騒にわたる行為をすること。

(11) 前各号に掲げるもののほか、公共の保安、衛生又は風紀上障害となるような行為をすること。

(利用の禁止又は制限)

第7条 町長は、ひこうきの丘の損壊、その他の理由によりその利用が危険であると認められる場合、又はひこうきの丘に関する工事のためやむを得ないと認められる場合においては、ひこうきの丘を保全し、又はその利用者の危険を防止するため、区域を定めて、ひこうきの丘の利用を禁止し、又は制限することができる。

(使用料)

第8条 第4条第1項の規定による利用の許可を受けた者は、別表に定める使用料を利用前に納付しなければならない。ただし、町長が特に認めるときは、この限りでない。

(使用料の減免)

第9条 町長は、必要があると認めるときは、前条の使用料を減額し、又は免除することができる。

(使用料の還付)

第10条 既納の使用料は、還付しない。ただし、町長は、特別の理由があると認めるときは、その全部又は一部を還付することができる。

(監督処分)

第11条 町長は、次の各号のいずれかに該当する者に対して、利用の許可を取り消し、その効力を停止し、若しくはその条件を変更し又は行為の禁止、原状回復若しくは公園からの撤去を命ずることができる。

(1) この条例の規定に基づく許可に違反している者

(2) この条例の規定に基づく許可に付した条件に違反している者

(3) 偽りその他不正手段により、この条例の規定に基づく許可を受けた者

2 町長は、次の各号のいずれかに該当する場合においては、許可を受けた者に対し、前項の規定による取消しをし、又は同項に規定する必要な措置を命ずることができる。

(1) ひこうきの丘に関する工事のため、やむを得ない必要が生じた場合

(2) ひこうきの丘の保全又は公衆のひこうきの丘の利用に著しい支障が生じた場合

(3) 前2号に掲げる場合を除くほか、ひこうきの丘の管理上の理由以外の理由に基づく公衆上やむを得ない必要が生じた場合

(原状の回復)

第12条 ひこうきの丘の利用を終了したとき、又は第5条の規定により使用の許可を取り消されたときは、直ちに当該施設等を原状に回復しなければならない。

(損害賠償)

第13条 ひこうきの丘の施設を故意又は過失により損傷又は滅失したときは、その損害を賠償しなければならない。

(委任)

第14条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、平成28年3月18日から施行する。

附 則(平成30年条例第25号)

この条例は、公布の日から施行する。

別表(第8条関係)

区分

単位

金額

行商、露店、その他これらに類する行為

1m21日

82円

業として行う映画等の撮影その他これらに類する行為

1回1時間

800円

備考

1 1m2未満は、1m2とする。

2 1時間未満は、1時間とする。

3 消費税法(昭和63年法律第108号)第6条の規定により非課税とされるものを除くものについての使用料の額は、この表により計算した額に消費税法第29条に規定する税率を乗じて算出した額並びに地方税法(昭和25年法律第226号)第72条の82及び第72条の83の規定により算出した額を加算した額(この額に1円未満の端数があるときは、これを切り捨てた額)とする。

ひこうきの丘の設置及び管理に関する条例

平成28年3月1日 条例第1号

(平成30年6月8日施行)