○白糠町附属機関に関する条例施行規則

昭和53年4月1日

規則第34号

(趣旨)

第1条 この規則は、白糠町附属機関に関する条例(昭和53年条例第2号)の施行について、必要事項を定めるものとする。

(部会)

第2条 部会は、附属機関毎に、必要に応じ会長が附属機関に諮っておくものとし、その名称、構成、所掌事項等は会長が定めるところによる。

(招集)

第3条 附属機関の会議の招集は、少くとも会議を開く3日前までに会議の日時、場所及び目的である事項を委員に通知しなければならない。ただし、緊急を要する場合は、この限りでない。

(会議録)

第4条 会長は、会議記録を調製しなければならない。

(附属機関の処務)

第5条 附属機関の処務は、それぞれ主管する課等において行うものとする。

(委任)

第6条 前3条に定めるもののほか、附属機関の運営について必要な事項は、会長が附属機関に諮ってこれを定める。

この規則は、公布の日から施行する。

白糠町附属機関に関する条例施行規則

昭和53年4月1日 規則第34号

(昭和53年4月1日施行)

体系情報
第3類 行政通則/第1章 組織・処務
沿革情報
昭和53年4月1日 規則第34号