○白糠町青少年宿泊研修施設設置及び管理に関する条例施行規則

平成3年6月28日

教育委員会規則第9号

(趣旨)

第1条 この規則は、白糠町青少年宿泊研修施設設置及び管理に関する条例(平成3年白糠町条例第20号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(職員の服務及び事務処理)

第2条 白糠町青少年宿泊研修施設(以下「宿泊研修施設」という。)の職員の服務及び事務処理は、白糠町教育委員会処務規則(昭和27年白糠町教育委員会規則第4号)を準用する。

2 管理人の職務は、次の各号のとおりとする。

(1) 宿泊研修施設内外の管理保全に関すること。

(2) 火気の取締りに関すること。

(3) 施設内外の監視及び施錠に関すること。

(4) 日誌の記録に関すること。

(5) 使用状況の報告に関すること。

(6) その他白糠町教育委員会(以下「教育委員会」という。)が指示すること。

(開設期間)

第3条 宿泊研修施設の開設期間は、5月1日から10月31日までとする。ただし、教育委員会が特に必要と認めたときは、この限りでない。

(使用申請及び許可)

第4条 条例第5条の規定により宿泊研修施設の使用の許可を受けようとする者は、使用日の5日前までに使用許可申請書(別記様式)を教育委員会に提出して許可を受けなければならない。

(損傷等の届出)

第5条 使用者は、宿泊研修施設又は備付物品等を損傷し、又は滅失したときは、直ちにその旨を職員に届出なければならない。

(使用後の点検)

第6条 使用者は、宿泊研修施設の使用を終了したときは、直ちに原状に復し、更に環境を整備して、職員の点検を受けなければならない。

(委任)

第7条 宿泊研修施設の管理運営について、この規則の定めるもののほか、必要な事項は教育長が定める。

この規則は、平成3年7月1日から施行する。

(平成9年9月18日教委規則第13号)

この規則は、平成9年9月19日から施行する。

(平成15年3月31日教委規則第7号)

この規則は、平成15年4月1日から施行する。

(平成22年1月18日教育委員会規則第2号)

この規則は、平成22年4月1日から施行する。

画像

白糠町青少年宿泊研修施設設置及び管理に関する条例施行規則

平成3年6月28日 教育委員会規則第9号

(平成22年4月1日施行)

体系情報
第7類 育/第3章 社会教育
沿革情報
平成3年6月28日 教育委員会規則第9号
平成9年9月18日 教育委員会規則第13号
平成15年3月31日 教育委員会規則第7号
平成22年1月18日 教育委員会規則第2号