○白糠町保健医療従事者修学資金貸与条例

平成3年3月18日

条例第10号

(目的)

第1条 この条例は、町が行う保健医療業務の重要性にかんがみ、その振興を図る保健医療従事者を確保するため、これらを養成する教育機関の各課程に学ぶ者で、将来町に勤務することを確約した者に対し、修学資金を貸与することを目的とする。

(保健医療従事者養成の教育機関)

第2条 この条例における保健医療従事者養成の教育機関(以下「教育機関」という。)とは、学校教育法(昭和22年法律第26号)に規定する学校のうち、次の各号に掲げる学校をいう。

(1) 保健師助産師看護師法(昭和23年法律第203号)に基づく保健師及び看護師の受験資格が与えられる学校

(2) 理学療法士及び作業療法士法(昭和40年法律第137号)に基づく理学療法士及び作業療法士の受験資格が与えられる学校

(3) 栄養士法(昭和22年法律第245号)に基づく管理栄養士の受験資格が与えられる学校

(4) 歯科衛生士法(昭和23年法律第204号)に基づく歯科衛生士の受験資格が与えられる学校

(修学資金の貸与)

第3条 町長は、医療従事者となるべく資格取得の目的のため教育機関に入学を許可された者又は在学する者であって、将来町に勤務しようとする者の申請により、その者に無利息で修学資金を貸与する旨の契約(以下「契約」という。)を結ぶことができる。

(貸与の額)

第4条 修学資金の貸与額は、次のとおりとする。

(1) 保健師の受験資格が与えられる学校に学ぶ者 月額4万円

(2) 看護師の受験資格が与えられる学校に学ぶ者 月額3万円

(3) 理学療法士又は作業療法士の受験資格が与えられる学校に学ぶ者 月額3万円

(4) 管理栄養士の受験資格が与えられる学校に学ぶ者 月額4万円

(5) 歯科衛生士の受験資格が与えられる学校に学ぶ者 月額2万円

(貸与の方法)

第5条 修学資金は、契約に定められた月から教育機関を卒業する月までの間、教育機関の施設長を経て、毎月貸与するものとする。ただし、特別な事由があるときは、教育機関の施設長と協議の上、修学資金の貸与を受けようとする者に対して直接貸与することができる。

(貸与の特例)

第6条 町長は、教育機関を卒業見込みの者で、かつ、契約により修学資金の貸与を受けなかった者のうち、町職員として1年6月以上勤務しようとする者に対し、月額の12月分に相当する修学資金を貸与することができる。

(保証人)

第7条 修学資金の貸与を受けようとする者は、当該貸与に関する債務につき、2人以上の連帯保証人をたてなければならない。

2 修学資金の貸与を受けようとする者が未成年者であるときは、前項の連帯保証人のうち1人は、その者の法定代理人でなければならない。

(契約の解除並びに貸与の休止及び保留)

第8条 町長は、契約の相手方で在学中の者(以下「修学生」という。)次の各号のいずれかに該当するに至ったときは、その契約を解除するものとする。

(1) 教育機関を退学したとき。

(2) 心身の故障のため修学が困難と認められるとき。

(3) 修学資金の貸与を受けることを辞退したとき。

(4) 死亡したとき。

(5) その他修学資金の貸与の目的を達成する見込みがなくなったと認められるとき。

2 町長は、修学生が休学し、又は出席停止の処分を受けたときは、その処分を受けた日の属する月の翌月分から復学した日の属する月の分まで、修学資金の貸与を行わないものとする。この場合において、これらの月の分として既に貸与された修学資金があるときは、その修学資金は、当該修学生が復学した日の属する月の翌月以後の分として貸与されたものとみなす。

3 町長は、修学生が正当な理由なく第13条に規定する義務を履行しないときは、修学資金の貸与を一部保留することができる。

(返還債務の当然免除)

第9条 修学生が次の各号のいずれかに該当するに至ったときは、返還債務の全部を免除する。

(1) 教育機関を卒業後、直ちに保健医療従事者として町に勤務し、その勤務期間が修学資金の貸与を受けた相当期間に達したとき。

(2) 前号に規定する在職期間中に死亡し、又は公務に起因する心身故障のため免職されたとき。

2 前項第1号に規定する在職期間を計算する場合においては、月数によるものとする。

(返還債務の裁量免除)

第10条 町長は、修学生のうち、第6条の規定により貸与の特例を受けた者が、保健医療従事者として町に勤務し、1年6月以上の期間在職したときは、貸与を受けた修学資金の返還債務に相当する額を免除することができる。

2 町長は、修学生が死亡し、又は別に定める障がいを存する障がい者となり、若しくは長期療養のため、修学資金の返還ができなくなったときは、当該理由の生じた日以後履行期限が到来したときの返還債務の額の全部又は一部を免除することができる。

(返還)

第11条 修学生が次の各号のいずれかに該当する場合には、当該理由の生じた日の属する月の翌月から起算して、貸与を受けた期間(第8条第2項の規定を除く。)に相当する期間(第12条の規定により返還債務の履行が猶予されたときは、この期間と猶予された期間とを合算した期間)内に返還しなければならない。

(1) 第8条第1項の規定により契約が解除されたとき。

(2) 修学生が教育機関を卒業後、直ちに保健医療従事者として町に勤務しなかったとき。

(3) 修学生が町の職員でなくなったとき(第9条第1項第2号及び前条第2項に該当する場合を除く。)

(返還の猶予)

第12条 町長は、次の各号に掲げる場合には、それぞれ当該各号に定める期間、修学資金の返還債務の履行を猶予することができる。

(1) 修学生が保健医療従事者となった後、町職員として在職する期間

(2) 修学生が卒業後引き続き、保健医療従事者としての他の資格取得目的のため、教育機関で修学する期間

(3) 修学生が災害、疾病その他やむを得ない理由により、修学資金を返還することが困難であると認められる理由が継続する期間

(修学生の義務)

第13条 修学生は、教育機関の施設長を経て、毎年学業成績表を町長に提出しなければならない。

2 修学生は、次の各号のいずれかに該当したときは、直ちにその旨を町長に届出なければならない。

(1) 教育機関を休学、復学又は退学したとき。

(2) 修学生の身分、住所その他学業継続上の重要事項に異動が生じたとき。

(3) 保証人に異動事由が生じたとき。

(規則への委任)

第14条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

(施行期日)

1 この条例は、平成3年4月1日から施行する。

(関係条例の廃止)

2 白糠町保健衛生職員養成奨学資金貸与条例(昭和39年白糠町条例第23号)は、廃止する。

(経過措置)

3 この条例施行の際、現に白糠町保健衛生職員養成奨学資金貸与条例の規定に基づき、奨学資金の貸与を受けている者の取り扱いについては、なお従前の例による。

(平成14年2月15日条例第1号)

この条例は、平成14年3月1日から施行する。

(平成14年3月20日条例第11号)

この条例は、公布の日から施行する。

(平成23年3月17日条例第9号)

この条例は、平成23年4月1日から施行する。

白糠町保健医療従事者修学資金貸与条例

平成3年3月18日 条例第10号

(平成23年4月1日施行)